2019年02月27日

「推奨サイズより大きい画像を指定してください」の対応は日本の無料ブログでは難しい

Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)を利用すると、ブログの問題点をいろいろと指摘してくれてとても便利なのですが、どう対応したらいいのか分からないことも多いです。
というか、分からないことが、ほとんどかも。

少し前に、こことは別のブログでAMPの新たな問題が検出されたとして、「推奨サイズより大きい画像を指定してください」というメールが届きました。
AMPはAccelerated Mobile Pagesの略で、分かりやすく言うと、スマホなどのモバイル端末で、高速にいい感じで表示させようとする決まり事みたいなものです。

メール文中の[AMPの問題を解決する]ボタンをクリックすると、Search Consoleのページで下の画像のようなレポートが開きます。
何だかひどい状況のようです。

SC20190227101815.png

「推奨サイズより大きい画像を指定してください」の下にある「詳細」の文字をクリックすると、「Google 固有の AMP の問題」というページが開きます。

SC20190227111345.png

推奨サイズの画像を使わないと、ちゃんと表示できないので、ブログのアクセス数が低下するかも、みたいなことが書いてあります。
これは対応しておいた方がよさそうですが、対応するにしても推奨サイズが分からないので、説明の中の「ガイドライン」の文字をクリックしてみます。
すると、「Article オブジェクト」というページが開きました。

そこの「必須プロパティ」の表の「image」に、それらしいことが書いてあります。
該当する部分を少し簡略化すると、↓ こんな感じです。
・ 画像の幅は 1200 ピクセル以上にする必要があります。
・ すべてのページに画像を少なくとも 1 つ含める必要があります。
・ 画像はマークアップされたコンテンツを表している必要があります。
・ .jpg、.png、.gif のいずれかの形式の画像を指定する必要があります。
・ 適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16x9、4x3、1x1 の高解像度画像(800,000 ピクセル以上の画像)を複数指定してください。

最低条件でクリアすると考えると、「1,200×675ピクセルの画像を1つは入れろ」ということになります。
推奨としては、「1,200×675、1,200×900、1,200×1,200の画像をそれぞれ1つ入れろ」となります。

このブログ「パソコンを便利に!!」でもそうですが、画像をまったく入れない記事もありますし、1,200×675ピクセルのような大きな画像を使ったこともありません。
ブログには容量の制限があるので、ファイルサイズを食いそうな大きな画像は、使いたくないからです。

画像ファイルというのは、画像の大きさ=ファイルの大きさではなくて、おおざっぱに言うと、写真だとファイルサイズが大きく、パソコンアプリのキャプチャー画像のようなものは、大してファイルサイズが大きくなりません。
これは、たぶん、よく使われるjpgやpngの画像ファイルが圧縮されたファイルで、同じ色の部分が多いとより小さく圧縮できるからだと思います。

試しに、ネット上で写真を1,200×675ピクセルでキャプチャーして、ファイルのプロパティを見てみると1.34MBになっていました。

SC20190227115627.png

この画像のファイルサイズを小さくする方法もありますが、少し面倒なのと、その分画質が低下するかもしれません。
やはり容量制限のある無料ブログでは、対応しにくいかなと感じます。

1,200×675ピクセル以上の画像を使っていないと必ずダメなのか


今回Search Consoleに指摘されたブログは、特に小さい画像を使っているので、それで指摘してきたということはありそうです。
他のブログでも1,200×675ピクセル以上の画像は使っていませんが、今のところ指摘はされていません。

なので、指摘されたブログは何とか対応するとして、他のブログはこれまでの記事の画像を入れ替えるのも大変ですし、とりあえず指摘されるまでは、そのままにしておこうかと考えています。

ただし、他の人にはあまりおすすめしません。
できれば、これまでの記事の画像は条件に合ったものに差替えるのがいいですし、特にこれからブログを始める人は、この条件を満たして記事を書くことをおすすめします。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2018年04月23日

Blogger のブログで「インデックス カバレッジ」の問題が検出されました

Search Console で Blogger のブログに、「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されましたと、表示されていました。
どう対処していいのか分からなかったので、しばらく放置していたのですが、やはり何とかしないといけないのだろうと思い、問題解消に取り組んでみることにしました。

[Search Console を使用して インデックス カバレッジ 件の問題を修正する]ボタンをクリックしてみます。

SC18422222753.png

[有効(警告あり)]タブをクリックすると、下のステータスに「警告の理由」が表示されるので、その「理由」の部分をクリックしてみます。

SC1842222299.png

「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」と表示されていますが、どういうことか今一つよく分かりません。
[詳細を表示]ボタンをクリックしてみます。

SC18422222943.png

「警告」の対象になっているURLが5つ表示されました。

SC1842222302.png

そのURLをコピーしてブラウザで表示してみると、いずれもブログの「ラベル」ページでした。
Blogger では、記事をカテゴリーで分類する代わりにラベルで分類しているのですが、そのラベルのガジェットで各ラベルをクリックすると表示されるページが、警告の対象になっているということのようです。

「robots.txt によりブロックされている」ということなので、robots.txtを編集して「ラベル」ページをブロックしないように変更すればいいのだろうと考えられます。
他の無料ブログではrobots.txtを変更したことがないので、どう変えたらいいのか見当が付きません。
ネット上によい情報がないか探してみました。
「Blogger robots.txt変更」でGoogle検索してみると、バッチリ解説してくれている記事が見つかりました。

 Bloggerのサイトマップとrobots.txtの設定方法

この記事によると、Bloggerのrobots.txtの初期設定は、ラベルページにクローラーが巡回できないように設定されているのだそうです。
robots.txtをどのように編集すればいいかも書かれているので、そのとおりに編集してみました。

その後、[修正を検証]をクリックして検証をリクエストしておきました。
今のところ検証中ですが、たぶん問題解消となるんじゃないかと思います。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2014年02月11日

Googlebot がサイトにアクセスできないのは放置

Google ウェブマスターツールからメールがきました。

「Googlebot がサイトにアクセスできません」とのこと。

文面を見ると、robots.txt が無いぞと言っているようです。
よくわかりませんが、そのままだと Google の検索で自分のブログが
表示されなくなるような感じを受けます。

ウェブマスターツールを見に行ってみると、↓ こんな感じになっています。

S140124151841.png

・・・が、結論から言うと、無料ブログサービスなどで、robots.txt を
アップロードできないような場合は、放っておいてもよさそうです。

  ヘルプセンター(Robots のエラー)

上は、メールの最後にあったヘルプセンターへのリンクです。
そこの後半部分を見ると・・・

 robots.txt が必要なのは検索エンジンのインデックスに登録したくない
 コンテンツがサイトにある場合のみで、そういうものがなければ、
 robots.txtはいらない。
 robots.txt がないときは、エラーになるけど、サイトのクロールはする。


というようなことが書いてあります。

これは、このブログ「パソコンを便利に!!」で起きているもので、運営
しているファンブログに問い合わせてみたところ、やはりtxtファイルは
アップロードできないとのことでした。
なので、いずれにしても、恐らくどうすることもできません。

というわけで、ウェブマスターツールに表示されているエラーメッセージは
削除しちゃいましょう。

S140211170854.png



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
ブログ内を検索
ファン

最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール