ハゲる前に守る!

ハゲてから育毛しても遅い!
ハゲる前から対策をして、一生フサフサの髪で人生を謳歌しよう。
様々なハゲ予防対策を試して紹介します。
人気記事ランキング
  1. 1. リグロースラボSP2を買ってみた
  2. 2. チャップアップシャンプーがリニューアル!
  3. 3. イクオスEXプラスを実際に試してみたのでレビュー!
  4. 4. no img お勧めの育毛剤ランキング(2019年2月改訂版)
  5. 5. リニューアルされたバイタルウェーブがスゴい!
プロフィール
貫井光太郎さんの画像
貫井光太郎
ハゲ防止に全力を注ぎ続ける40代半ば。次から次へと育毛剤・育毛サプリを購入しては試しています。育毛はもはや趣味の一つ(笑)
検索
最新コメント
リンク集
ファン

アルコールと薄毛の関係

コロナの影響で飲食店はかなり打撃を受けているようです。
私も以前に比べると外でお酒を飲む機会は減りましたが、私は家でも飲むのであまり量は減っていません。
ですが薄毛を気にするなら、アルコールの量は控えた方がいいようです。
ビール大好き.jpg
アルコールは体内で大きく分けて2つの作用があります。
一つ目は中枢神経を麻痺させることです。
痛みを感じにくくなったり、気分が高揚したりするのもこれが原因です。判断力が鈍るのも同じ理由ですね。
適量なら気分が良くなる程度であまり問題ありませんが、飲み過ぎると中枢神経が麻痺することで、心臓や肺などの機能も低下します。
血液や酸素が末端に行き渡らなくなりますので、育毛には良くないですね。

二つ目は肝臓への多大な影響です。
アルコールを分解するのは肝臓ですが、お酒を飲むと肝臓の負担が増大します。
肝臓には血液中の栄養素の調整を行う働きもありますので、これが弱ると当然ながら頭皮に行き渡る栄養にも影響が出ます。

そしてそれらとは別にDHTという脱毛因子を増殖させてしまうという大問題があります。
アルコールは体内でアセトアルデヒドという物質に変換されます。
これは吐き気や二日酔いの原因となる物質です。
そしてDHTを増殖させてしまうという我らの敵のような物質でもあります。

アセトアルデヒドは通常なら、肝臓で酢酸という無害な物質に変換されるのですが、飲み過ぎて肝臓がフル回転状態になると変換が追いつかなくなり、体内にアセトアルデヒドが回り始めます。
つまりお酒が弱い人=アセトアルデヒドが体内に回りやすいということなので、お酒に弱いのになぜか飲み回っている人は、薄毛になる確率が高くなると思われます。

ちなみにこのアセトアルデヒドはタバコの煙にも含まれています。
居酒屋などで飲みながらタバコを吸うのは最悪の環境と言えるでしょう。

お酒の問題点をざっと書いてみましたが、お酒の場合、適量であれば血行もよくなり代謝を高めるし、ストレスも解消されるので、悪いことばかりではありません。
要は飲み過ぎないことが肝心ですね。
ただしお酒が弱い人は少量でも気をつけた方がいいようです。


人気ブログランキング参加中です。


にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村
出来ればクリックしてやってください。よろしくお願いします。
posted by 貫井光太郎 at 2020年08月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10110124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

驚きの価格と成分を両立!
リグロースラボM15


最新記事
サプリとセットで脅威のコスパ
イクオス イクオス
カテゴリーアーカイブ
安心と信頼の永久保証
チャップアップ

タグクラウド

リニューアルで驚異の成分配合!
THE SCALP 5.0C


コスパがよくて継続しやすい! GUNGUN(ぐんぐん)