2021年08月15日

ブラウザは監視されている

 そんなことを言うとまた刺激的過ぎる表題になっちまうが、ほんとのことだ。

 今はヒートマップなんかでアクセスの動きを分析することさえできる。

 マウスがどこを彷徨うか、クリックされやすい場所はどこか、記事のスクロールスピードと貼られている画像の関係はどうかなどが一目瞭然だったりする。

 ユーザーのカーソルの軌跡を再現することもできる。

 知らないで人のサイトをいたずらしている連中が知ったら震え上がるだろう(笑)。








 端的な話、グーグルは自分の広告枠の中でこれと同じことをやっていて、不正なクリックは検知できていると考えている。

 だから、我々も同じように解析ツールを導入すればどういうアクセスの仕方がされているかは分かる。




 


 ただ、面倒だし重くなるかも知れないし、なんだかまだ抵抗があるから俺はやってない。

 IPを抜くのだって昔は警戒されたものだが、今は攻撃されるのだから仕方がない。

 だがユーザーの行動分析ってどうなんだろうか、そう思ってしまうのは俺が甘いのか。





 で、考えると、こちらが楽しくないならやらなければいい、それが考えた結論だ。

 アクセスを分析して楽しければいい。

 商品紹介棒読みアフィリエイトをやって、それで自分などどこにもないサイトを作って、それで楽しければそれでいいんではないか、それと同じだ。


 もちろん、古いブラウザ、対応していないものではこんな分析は不可能だ。そこに盲点がある。


 俺が古いブラザを使っているのは別に広告を表示させたくないからじゃない。

 俺のネット環境とPCの能力ではあまりに遅いのだ。

 ツールを仕込んで当の俺が読み込みにくいのでは本末転倒というものだ。


 アナリティクスなんて、いちいち次の分析フェーズに切り替えようとすると20秒は待つ。

 とんでもない労力だ。






 
 しかし俺のブラウザはどんどん対応ブラウザから遠ざかって、このところ使えないサイトも増えてきた。

 どうしてもアクセスは分析させろ、それと引き換えに使わせてやる、そんなことを言われている気がする。


 NetlifyでもAWSでもいいが、そういうところにフィルターを置いて、読み込みたいサイトからスクリプトやらツールやらを削除して表示させるツールを提供したらどうだろう。

 プロキシというわけじゃなくて、ページシンプル化のフィルタ、とか。

 もちろん、スキルなんかないので始める気はありません(笑)。

posted by popppp at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 応用編
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10909151

この記事へのトラックバック
今月のブログ更新時間
タグ一覧
GoogleAdsense 検索広告
PR



ファン
ファンブログユーザーの部屋
 【カテゴリ(エンタメ)】
NEW 他の新着記事を見てみよう!


 
最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ