2015年11月14日

パスワード付PDFファイルのパスワードを解除する方法

最初に書いておかなければなりませんが、パスワードが分からないPDFファイルを開く方法ではありません。

たまに仕事で、パスワード付きのPDFファイルを渡されて、そのパスワードを別のメールで送信されることがあります。
外部に漏れてはまずい文書であれば、有効な方法だと思いますが、そのファイルを見るたびに、毎回パスワードを入力するのは面倒な作業です。

自社内から外部にファイルを流出させない自信があれば、パスワードを入力しなくても、ファイルを見れるようにしたいところです。

PDForsell(ピーディーフォルセル)というアプリを使えば、それが簡単にできます。

  ヨモギソフトウェア - PDForsell

動作環境は、Windows7、8、8.1(32bit、64bit)となっていますが、Windows10(32bit)で少し使ってみたところ、今のところ問題は起きていません。

PDForsell は、シェアウェア(200円)ですが、30日間の試用版が用意されていますので、まずは試用版を使ってみるのがいいでしょう。


試用版をインストールする


PDForsell のページ の右上にある「試用版ダウンロード」の「インストーラ形式」をクリックするとダウンロードが始まります。

Snap151114230647.png

ダウンロードしたファイルを実行して、PDForsell をインストールします。

インストール中、ついでに「Yahoo ツールバー」をインストールするかを、選択するオプションがあるので、
不要な人はチェックを外してください。

Snap151114223449.png


PDForsell の最初の起動


PDForsell を起動すると、下のような画面が開きます。

Snap151114223552.png

「試用版の解除コード入力」というのは、200円を支払ったときにもらえるコードのことです。
初回起動時は[試用する]ボタンが有効になっていませんので、一度[閉じる]ボタンを押して閉じます。

PDForsell を再度起動すると、今度はこのような画面になります。

Snap151114224010.png

今度は、残りの試用期間が表示されて、[試用する]ボタンが有効になっていますので、これを押すとPDForsell が起動します。


PDFのパスワードを解除する


1.PDForsell を起動して、パスワードを解除したいPDFファイルを開きます。
  ファイルを開くときに、パスワードの入力を求められますので、パスワードを入力します。

2.メニューの[結合して保存]をクリックします。

3.[セキュリティ]タブの「セキュリティを有効にする」のチェックが入っていない状態で、[保存]ボタンを押します。

Snap151114234223.png

4.これで、元のファイルと同じフォルダに「元のファイル名+_merged.pdf 」で、パスワードが解除されたファイルが作成されます。


その他


上の3.[セキュリティ]タブの「セキュリティを有効にする」にチェックを入れると、パスワードの付いていないPDFファイルに、パスワードを付けることもできます。

他にも、PDFファイルの分割・結合・回転・並び替えなどの便利な機能もあります。

PDFファイルで、このような作業をする人は、持っておきたいアプリですね。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール