カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
http://fanblogs.jp/post13/index1_0.rdf

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2009年11月17日
短期記憶から長期記憶への移行
 人間の記憶は、すぐに忘れる短期記憶と、長期間覚えていられる長期記憶の2種類で成り立っています。

  記憶はいったん、脳の中の海馬に保存されて短期記憶となります。

 そして、海馬内で重要な記憶と判定されたと記憶は大脳新皮質に送られて長期記憶になるわけです。

 記憶とは、大脳新皮質の中のこのニューロンどうしの情報伝達のことで、情報伝達がくり返し行われニューロンをつなぐシナプスが太く強くなると、長期記憶になります。

 この長期記憶の状態に短期間に容易に移行できる方法というものがあるそうです。
 NINTENDO DSの「右脳を鍛える」で有名な川村明宏先生の開発した記憶術です。

>> 川村明宏先生の開発した記憶術の詳細はこちらから

上記サイトには任天堂DSの「右脳を鍛える」で有名な川村明宏先生が開発した記憶術の情報があります。
 すでに、70万人以上の普通の人たちがこの記憶術マスターして、簡単に長期記憶ができるようになっています。



参考
記憶力 アップ 右脳
暗記力
音読 暗記法

2009年07月09日
長期記憶の喪失
 長期記憶は永久に忘れない記憶と思われていますが、専門家の研究により、長期記憶でも時間がたてば忘れることが報告されています。

 なぜ長期記憶が失われるかといいますと、ある記憶が他の記憶と干渉を起こすことによって記憶が失われていくからです。 これを干渉説と呼んでいます。
 さすがに、干渉説まで対応して絶対に忘れない記憶術というものは世界中に存在しません。

 しかし、記憶を忘れないようにするために、シナプスをより強く太くすることができれば、ある程度記憶間の干渉も抑えられるのではないでしょうか?

 川村明宏先生のジニアス記憶術は長い年月をかけて研究し開発したものであり、多くの方に実践してもらい記憶力を大幅にアップすることが実証されています。
 このような事実を考えれば、川村先生のジニアス記憶術はもしかする記憶間の干渉にもある程度抵抗力をもった記憶術かもしれません。

>> 川村先生のジニアス記憶術の詳細はこちらへ

 上記サイトは任天堂DSの「右脳を鍛える」で有名な川村明宏先生が開発した記憶術を紹介してます。
 この記憶術は1日数分間のトレーニングを行うだけで身に付き、長期記憶力が10倍以上になります。

参考
原稿 暗記法
記憶力 アップ 右脳
脳 活性化

2009年05月28日
記憶とシナプスの関係
 「暗記」というのは、脳内のシナプスが結びつく事によって行われます。

 このシナプスの結びつきが強いと完全に記憶した状態であり、弱くて切れやすいとよく覚えてない状態だといえます。

 記憶をしっかり定着させるということは、このシナプスの結びつきを壊れにくく強い結びつきにすることを意味します。

 そのための方法は、何度も繰り返して暗記を繰り返すことです。

 ちなみに、暗記を繰り返す作業を行わないと、必ず忘れてしまうそうです。

 記憶の定着という観点で、暗記の繰り返し作業は必ず必要なものなのです。

 実は、川村明宏のジニアス記憶術というものがあり、これは記憶の定着作業も容易に行えるようになっているそうです。

>> 川村明宏先生の記憶術に興味のある方はこちらへ

上記サイトは任天堂DSの「右脳を鍛える」等で有名な川村明宏先生の実績のある記憶術を紹介しています。
 心配しなくとも、70万人の凡人が容易に記憶の定着が行えるようになり記憶力がアップしている実績があります。
 あなたの記憶力アップに役に立つことでしょう。

参考
暗記法 勉強方法
英熟語暗記法
暗記の仕方