ファン
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
写真加工依頼はこちらへ イラスト依頼はこちらへ ロゴ作成依頼はこちらへ

2017年01月25日

スケール壮大、連載10年モノのアクション漫画の大作

寒い。キーボードを打つ手が冷たくて冷たくて。
最近テレビでみたUSB電源のあったか手袋の購入を考えています。


・・まぁ、それはさておき。
今回はアクションものの大作を紹介したいと思います。

振り返ると第一巻の初版は何と11年前の今日。
(日にちが偶然にも一致していて書いてる自分がビックリしました。)
初めはジャケ買いで手に取った1冊でした。

それが、一発で虜。
それから10年、昨年の2月に完結。
沢山の感動やワクワクを頂きました。


原作/たかしげ宙先生 作画/ DOUBLE-S先生

「死がふたりを分かつまで」 全26巻。



主人公は盲目だけどめっちゃ強い剣の達人・土方護。
その彼の前に突如助けを求めて現れた少女・遠山遥。

彼女は何で、護がめっちゃ強いって分かったのか?
それは、彼女がめっちゃ予知能力の持ち主だから。

そして、彼女はその能力ゆえにいろんな悪いこと考える人達から狙われていたので
護に助けを求めた訳です。
その依頼期間が「死がふたりを分かつまで」。

そんなこんなで物語が始まっていきます。
まぁ、そこがタイトルの所以だと思うのですが、
それって、いきなりプロポーズなん?ってところからの
タイトルからはちょっと想像し難い感じのハード目の
アクション大作になっていきます。

そして、流石10年モノだけあってストーリーも壮大に展開していきます。

世界が舞台になっていったりとスケールが大きいっていう意味ももちろん
あって壮大なんですが、
漫画的にもクロスオーバー企画として「JESUS砂塵航路」「闇のイージス」「暁のイージス」
からのキャラが登場してきます。

しかも企画だからチョイ役で顔出して友情出演でした〜。。
みたいなことは全然無くて、
結構な重要キャラ。

最初から決まってた訳じゃ無くてもこんなに面白く出来ちゃうんだ。
プロだ、作家先生スゲェ、たかしげ先生スゲェと感動したのを、覚えています。

なので、漫画的にもワイドな壮大さも持ち合わせています。

アクションがメインですが、もちろんタイトルの通り
二人の結末も気になるところですね。

ぜひ、ご一読ください。

死がふたりを分かつまで (全巻)




人気ブログランキングへ


そして、アクションものに王道ロックを


Lenny Kravitzで Rock And Roll Is Dead

リフがたまらんです。
切れ味鋭いギターサウンドがまた護の刀の切れ味を彷彿させてくれるはずです。

【メール便送料無料】Lenny Kravitz / Circus (輸入盤CD)(レニー・クラヴィッツ)







古本派の方↓

【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5859385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
記事ランキング
応援ぜひ よろしくお願いします。 ↓↓ 人気ブログランキングへ
タグクラウド
最新コメント
プロフィール