2019年10月07日

Windows10 アップデートにより全てのプリンターが使えなくなったときの対処法

職場のWindows10パソコンの一部で、LAN経由でつながっている全てのプリンターが使えなくなっていました。
アプリから何か印刷しようとすると、社内のすべてのプリンターが表示されず、PDFやXPS出力も表示されていません。
すべての印刷先がない状態です。
[スタート]→[設定](歯車アイコン)→[デバイス]→[プリンターとスキャナー]を開くと、プリンター類は表示されていますが、すべて「未接続」となっています。
職場のすべてのパソコンではなく、他のパソコンはいつものとおりプリンターが使えるので、プリンターやLAN廻りの不具合ではなさそうです。


マイクロソフト コミュニティで情報を探してみると、それらしいものが見つかりました。
 KB4517211適用後「print spooler」が停止する - マイクロソフト コミュニティ
どうやら、Windows10の更新プログラムに原因があるようです。


質問の文中に「KB4517211をアンインストールすれば印刷できるようになる」というのがあったので、更新の履歴を見てみましたが、「KB4517211」が見つかりません。
そこで、質問の回答をもう少し読み進めてみたところ、「KB4524147 を適用後にも同様の現象が発生する」というのがありました。
おそらく、こちらが該当していたのだろうと思います。


私の場合は、「KB4517211」が見つからなかった時点で、後で書く別の方法をとってしまったので「KB4524147」があったかどうか確認できていませんが、一番早い対処法は、原因になっているこの2つの更新のうち、見つかった方をアンインストールすることだと思います。


対処法1:更新プログラムのアンインストール


後で書く対処法1と2は、作業に2〜3時間かかりました。
急ぐ場合は、更新プログラム「KB4517211」または「KB4524147」のアンインストールが最善となります。
その後、時間のあるときに、対処法3をやればいいでしょう。


以下、更新プログラムをアンインストールする手順です。


1)[スタート]をクリックして、左側にある歯車アイコン[設定]を開きます。


2)「更新とセキュリティ」を開きます。


3)「更新の履歴を表示する」を開きます。


4)「更新プログラムをアンインストールする」を開きます。


5)該当する更新プログラムのところで右クリックして、アンインストールします。
SC191007145250.png


アンインストールが完了したら、作業完了。
これで、プリンターが使えるようになっているはずです。


更新履歴に「KB4517211」と「KB4524147」のどちらも見つからない場合は、対処法2または3をやってみるしかないですが、時間に余裕があるなら、Windows10を最新の状態にできる対処法3がおすすめです。


対処法2:復元ポイントを使って不具合発生前の状態を復元


これは、1台目のパソコンで試した方法ですが、思いのほか時間が掛ってしまったことと、今回は最新の更新を適用すれば不具合が解消することが分かったので、Windows10を古い状態に戻すという点を考えると、あまりおすすめではないです。
ただし、Windowsの更新によってプリンターが使えなくなる不具合は過去にも起きていて、不具合を解消した最新の更新がないときには、この方法も選択肢の一つになります。


以下、その手順です。


1)左下の虫眼鏡アイコンをクリックして、検索ボックスに「復元ポイント」と入力します。
上部に「復元ポイントの作成」というのが出てくるので、そこをクリックします。
SC191007152951.png


2)開いたウィンドウの中の[システムの復元]ボタンをクリックします。
SC191007152406.png


3)「システム ファイルと設定の復元」画面が開くので、[次へ]ボタンをクリックします。
SC191007152505.png


4)一覧に最近の復元ポイントが表示されます。
それを選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
SC191007152537.png


5)以降、画面の指示に従って、復元作業を完了します。


これがけっこう時間がかかります。
おおむね2〜3時間かかると思ってください。
復元作業が完了したら、プリンターが使えるようになっているはずです。


対処法3:適用できていないWindows10の更新をすべて適用


最初に書いたマイクロソフト コミュニティの回答を詳しく見ていくと、「プリンタ不具合を修正したアップデートが出ました」という書き込みがありました。
ということは、今回は、Windows10の更新をすべて適用すれば、プリンターが使えるようになるはずです。
実際、プリンターが使えなくなっていたパソコンは、最新の更新が適用されていない状態で、すべての更新を適用したところ、プリンターが使えるようになりました。
ただし、大きな更新が適用されていなかったため、更新には2〜3時間かかりました。
時間に余裕がある場合は、Windows10を最新の状態にできて、プリンターも使えるようになるため、この方法が一番おすすめです。


以下、その手順です。


1)[スタート]をクリックして、左側にある歯車アイコン[設定]を開きます。


2)「更新とセキュリティ」を開きます。


3)「利用可能な更新プログラム」が表示されていたり、「更新の準備ができました」といった表示がある場合は、[ダウンロード]ボタン・[今すぐ再起動]ボタンをクリックして、Windows10を更新します。
SC191007104354.png
「最新の状態です」と表示されている場合でも、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックして、更新が見つかったら、更新してください。
SC191007201756.png


全ての更新が適用できたら、プリンターが使えるようになるはずです。


対処法2のところでも書きましたが、ネット検索してみると、Windowsの更新によってプリンターが使えなくなる不具合は、過去にも起きていることが分かります。
今後も同様の不具合が起きることは考えられますし、プリンターに限らず、Windowsの更新による不具合の対処法は、基本的にこの3つの方法ということになると思います。
対処法1)不具合の原因になっている更新をアンインストール
対処法2)復元ポイントを使って、正常に動作する状態に戻す
対処法3)最新の更新があれば、更新を適用する
の3つです。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年09月26日

タッチキーボードと手書きパネルが無効だとIMEも無効になってしまう

Windows10の2019.9.10アップデートKB4515384を適用したパソコンの一部で、IMEが無効になって日本語入力ができなくなる不具合が発生しているようです。
発生条件はすでに判明していて、Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを「無効」にしていると、IMEも無効になってしまうということ。


対処法としては、2通りの方法があります。
1)Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを「手動」にする。
2)アップデートKB4515384をアンインストールする。


おすすめの対処法は1)の方です。
Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを「無効」にしている人は、おそらく、常時ハードウェアのキーボードを接続しているなどで、この機能を使う必要がなく、たまに意図せず[タッチキーボード]ボタンをタップして起動するタッチキーが邪魔だと感じる、使わないなら「無効」にしたいという考えだと思います。
私も同じ環境なら、「無効」にしたと思います。


ただ、[タッチキーボード]ボタンは、タスクバーを右クリックして、「タッチキーボードボタンを表示」をクリックしてチェックを外すと、表示しないようにできます。
Snap190924222334.png


使わないのにTouch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを有効(手動)にしておくとか、そもそもIMEと関係ないだろうと、ちょっと納得できない気もしますが、この不具合がいつ直るか分からないですし、Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを有効にすることで、パソコンのパフォーマンスに影響がでることも、ほとんどないと思います。


なので、ここは1)の「Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを手動にする」がおすすめです。
方法は、以下のとおりです。


Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを手動にする方法


1)スタートボタンから、「Windows管理ツール」の中の「サービス」を開きます。
SC190926102645.png


2)「Touch Keyboard and Hand...」の項目を探して、ダブルクリックで開きます。
SC190926102410.png


3)[全般]タブの「スタートアップの種類」を「手動」に変更して、下の[OK]ボタンをクリックします。
SC190926102435.png


以上で、設定完了です。
それにしても、日本語入力ができなくなるというのは、ちょっと焦りますよね。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年09月19日

ダウンロードフォルダの表示が日付で分類されているのをやめたいときは

Windows10のエクスプローラーでダウンロードフォルダを表示したとき、いつからだったか「今日」「昨日」「先週」「今月に入って(先週は含めず)」みたいに分類されて表示されるようになっています。
SC190918111904.png


私の使っているパソコンでは、ダウンロードフォルダだけで、他のフォルダは従来どおりの表示のままですが、ユーザーのフォルダの使い方によって、Windows10側で自動的に判定してこのような表示方法にするフォルダを決めている可能性もあるので、人によって違うかもしれません。
この表示形式は、ダウンロードフォルダもそうですが、フォルダによっては分かりやすく便利だなと思います。


ただし、人によっては従来の表示形式の方がいいと思うかもしれません。
そんなときは、簡単に従来の表示形式に戻すことができます。


ダウンロードフォルダの表示を従来の表示形式に戻す方法


エクスプローラーで[ダウンロード]フォルダを表示した状態で、[表示]タブを開きます。
[現在のビュー]グループの[グループ化]をクリックして、[ (なし) ]をクリックすると、従来の表示形式に戻ります。
SC190918111819.png


あとは、同じ[現在のビュー]グループの[並べ替え]をクリックして、お好みで「名前」「更新日時」「種類」などを選んで、表示する順序を選択すればOKです。
SC190918112109.png


その後、やっぱり「グループ化」もいいなと思ったときは、[グループ化]をクリックして[更新日時]をクリックすれば、元の更新日時でグループ化した状態になります。
SC190918112139.png
ここで「更新日時」以外を選べば、「名前」や「種類」でグループ化することもできます。


今回グループ化されていたのはダウンロードフォルダだけかもしれませんが、他の例えばドキュメントフォルダなどでも、同じようにグループ化できるようになっているので、グループ化が便利だと思った人は、他のフォルダでも試してみてください。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年09月06日

Windows10タスクバーのサムネイルが邪魔なときに表示させなくする方法

タスクバーのサムネイルは、複数のアプリを起動しているときに、タスクバーにマウスカーソルを乗せるとそのアプリの画面が小さく表示される機能です。
SC190905153353.png


このサムネイル機能について、あった方がいいのか、ない方がいいのか考えて、ない方がいいのであれば、機能をオフにする方法を書いてみます。


タスクバーのサムネイルの便利なところ


1)サムネイルの右上の[×]でアプリを閉じることができます。
タスクバー上で右クリックから[ウィンドウを閉じる]でも閉じられるので微妙なところですが、若干便利ではあります。


2)サムネイル上にマウスカーソルを移動すると、そのアプリがアクティブになっていない状態でも内容が見れます。
これも、タスクバーでそのアプリをクリックして、アクティブにしてしまえば内容が見れるわけで、やはり微妙なところですが、若干便利です。


3)タスクバーボタンを結合する設定にしている場合に、サムネイルが開いているファイルの数だけ表示されるので、開きたいファイルを表示するのに便利です。
SC190906103246.png
SC190906103508.png
これは確かに便利だと思います。


4)音楽アプリでは、サムネイルに[停止][次の曲へ][前の曲へ]のボタンが付くものがあって、別のアプリで作業中に簡単に操作できます。
パソコンで音楽を聴きながら作業する人は、きっと便利だと思います。


タスクバーのサムネイルが不要だと思う理由


1)何かのアプリで作業中に、マウスカーソルがタスクバーに移動してしまったときに、意図しないでサムネイルが表示されて、作業中のアプリの一部がサムネイルで隠れてしまうことがあります。
これがたまに、うっとおしく感じます。


2)上で書いた「便利なところ」の3)はかなり有効な要素ですが、解像度が高めのワイド画面の場合は、タスクバーが広いので、タスクバーボタンを結合しない設定にした方が便利です。
タスクバーボタンを結合しない設定で使うのであれば、サムネイルの一番便利なところが関係ないことになります。


Winaero Tweakerを使ってサムネイル機能をオフにする


タスクバーのサムネイルの便利なところと、不要だと思うところを天秤にかけると、ノートパソコンなどでタスクバーの広さに余裕がない場合はあった方がいい、解像度の高いワイド画面などタスクバーの広さが十分な場合はない方がいいということになるかと思いますが、結局のところユーザーの好みではあります。


結果としてサムネイルはない方がいい、サムネイルを表示しないようにしたいという場合に、その方法が残念ながら、Windows10の設定に今のところありません。
レジストリを変更することで可能ではあるのですが、レジストリの変更は、レジストリエディタで該当するレジストリを探すのも面倒ですし、変更を間違ってしまった場合の危険性を考えると、できればやりたくないものです。


そんなときは、Windowsのシステムカスタマイズツールを使うと、レジストリの変更を代わりにやってくれるので、簡単で安心です。
カスタマイズツールはいくつかありますが、今回はWinaero Tweakerを使います。
Winaero Tweakerのダウンロード→インストール→日本語化の手順は、↓ これを参考にしてください。
 WindowsのシステムカスタマイズツールWinaero Tweakerのセットアップ手順


1)Winaero Tweakerを使う前に、使用中の他のアプリで保存していないファイルがあったら、必ず先に保存をしておいてください。
アプリは開いたままでも、かまいません。


2)Winaero Tweakerを起動したら、左側のメニューの「デスクトップとタスクバー」の中の「タスクバーサムネイル」をクリックすると、右側に「タスクバーサムネイル」の設定が開きます。
この一番上の「サムネイルを完全に無効にする」の左の□をクリックして、チェックを入れます。
SC190906100038.png


3)画面の下部にメッセージが表示されますので、[エクスプローラ再起動]ボタンをクリックします。
SC190906100119.png
いったんタスクバーの表示が消えて、10秒程度待つと再び表示されます。


Winaero Tweakerを終了して、作業完了です。
タスクバーの開いているアプリにマウスカーソルを乗せて、サムネイルが表示されないことを確認してみてください。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年08月31日

Windows10 画面の明るさを調整する方法があったりなかったりややこしい件

パソコン画面の明るさは、たぶん初期設定で一番明るい状態になっていて、特に支障はないのでそのまま使っていました。
ちょっとした事情から、かなり暗い状態にして使いたいことがあって、明るさを変更しようと思ったのが数か月前のことですが、その時点ではWindows10に明るさを調整する機能がありませんでした。
ネットで探すと、[Windowsの設定]→[システム]→[ディスプレイ]に明るさを調整できるスライドバーがあるはずでしたが、私のデスクトップパソコンには、それがありません。
当然ありそうな機能ですが、他もずいぶん探したけどなかったので、たぶんなかったはずです。
Windows10には夜間モードというちょっと画面を暗めにする機能があるのですが、こちらの明るさも固定で、変更できないようでした。
そのときは結局、画面の明るさを調整できるフリーソフトを探して、画面を暗くすることにしました。


ところが最近になって、別のノートパソコンの通知パネル(画面右下のアイコンをクリックすると開くやつです)を見ると、その一番下に画面の明るさを調整できそうなスライドバーが表示されていました。
つまみをスライドさせてみると、ちゃんと明るさが調整できます。
Snap190831223458.png


最近のWindowsバージョンアップで追加された機能かなと思い、デスクトップパソコンの方で明るさを調整しようと通知パネルを開いてみたら、明るさを調整するスライドバーがありません。
Windowsバージョンの違いかと思って確認すると、どちらも「バージョン:1903、OSビルド:18362.295」で同じ。
となると、デバイスドライバか、パソコン本体の機能の違いで、明るさを調整するスライドバーがあったりなかたりするということでしょうか。
ノートパソコンの方は、気付かなかっただけで、以前からこの明るさ調整機能があった可能性もあります。


デスクトップパソコンの方は、あいかわらず[Windowsの設定]→[システム]→[ディスプレイ]に明るさを調整できる機能はなくて、やはりフリーソフトに頼るしかないかなと考えながら、念のためもう一度設定を探してみると、夜間モードの強さを設定できることがわかりました。
以前はなかった機能だと思います。(たぶん)
ただし、夜間モードは暖色系の色に変えるもので、明るさを調整するのと少し違って、暖色の度合いの強さを調整する機能になります。
暖色を強くすると赤みががった感じで暗くなるので、役目は果たすと思います。


夜間モードの明るさを調整する方法


1)画面右下の[通知]アイコンをクリックして通知パネルを開きます。
夜間モードの上で右クリックして、「設定を開く」をクリックします。
SC190903165522.png


2)ディスプレイの「夜間モードの設定」をクリックして開きます。
SC190903165124.png


3)夜間モードの設定の「強さ」のスライドバーを操作して明るさを調節します。
SC190903165145.png


夜間モードを好みの強さに設定したら、その後は通知パネルで「夜間モード」をクリックするだけで、設定した暗さになります。


Windows10の画面の明るさを調整する方法のまとめ


画面の明るさを調整する方法は、Windows10のバージョンとパソコンによって違っているようです。


まずは、画面右下の[通知]アイコンをクリックして通知パネルを開いて、明るさを調整できるスライドバーがあるか見てみます。
これがあれば一番簡単です。


これがない場合は、[Windowsの設定]→[システム]→[ディスプレイ]に明るさを調整できるスライドバーがないか見てみます。
最近のWindows10のバージョンだと、たぶんこれがないはずですが、一応確認してみてください。


これもない場合は、上の「夜間モードの明るさを調整する方法」で夜間モードを調整して、夜間モードを使ってみてください。


夜間モードじゃなくて、単に明るさを調整するようにしたいという人は、フリーソフトを見つけて利用するのがいいと思います。
私は D-Filter というフリーソフトを使ってみましたが、使い勝手がよかったのでおすすめです。
 OrangeMaker Download
フリーソフトは、「Windows10 明るさ調整 フリーソフト」といった言葉でネット検索すれば、いろいろ見つかると思います。
ただし、インストーラにマルウェアを組み込んでいるダウンロードサイトもあるので、できるだけ窓の杜・ベクター、あるいはそのソフトの開発者のWebサイトからダウンロードするようにしてください。


他に、パソコンによってはキーボードに[Fn]キーがあって、[Fn]+[F7]、[Fn]+[F8]などで明るさを調整できるものもあるようです。
パソコンに[Fn]キーがある場合は、パソコンの説明書かパソコンメーカーのWebサイトで、明るさを調整できないか確認してみてください。


明るさを調整するときの注意点


最初の方で書いた通知パネルのスライドバーや、フリーソフトで明るさを調整するときは、最も暗くした状態で画面が真っ黒になります。
そうすると、パソコンの操作が分からなくなってしまうので、真っ黒にはしないように注意してください。


通知パネルのスライドバーの場合は、真っ黒にしてしまったときに、カーソルがスライドバーにあれば、[→]キーで明るくできますが、他の場所をクリックしてしまったりして、カーソルが別の場所に移動したときは、やはりこれもできなくなります。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年08月25日

Windows10 で絵文字パネルが開かない?

Microsoft ヒントでWindows10の新機能をチェックしていたら、絵文字パネルというのがありました。
「Windowsロゴキーを押しながらピリオド( . )を押すと、絵文字パネルが開きます。」と書いてあります。
Snap190824234333.png


さっそく試してみようとやってみましたが、全然開きません。
IMEが日本語モードになっていなければ、単にピリオド( . )が入力されるだけですし、日本語モードにしてやってみても、普通に予測変換のパネルが開くだけです。
Snap190824235604.png


May 2019 Update を適用していれば、絵文字パネルが開くはずなのですが。


ネットでいろいろ検索しても、絵文字パネルが開かないという情報は見当たりません。
私のパソコンだけ何か不具合が起きていて、それで絵文字パネルが開かないのかも。


いったん、あきらめようかと思ったときに、ふと気付いたのですが、ピリオドってもう一つあるなと。
ピリオドは習慣でテンキーばかり使っていたので、すっかり忘れていましたが、通常のキーボードのカンマ( , )の右にもピリオドがあります。
ひょっとして、こっちじゃないといけないのかと試してみると、正解でした。
Snap190825002536.png


メモ帳などの書式を持たないアプリだと白黒の絵文字になりますが、OneNoteでやってみると、絵文字パネルの表示のままの色の付いた絵文字で入力されます。


上部の(タブ?)の切り替えで、顔文字パネルや
Snap190825002606.png


記号パネルにもなります。
Snap190825002636.png


テンキーじゃない方のピリオドに気付かず、絵文字パネルが開かないと思ってしまうのは、私ぐらいかもしれませんが・・・。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年08月16日

8月14日 Windows Update 後、VB・VBA でエラーが出るらしい

はてなブックマークの人気エントリーに、気になる記事がありました。


 【アプデ/10】 2019年8月14日のWindowsUpdate後、VB関連が死亡。Windows10全バージョンにて : ニッチなPCゲーマーの環境構築


8月14日に配信されたWindowsUpdateを適用すると、VB・VBAプログラムでエラー(invalid procedure call error)が発生する場合があるそうです。
すべてのVB・VBAプログラムでエラーが発生するわけではないと思われますが、リンク先の記事の中に対処法も書いてあるので、該当してしまった人は試してみてください。


Microsoft コミュニティに情報がないか探してみましたが、今のところ、関連する情報はなさそうです。
他にこの件について書いている記事を探してみると、それらしいものが2つ見つかりました。


 Microsoft、2019年8月のすべての月例更新にVisual Basicに関連した既知の不具合が存在する事を認める | ソフトアンテナブログ


 Microsoft warns of Visual Basic, VBA and VBScript 'procedure call' errors after August patches | Computerworld


エラーが出るか試してみた


自分のパソコンでもエラーが出るか試してみたいところです。
残念ながら18日までお盆休み中なので、自宅で試せるのは簡単なVBAしかありませんが、ひょっとしたらエラーが確認できるかもしれません。


VBAを含んでいるExcelファイルを開いてみると、妙なことに、オフにしてあったはずのマクロ無効オプションが有効になっているようです。
今回の Windows Update の影響かもしれません。
Snap190816162413.png


[オプション]ボタンを押して、マクロを有効にします。
Snap190816152204.png


その後、マクロを実行してみましたが、残念ながらエラーは出ませんでした。
あまりにも簡単なマクロだったので、だめだった(いや、助かった)ようです。


8月14日の Windows Update が適用されているかの確認


念のため、該当の Update が適用されているか確認してみます。


[スタート]ボタンまたは[通知]から、Windowsの設定(歯車アイコン)を開き、「更新とセキュリティ」を開きます。
その中の「更新の履歴を表示する」をクリックして見れば、最近のアップデートが確認できます。
Snap190816163342.png
↑ 赤枠で囲ったものが、今回問題となっている Update です。
適用されていました。


ここで、一つ前の「更新とセキュリティ」を開いた画面に戻ってみると、15日の夜23:06の時点でさらに新しい Update があったようです。
Snap190816163420.png


更新に失敗している状態ですが、ひょっとすると今回の不具合を解消する Update がすでに配信されているのかもしれません。
最初のリンク先に書いてある対処法は、該当するUpdate を削除するものですが、不具合が出ている人は、この Update を適用すれば、不具合が解消する可能性があります。
試してみてください。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年08月15日

Windows10[デスクトップの表示]ボタンのプレビュー表示をオフにする

Windows10 で何かのアプリを起動していてデスクトップ画面が隠れているとき、タスクバーの右端にある細長いボタン(ボタンというよりはバーといった形状ですが)をクリックすると、デスクトップ画面が表示されます。
もう一度クリックすると、元のアプリの画面に戻ります。
アプリで作業中に、デスクトップのアイコンを使いたいときなどに、便利な機能です。


この[デスクトップの表示]ボタンは、クリックしないでマウスカーソルを乗せただけで、デスクトップ画面をプレビューする機能も持っています。
ただ、このプレビュー機能は、人によってはまったく使わない機能で、たまたまマウスカーソルがそこに移動してしまったときに、意図せずデスクトップ画面が表示されるので、邪魔な機能だと感じる人もいると思います。


デスクトップのプレビュー機能は、必要なければオフにすることができます。


デスクトップのプレビュー機能をオフにする方法


1)タスクバー上(画面下部の黒い部分)で右クリックして、[タスクバーの設定]を開きます。
Snap190815163954.png


2)「タスクバーの端にある[デスクトップの表示]ボタンにマウス カーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューする」のスイッチをクリックして オフ にします。
Snap190815163222.png


3)右上の[×]をクリックして画面を閉じて、設定完了です。


これでデスクトップのプレビュー機能は働かなくなりますが、[デスクトップの表示]ボタンをクリックしたときのデスクトップ表示機能は、そのままです。


デスクトップのプレビュー機能の意味


デスクトップのプレビュー機能は、使わない人にとっては邪魔でしかないもので、私も「何でそんな機能を付けたんだろう?」と思います。
でも、何の必要もない機能が付けられているというのも、考えにくいです。


少し考えてみたのですが、例えば、デスクトップの背景(壁紙)にカレンダーを表示しておくと、作業中にちょっと日程を確認したりするのに使えそうです。
あるいは、猫ちゃんなどの癒し系の写真を表示しておけば、作業中に癒されたいときに便利です。
子供の写真を表示しておけば、仕事中にチラッと覗いて「頑張るぞー」と思えるかもしれません。


デスクトップ画面を初期設定の「Windowsの窓の写真」のままにしていて、何も活用していないと気が付きませんが、自分好みに変えて活用している人には、デスクトップのプレビュー機能は、当たり前に便利な機能なのかもしれません。


このプレビュー機能は邪魔であればオフにできますが、オンにしておいて有効利用することを考えてみるのも、いいかもしれませんね。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年07月11日

Windows10の2019年7月10日更新で画面が真っ黒になったら

Windows10 で、電源を入れてログインしたあと、画面が真っ黒になる症状が出ました。
ちょうど昨日(7月10日)Windowsの更新があったので、その影響かもしれません。
ただし、症状が現れたのは一部のパソコンだけなので、Windowsの更新は関係ない可能性もあります。


Windows の画面が真っ黒になったときの対処法は、放電かなと考えていましたが、今回は放電でも直りませんでした。
 Windows10 画面が真っ黒になったときは放電を試してみよう


いくつかネットで対処法を探して試してみましたが、今回は「explorer.exe を起動してみる」ことで、直りました。
同じ症状が出ている人は、試してみてください。


以下、その手順です。


explorer.exeを起動する


1)真っ黒の画面で、[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーを同時に押して、画面にメニューが表示されたら、[タクスマネージャー]をクリックして起動します。


2)タクスマネージャー左上の[ファイル]メニューの中の[新しいタスクの実行]をクリックします。
SC190711095020.png


3)[開く:]のところに「explorer.exe」と入力して、[OK]ボタンをクリックします。
SC190711094225.png


これでexplorer.exeが起動するかと思ったのですが、「個人用設定(応答なし)」とメッセージが表示されて、explorer.exeは起動しませんでした。
だめかと思ってそのまま1分くらい考えていたところ、「個人用設定(応答なし)」のメッセージが消えて、真っ黒だったデスクトップ画面が表示されました。


個人用設定の読み込みでもたついて、デスクトップ画面が表示できなかったのが解消されて、直ったということでしょうか。
念のため、そのまま一度シャットダウンして、再度電源を入れなおしてみると、今度は正常に起動して画面真っ黒状態が直っていました。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年05月08日

Windows10 のアップデート KB4495667 で不具合が発生した場合の対処法

5月3日にリリースされた Windows10 Ver.1809 用アップデート KB4495667 は、オプションとして公開されたもので、いつものアップデートのように自動的にインストールされるものではなく、手動(自分でダウンロードしてインストール)で行うものです。
そのためアップデートを適用していない人がほとんどのはずですが、Microsoft が誤って一部ユーザーに自動配信してしまったようで、適用している可能性もあります。
私の職場でもゴールデンウィーク中に出社した一人が、適用してしまっていました。


このアップデートは、Windows・Edge などの不具合の修正の他、新元号 令和 の対応も含まれているので、手動でも適用したいところですが、適用することで一部のソフトウェアで不具合が発生しているようです。
私の職場で適用した1台では、業務用のソフトウェアで画面のレイアウトが崩れるという不具合が発生しました。


発生した不具合の原因が Windows 更新プログラム側にあるのか、ソフトウェア側にあるのかは、今のところ不明ですが、とりあえずの対処法としては、更新プログラムのアンインストールということになります。
特に不具合が発生していなければ、更新プログラムを適用したままでいいですが、ソフトウェア画面のレイアウト崩れなどの致命的な不具合が発生した場合は、以下の手順で更新プログラムをアンインストールしてください。
更新プログラムをアンインストールしておけば、そのうちに自動アップデートされる更新で 令和 の対応や不具合の修正が適用されるはずです。


Excel でもレイアウトが崩れるようです。↓
「MS P ゴシック」「MS UI ゴシック」を使ったExcelシートのレイアウトが狂う問題 - 窓の杜


更新プログラム KB4495667 をアンインストールする手順



  1. スタートメニューまたは Windows 画面右下の[通知]アイコンから、歯車アイコンをクリックして[Windows の設定]を開きます。
    SC20190106100946.png


    SC20190106100908.png



  2. [Windows の設定]の中の[更新とセキュリティ]をクリックして開きます。
    SC20190106101542.png



  3. [更新の履歴を表示する]をクリックします。
    SC190508144141.png



  4. [更新プログラムをアンインストールする]をクリックします。
    SC190508144211.png



  5. 更新プログラムの一覧の中から Microsoft Windows(KB4495667)の更新プログラム を探して、その上で右クリックして、[アンインストール]をクリックします。
    Microsoft Windows(KB4495667)の更新プログラム が見つからない場合は、その更新がインストールされていないので、以降の作業は不要です。
    SC190508144406.png



  6. 再起動するかメッセージが表示された場合は、[今すぐ再起動する]をクリックして再起動して、作業終了です。



私のパソコンは、Windows 画面右下の時刻部分にマウスカーソルを乗せると、和暦で日付が表示されるように設定していますが、このアップデートを適用できないので、まだ 平成31年 のままです。
SC190508150639.png


KB4495667 の更新を適用すると、たぶん表示が 令和 になるのだと思います。
日付を和暦にする方法は、こちら ↓
Windows10 タスクバー右側の時刻にマウスカーソルを乗せると表示される日付を和暦にする方法



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール