2019年03月02日

Android用日本語入力IMEのnicoWnnGのインストール手順

Androidスマートホン用日本語入力IMEを、Playストアからダウンロードして、インストールしたあと、使えるようにするまでの手順です。

1)Playストアで「nicoWnnG IME」を検索して、[インストール]をタップします。

SC20190222142747.png


2)「以下の情報にアクセスします」で、[同意する]をタップします。

3)Playストアを閉じます。

4)メモなど文字を入力できるアプリを起動して、文字が入力できる状態にします。
 文字などを入力する部分をタップして、そこにカーソルが移動すると、キーボードが開きますが、その状態です。
 画像ではパソコンみたいなキーボードですが、フリック入力など他のキーボードでもOKです。

SC20190222142850.png


5)スマホ画面の上部から下へ指をスライドして、「通知」を表示します。

6)「入力方法の選択」を開きます。

SC20190222142920.png


7)下の画像のように、ここではまだnicoWnnGが表示されていません。
 [入力方法の設定]をタップします。

SC20190222142952.png


8)nicoWnnG IMEの右側のボタンがオフになっているので、タップしてオンにします。

SC20190222143026.png


9)「注意」が表示されますので、[OK]をタップします。
 「個人情報も収集するよ」みたいなことが書いてあって怖いですが、これは変換精度を上げるためのデータ収集であって、そこに個人情報が入力されると、それだけ除外はできないということです。
 個人情報を収集して、悪用するということではありません。

SC20190222143058.png


10)画面左下の横向き△をタップすると、4)の文字が入力できる状態に戻ると思います。
 そこで、もう一度5)〜7)をやります。

11)今度は「nicoWnnG IME」が表示されるので、それを選択します。

SC20190222143124.png


※)nicoWnnGを使ってみて、やっぱり元に戻したいときは、上の4)〜7)の手順で元のIMEを選べば、元に戻せます。

 手順は、Android 6.0のスマホでやっています。
 他のスマホでは、メニューなどが少し違うかもしれません。


【2019.03.02追記】
Galaxy Feel2(SC-02L)、Android 8.1.0で試してみると、4)〜8)の手順ができませんでした。
最近のスマホでは同じかもしれません。
4)〜8)の手順ができないスマホでは、以下の方法を試してみてください。

a)歯車アイコン[設定]をタップ。
b)[その他の端末設定]をタップ。(これは機種によっては、ないかも)
c)[一般管理]をタップ。
d)[言語とキーボード]をタップ。
e)[オンスクリーンキーボード]をタップ。
f)[キーボードを管理]をタップ。
g)nicoWnnG IMEの右側のボタンがオフになっているので、タップしてオンに。

我が家のGalaxy Feel2は息子用のもので、かみさんによるセーフティ機能が厳しく掛けられているため、私もなかなか試せません。
たぶん、この手順でできると思いますが、g)のところは試せていません。

また、Galaxy Feel2の場合は、上の4)のところで、キーボードに歯車アイコンがあるので、それをタップすると、手順が省略できてf)g)の手順に進めます。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年02月25日

改行コードの辞書登録を3種類Android用IME日本語入力で試してみた

以前、Instagram(インスタグラム)のコメントなどで改行ができないことの対処法として、改行コードを辞書登録する方法を紹介しました。

 インスタグラムのコメントなどは、改行コードで改行する方法もあります

このとき試した日本語入力IMEはiWnn IMEでしたが、今回は他のIMEで改行コードを辞書登録できるのか、3種類のIMEで試してみました。
ちなみにWindowsでは、改行コードまたは改行コードを含む文字列は、辞書登録できないようになっています。

なお、辞書登録するときに、改行コードを「単語」の部分に貼り付けますが、その方法は、上の「インスタグラムのコメントなどは、改行コードで改行する方法もあります」の記事を参考にしてみてください。


Google 日本語入力で、改行コードの辞書登録を試した結果


Google 日本語入力は無料で使えてユーザー数も多いので、これで辞書登録できればよかったのですが、結果は、改行コードまたは改行コードを含む文字列は、辞書登録できませんでした。
Windowsと同じですね。

「単語」に改行コードを貼り付け、「よみ」に「ん」を入力しています。
下の[OK]をタップすれば辞書登録が完了するはずですが、「単語に使用できない文字が含まれています」というメッセージが表示されて、登録ができませんでした。

SC20190222101703.png


なお、Google日本語入力で辞書登録する方法は、↓ こちらの記事を読んでみてください。

 Android用IMEのGoogle日本語入力で辞書登録する方法


Galaxy日本語入力で、改行コードの辞書登録を試した結果


結果は、Galaxy日本語入力では、改行コードだけを辞書登録することはできませんでした。
ただし、改行コードを通常の文字ではさむと、辞書登録できました。
例えば、「改(改行コード)改」みたいにすればOKです。

Instagramで使うときには、改行の前後に「改」が入ってしまうので、あとで「改」を削除しないといけません。
あとで消す作業がちょっと面倒なので、「改」の代わりに半角スペースではさむと、消さなくてもあまり目立たないかもしれません。

ちなみに、「(改行コード)改」や「改(改行コード)」のように、前後の「改」をどちらかだけにした場合は、辞書登録できませんでした。

なお、辞書登録のやり方は、こちら ↓ を参考にしてみてください。

 Galaxy日本語入力の辞書登録のやり方


nicoWnnG IMEで、改行コードの辞書登録を試した結果


結果は、nicoWnnG IMEでは、改行コードだけで辞書登録できました。
iWnn IMEと同じです。
ただ、文字入力時にキーボードが開くのに、もたつく感じが少し気になりました。
私のスマホは性能が低めなので、最近のスマホであれば、問題ない可能性は大いにありますが。

nicoWnnG IMEのダウンロード・インストール方法と、辞書登録の方法は、以下を参考にしてみてください。

 Android用日本語入力IMEのnicoWnnGのインストール手順

 Android用日本語入力nicoWnnG IMEで辞書登録する方法


その他のIMEを試したいときは


Play ストアで「IME」で検索すると、いろいろなIME見つかりますので、試してみてください。

Playストアで今回試してみたのは、Google 日本語入力とnicoWnnG IMEだけですが、改行コードが辞書登録できたnicoWnnGは、無料で広告もないので一応おすすめです。
ただ、スマホの性能によってはもたつき感があるかもしれないのと、これまで使いなれたIMEとの使い勝手の差が気になるかもしれません。

また、他のIMEで改行コードの辞書登録を試してみた方がおられましたら、結果をコメントいただけると、とてもうれしいです。
特に、ATOKやFSKARENなどの有料のIMEは、気になります。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年02月24日

Android用IMEのGoogle日本語入力で辞書登録する方法

Androidスマートホン用Google日本語入力で、辞書登録(単語登録)をする方法です。

Google日本語入力をインストールしたい場合は、Playストアで検索すると、すぐに見つかります。
インストール手順も分かりやすいと思います。


1)Google 日本語入力をインストールすると、ホーム画面にアイコンができていると思います。
 それをタップして開きます。

SC20190222101445.png


2)メニューの中の「辞書ツール」を開きます。

SC20190222101522.png


3)上部にある「 + 」をタップします。

SC20190222101544.png


4)登録したい言葉の「単語」と「よみ」を入力して、[OK]ボタンをタップします。
 例えば、「すまほ」とキー入力して「Android スマートホン」と変換させたいときは、単語:Android スマートホン、読み:すまほ、とします。

SC20190222101623.png


以上です。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

Android用日本語入力nicoWnnG IMEで辞書登録する方法

Androidスマートホン用日本語入力nicoWnnG IMEで、辞書登録(単語登録)をする方法です。

nicoWnnG IMEのダウンロード・インストール手順は、↓ こちらを参考に。
 Android用日本語入力IMEのnicoWnnGのインストール手順


1)メモ帳など文字を入力できるアプリで、キーボードを表示させます。
 文字を入力しようとしたときに、キーボードが自動的に開きますが、その状態です。
 キーボードが開いたら、左下の[文字]キーをロングタップ(長押し)します。

Snap190224142634.png


2)上段5個、下段5個のボタンが表示されますが、その右下の[設定]ボタンをタップします。

Snap190224142712.png


3)開いたメニューの中の「日本語ユーザー辞書」をタップして開きます。
 「日本語ユーザー辞書」は、かなり下の方にスクロールさせたところにあります。

Snap190224142751.png


4)上段のボタンが並んでいる部分を左側にスライドさせて、[追加]ボタンをタップします。

Snap190224143955.png


5)登録したい言葉の「読み」と「表記」を入力して、[追加]ボタンをタップします。
 例えば、「すまほ」とキー入力して「Android スマートホン」と変換させたいときは、読み:すまほ、表記:Android スマートホン、とします。

Snap190224142922.png


以上です。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年02月21日

Galaxy日本語入力の辞書登録のやり方

私自身は、あいかわらずHuaweiのP8lite(Android6.0)を使い続けているのですが、小学校6年生の息子にスマホを持たせることになったので、最近のスマホの辞書登録(単語登録)のやり方を試してみました。
対象機種は、Galaxy Feel2(SC-02L)で、Androidのバージョンは8.1.0です。
IMEは、Galaxy日本語入力というもののようです。

なかなか、それらしいメニューが見つからなくて、けっこう苦労しました。

結論を簡単に言うと「よく使うフレーズ」というのが辞書登録に該当するので、そこで登録します。
以下、「よく使うフレーズ」に登録する手順です。

1)キーボードの右上にある[歯車アイコン]をタップします。

Snap190219000902.png


2)[スマート入力]をタップします。

Snap190219001030.png


3)「よく使うフレーズ」の右上の[追加]をタップします。

Snap190219001106.png


4)「入力文字」と「変換フレーズ」を入力します。
 例えば、「ぽん」と入力して「ぽん太親父」に変換させる場合は、
入力文字:ぽん
変換フレーズ:ぽん太親父
 となります。
Snap190219001147.png


以上です。
分かってみると簡単で分かりやすいですね。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2019年01月27日

Androidスマホ入力時のキー配列で「Y」と「Z」が逆になってしまったときは

Androidスマートホンで英語キーボード入力を使っているとき、ひょっとしたら「Y」と「Z」が逆になってしまっていたりすることが、あるかもしれません。

こんな感じです。↓

Snap190127221917.png

それはおそらく、QWERTZキーボードを使う設定になっているためです。

これを直すためには、まずは上の画像の[English]ボタンをロングタップしてみてください。
下のような「キーボード変更」メニューが開くはずです。

Snap190127221956.png

おそらく、真ん中の「QWERTZ」を選んだ状態になっていると思います。
「Y」と「Z」の位置がいつもの状態の英語キーボードを選びたいときは、一番上の「QWERTY」を選びます。
日本語入力モードのキーボードにしたいときは、一番下の「iWnn IME」を選びます。

ただし、「Y」と「Z」が逆になって状態では、このメニューに「QWERTY」がないかもしれません。
そのときは、以下の手順で「QWERTY」キーボードを追加します。

1)「設定」を開きます。

Snap190127215548.png


2)「詳細設定」を開きます。

Snap190127215624.png


3)「言語と文字入力」を開きます。

Snap190127213907.png


4)「Gboard」を開きます。

Snap190127213959.png


5)「言語」を開きます。
 (下の画像では「QWERTY」になっていますが、実際には「QWERTZ」になっているはずです)

Snap190127214028.png


6)「英語(米国)」を開きます。
 (ここでも、下の画像では「QWERTY」になっていますが、実際には「QWERTZ」になっているはずです)

Snap190127215658.png


7)何種類かキーボードが表示されると思いますので、その中から「QWERTY」キーボードを探してチェックを入れます。

Snap190127214104.png

ここで、「QWERTZ」キーボードが不要であれば、チェックを外しておけば、この記事の最初に書いたキーボードの変更に、表示されなくなります。

以上で、作業完了です。


ちなみに、「QWERTY」はクウェルティとかクワーティと読むようです。
私は、この配列を考えた人の名前とかからつけられた名称かなと思っていましたが、そうではないようです。
すでにお分かりかと思いますが、「QWERTY」と「QWERTZ」は、それぞれのキーボードの左上のキーを6つ並べたものなんですね。

Snap190127214211.png

Snap190127214144.png

2つを比べてみると、違うのは「Y」と「Z」が逆になっているところだけです。
「QWERTZ」は、中央ヨーロッパ・東ヨーロッパで使われているキー配列で、「Y」よりも「Z」を多用することから、そういう配列になっているそうです。

また、今回Androidのキーボードの種類を見てみると、「PC」というものも用意されていました。
パソコンと同じように、アルファベットの右側にいくつかの記号キーが配置されています。

Snap190127214242.png

慣れているパソコンと同じというのは良さそうですが、スマホの画面では小さすぎて無理かも。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2018年11月28日

Y!メールアプリのメ−ル削除に時間がかかるようになったときは

Yahoo!メールをスマートホンで送受信するのに、AndroidアプリのY!メールを使っています。
このY!メールで不要なメールを削除するときに、処理の時間が長くかかるようになってしまいました。

下の画像のように、削除するメールを左側のチェックボックスにチェックを入れて、下の[削除]をタップするとまとめて削除できます。

Sc20181124104350.png

1ページ分の7件にチェックを入れて[削除]します。
このときに「処理中...」と表示されて2〜3秒待たされますが、通常はそんなに気にならない時間です。

Sc20181124104359.png

この「処理中...」の待ち時間が、このところ20〜30秒程度かかるようになってしまいました。
これは時間かかり過ぎです。
何か問題が起きていると考えられます。

この状態を解消するために、いくつかの方法を試してみました。

一度ログアウトして、ログインし直す


実はこれは一番最後に試してみた方法ですが、おそらくこれが正解だと思います。
一度ログアウトしてログインし直したあとは、[削除]のあとで「処理中...」が表示されることもなく、スムーズに削除できるようになりました。
なので、まずはこれを最初に試してみてください。

手順は以下のとおりです。

1)まずは、再びログインし直すときのために、自分のYahoo! JAPAN IDとログインパスワードを用意しておきます。

2)Yahoo! JAPAN IDでログインした状態だと、「Yahoo! JAPAN ID」のところに自分のIDが表示されているはずです。
 その自分のIDをロングタップ(長押し)すると、「(自分のID)をログアウトしますか?」というメッセージが表示されます。
 そのメッセージの右下の「ログアウト」をタップして、ログアウトします。

Snap181127201351.png

3)ログアウトすると、すぐにログイン画面が表示されます。
 Yahoo! JAPAN IDを入力して、[次へ]ボタンをタップします。
 (このとき、Yahoo! JAPAN IDがすでに入力されている状態になっているかもしれません)

Snap181127210641.png

4)次に、パスワードを入力して、[ログイン]ボタンをタップすれば作業完了です。

Snap181127210500.png

この作業の後、1ページ分7件のメールをチェックして[削除]してみると、以前は出ていた「処理中...」の表示が出なくなり、スムーズに削除できるようになりました。
調子が悪くなる前でも「処理中...」の状態が数秒かかっていたので、そのときよりも状態がよくなったことになります。


Y!メールアプリのキャッシュを消去してみる


上に書いた「ログインし直し」を試す前にやってみた方法の一つが、キャッシュの消去です。
ブラウザアプリではキャッシュファイルが壊れて不具合が発生することがあるので、Y!メールアプリでもキャッシュファイルが原因になっている可能性もありそうです。

結果としては効果なしでしたが、先にキャッシュの消去を試してからログインし直しをやったので、キャッシュの消去も必要だった可能性もあります。
もし、ログインし直しで効果がない場合は、キャッシュの消去も試してみてください。

キャッシュ消去の方法は、以下のとおりです。

1)歯車形の[設定]アイコンをタップします。

SC181128155655.png

2)[アプリ]をタップします。

SC181128155811.png

3)[Y!メール]をタップします。
 (Y!メールは一番下の方にあります)

SC18112815592.png

4)[ストレージ]をタップします。

SC181128155940.png

5)[キャッシュを消去]ボタンをタップします。

SC18112816022.png

6)[キャッシュを消去]ボタンの文字が薄くなって、キャッシュのデータ量が0.00 BになったらOKです。

SC18112816352.png

以上です。

ゴミ箱を削除してみる


これも「ログインし直し」を試す前にやってみた方法です。
ゴミ箱に削除したメールがたくさん溜っているのが、原因ということも考えられます。

こちらも結果としては効果なしでしたが、ゴミ箱の削除を試してからログインし直しをやったので、ゴミ箱の削除も必要だった可能性もあります。
もし、ログインし直し・キャッシュの消去で効果がない場合は、ゴミ箱を削除も試してみてください。

やり方は、以下のとおりです。

1)左上にある設定アイコン([三]の形のアイコン)をタップします。

Snap181124113355.png

2)メールボックスの「ゴミ箱」の右側の[ゴミ箱]アイコンをタップすれば、ゴミ箱の中のメールを全部削除できます。
 ただし、これをやると削除したメールは復活できないので、注意してください。

Sc20181124112744.png

以上です。


Y!メールはYahoo!メールしか使えないのが欠点ですが、メールアプリとしてはとても使いやすい優秀なアプリです。
また、Yahoo!メールは他のメールアプリで受信がうまくいかなくなることがありますが、Y!メールではそういった不調は起きていません。
Yahoo!メールをスマートホンで使うなら、Y!メールがおすすめです。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2018年09月22日

android 日本語が入力できなくなったときの対処法

android のスマホを使っていると、ときどき日本語が入力できなくなることがあります。
不具合とか故障ということではなく、キーボードが英語入力モードになってしまっているのです。

なので、日本語が入力できるモードに戻せばいいのですが、その簡単なやり方が見つけられずにいました。
以前見つけた方法は、そんなに手間はかからないのですが、どうも覚えにくくて、いざ英語入力モードになってしまったときに直そうとすると、いつも思い出せずに自分で書いたブログ記事を探しにいっていました。
たまにしかならないので、どうも覚えられない・・・

以前書いたブログ記事 ↓
 スマホの日本語入力への切替えが絵文字に変わってしまった


今回は、もう少し簡単で覚えやすい方法を見つけたので、それを書いてみます。

1)日本語が入力できなくなった状態のキーボードで、「English」のところをロングタップ(長押し)します。

SC1892210411.png


2)「キーボードの変更」が開くので、「日本語 iWnn IME」に切り替えます。

SC1892210533.png


以上で完了です。
これなら簡単で覚えていられそうです。


ちなみに、日本語が入力できるモードから、英語入力モードに切り替えるのは、キーボードの下の真ん中にある丸に網がかかったようなアイコンをタップすると、切り替えられます。

SC1892210336.png

英語入力モードになってしまっているときは、このアイコンをタップしたわけではなくて、スマホをしばらく放置した状態のあとで使い始めようとしたときに、どういうわけか、そうなってしまっています。
スマホをポケットに入れたときなどに、たまたま画面を触って、そういう操作をしてしまっているのかもしれないですが、原因はどうもよく分かりません。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2018年04月19日

P8liteのバッテリー交換手順の全て(交換用バッテリーの購入からバッテリーの処分まで)

最初に言っておかなければなりませんが、自分でバッテリーを交換すると、メーカーの保証を受けられなくなります。
発売からもう少しで3年になる機種なので、保証期間内ということはないと思いますが、保証期間後の有償修理についても受けられなくなる可能性もあることを、覚悟しておかなければなりません。
交換の途中で失敗して、どこかの部品を破損したりする危険性も高いので、そうなったら新しいものを購入する、あるいは新しいスマホを買った後で、処分するのももったいないので、上手くいったらセカンドマシンとして使ってもいいかなぐらいの気持ちで、参考にしてみてください。

また、交換後に不要となる古いバッテリーは処分方法が難しいです。
調べてみると、自治体ではバッテリーの回収は行っておらず、バッテリーのリサイクルを行っているJBRCでも、「ハードケースに入っていない素電池(機器を取り外したもの等)」は回収対象外となっています。

ただし、回収対象外だろうと思いながらも、JBRCのリサイクル協力店を近所で探して相談してみたところ、交換後のP8liteのバッテリーを引き取ってくれましたので、相談してみることをお勧めします。

以下の説明は、P8lite以外のスマートホンでも参考になるかもしれませんが、防水性能のあるスマートホンの場合は、水が浸入しないように蓋のまわりにパッキンのようなものがありそうなので、蓋の取り外しと交換後の取り付けが難しいんじゃないかと想像します。
P8liteの場合は、その点は大丈夫でした。


 [リサイクル協力店]検索 |小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC

一時的にでも自分で保管する場合は、破裂や火災の原因にならないように、端子部分をビニールテープで巻いて保護して、高温にならない・湿気のない・燃えやすいもののない場所に保管してください。

なかなか扱いが厄介なので、多少お金が掛かっても、メーカーでバッテリー交換してもらうことも、検討してみてもいいかも知れません。

交換用バッテリーと工具を用意する

まずは、交換用バッテリーを購入します。
メーカー純正品と互換他社製品がありますが、品質の悪いものもありますので、できればメーカー純正品を選びたいところです。
ただし、ほとんどが互換品なので、互換品を購入する場合は、購入した人のレビューを読んでできるだけ信頼性の高いものを選ぶようにした方がいいでしょう。

楽天市場で検索(P8lite交換用バッテリー)

Amazonで検索(P8lite交換用バッテリー)

Yahoo!ショッピングで検索(P8lite交換用バッテリー)

また、内部の部品を取り外すためのネジが小さい特殊なものなので、そういった工具を持っていない人は、工具付きのものを選んだ方がいいです。

ちなみに中のネジを外すために必要なドライバーは、+の小さいものと、★型の小さいもの(No.17-D)の2種類です。
私が購入した交換用バッテリーは、下の画像のような工具付きのもので、+の小さいドライバーは付いていましたが、★型のドライバーは付いていませんでした。
SC18415111711.png

たまたま昔買った携帯電話用の特殊工具セットがあって、その中に★型のドライバーが入っていたので大丈夫だったのですが、★型のドライバーがないとネジが外せません。
2種類のドライバーが付いているものを選べば、たぶん大丈夫だと思います。

裏ぶたを外す


1)蓋を外す前に、スマートホンの電源をオフにします。

2)P8liteの説明書を見ながら、SIMを取り外します。
 (MicroSDを入れている場合はそれも取り外します)

3)裏蓋を外します。

 P8liteの縁(厚みの部分)は、中央の5mm程度が銀色になっていて、画面側と裏蓋側がそれぞれ1.5mm程度が黒色です。
その銀色部分と裏蓋側の黒色部分との間に、薄いプラスチック板のようなものを差し込みます。
その部分は一見隙間がないように見えますが、少し指の爪で裏蓋側を銀色部分から浮かせるようにすると、プラスチック板が差し込めると思います。
ちょっと最初、これが難しいです。

SC18415115525.png

プラスチック板が少し差し込めたら、プラスチック板をひねるようにして、少しずつこじ開けていきます。
裏蓋は周囲に簡単な爪のような突起が計20か所(上下に各4か所、左右に各6か所)付いていて、それで銀色の縁部分に固定されています。
差し込んだプラスチック板を、差し込んだまま移動させながらひねっていくと、一つずつ裏蓋の爪がパチッパチッと外れていきます。
裏蓋は薄くペラペラで、柔らかめのプラスチックなのでなかなか割れないとは思いますが、傷付けないように力を加減しながら、差し込んだプラスチック板をひねっていく感じです。
裏蓋の爪が2,3か所外れるとコツがつかめて、あとは割と簡単に次々と外れていきます。

裏蓋周囲の爪が外れていくと、裏蓋の真ん中あたりが両面テープで接着されているのが分かります。
あまり接着力の強くないテープなので、少しずつ物差しのようなものを差し込んで、テープをはがすように持ち上げていきます。

SC18415225531.png
赤丸が裏蓋周囲の爪。緑の四角が裏蓋を接着している両面テープ。


古いバッテリーを外すのに邪魔になる部品を外す


下の画像の6か所のネジを外します。
赤い丸が+のネジ、緑の丸が★のネジです。
SC18416231234.png
右上の★ネジは、ネジの頭に白い塗装が塗ってあるので、ドライバーでその塗装を押し込んでネジを回します。
故障などでメーカーに修理に出した場合は、この塗装の破損が自分で内部をいじった証拠になり、保証対象外になるということになります。
今回のバッテリー交換はそれを承知の上で行うので、気にしません。
もし、保証対象外になるのは嫌だという場合は、ここでネジを外さないで、裏蓋を元に戻した方がいいです。

ネジを外したら、その部品を慎重に外します。
外したネジは小さいので、小皿などに入れてなくさないように。

次に、下の画像の赤い丸部分の+ネジを外します。
外したネジは、先ほどのネジと間違えないように、別の小皿に入れておきます。
SC18416231330.png

ネジを外したら、こちらの部品も外しますが、少し引っ掛かるのでプラスチック板を差し込むなどして、慎重に外してください。
SC18416233425.png


古いバッテリーを外す


バッテリーと本体との接続部を慎重に外します。
下の画像の赤丸部分です。
SC1841920111.png

マイナスドライバーなどを使って、バッテリーを本体からはがします。
バッテリーは本体に両面テープで貼り付けてあるので、そのつもりでバッテリーが変形しないように、少しづつはがしていきます。
バッテリーが変形したり破損したりすると、破裂や発火の危険性がありますので、慎重に。
SC18419201423.png

新しいバッテリーを取り付ける


古いバッテリーが外れたら、今度は新しいバッテリーを取り付けます。
新しいバッテリーは、購入した製品によって違うかもしれませんが、接続ケーブルが反対向きになっているかもしれません。
(私が買ったものは反対向きになっていました)
SC18419201935.png

反対向きだった場合は、接続ケーブルをゆっくりひっくり返します。
SC18419202331.png

新しいバッテリーを本体にセットして、接続ケーブルの先端の黒い四角い部分を、慎重に指で押し込みます。
接続部はとても小さい部品なので、ずれた位置で押し込もうとすると接続部が壊れてしまうかもしれません。
よく狙ってから、押し込んでください。
SC18419202456.png

外した部品を元どおりに取り付け、裏ぶたをはめる


外してあった銀色と黒色の2つの部品(カバー)を取り付けて、元のようにネジで止めます。
SC18419203748.png

最後に裏蓋をはめて、作業完了です。
裏蓋は、周囲を親指と人差し指で強めにつまむようにすれば、パチッパチッとはまっていきます。

バッテリーを交換しても消費が早いと感じるときは


P8liteは購入したときはOSがAndroid5でしたが、いつだったかバージョンアップしてAndroid6になっています。
自分のP8liteのOSは、設定アイコンから「端末情報」を開くと確認できます。
OSは新しい方がいいかなとは思いますが、Android6になってから使用電力増えて、バッテリーの持ちが悪くなっています。
バッテリー交換したあともバッテリーの減り方が早いと感じるときは、設定アイコンから「詳細設定」の中の「バッテリーマネージャー」を開いて、「消費電力の高いアプリを監視/遮断」を確認してください。
私の場合は、メールアプリのOutlookの消費電力が非常に高くなっていたので、Outlookをアンインストールして、もともとP8liteに入っていたメールアプリを使うことにしました。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

2018年03月10日

スマートホン HUAWEI P8 lite のバッテリーを交換してみた

2015年9月1日にガラケーからスマートホンに乗り換えて、早くも2年半が過ぎました。
さすがにバッテリーが寿命っぽくて、100%充電状態で特に何も使っていない状態でも、バッテリーがぐんぐん減っていく感じになっていました。
漏電してるんじゃないかと思うくらいに・・・。

SC1831003749.png
バッテリーマネージャを見ると、100%でも13時間ぐらいしか持たないと。

バッテリーの寿命以外に原因があるかもしれませんが、もう2年半使っているので、バッテリーを交換してみるのもいいかもという判断です。

スマートホンは、中国の会社 HUAWEI(ファーウェイ)の P8 lite です。

基本的にバッテリーの交換には対応していない機種ですが、HUAWEI の店舗に持ち込むか、郵送で交換してくれるらしいです。
ただし、バッテリー交換費用が値上げされたらしく、後継機の P9 lite で13,000円という情報が見つかりました。
P8 lite の値段は不明ですが、きっと同じくらいするでしょう。

となると、手っ取り早いのは新しいスマートホンに買い替えることですが、なんだか少しもったいない気がするので、自分でバッテリーを交換できないか調べてみました。

P8 lite のバッテリー交換方法を探してみた


交換用のバッテリーが安く手に入ったとしても、何の知識もなしにいきなり P8 lite をバラしたら、きっと失敗します。
最近はたいていのことが、ネットで検索すれば見つかります。

YouTube にいくつかの動画が見つかりました。

 p8 lite バッテリー交換 - YouTube

簡単とは言えませんが、何とかなりそうな感じには見えます。

P8 lite 用交換バッテリーが売っているか探してみる


まずは、Amazon。


HUAWEI 純正品ではなさそうですが、高品質とは書いてあります。
工具類は付いてなさそうです。
別に売っているスマホ修理用工具も買った方がよさそうです。


次は、楽天市場。

【全国送料無料】HUAWEI P8 lite スマートフォン交換用互換バッテリー HB3742A0EZC (T4トルクスドライバー / ケースオープナーセット付属)

価格:3,080円
(2018/3/9 22:48時点)
感想(0件)




こちらも、純正品ではなく互換バッテリーですが、1年間の保証が付いています。
工具が付いているのも助かります。


結局、買ったのはヤフオク!。

 ヤフオク! - 「p8 lite バッテリー交換」の検索結果

新品の純正品で、工具も付いて1,900円(税込)というのが見つかりました。

ヤフオク! を使ったのは初めてでしたが、この商品の場合は指定価格1,900円で[今すぐ落札する]ボタンを押すだけで、あとは楽天市場やAmazonで買い物をするのと同じでした。

実際のバッテリー交換作業


YouTube の動画を見ながら、まずはスマホの裏ぶたをこじ開けます。
動画では簡単そうに見えましたが、実際にやってみると、けっこう手こずりました。
最初にプラスチックの薄い板を隙間に差し込むのですが、なかなか差し込めず、差し込めたあとも裏ぶたが壊れないように慎重に外していくのが、ちょっと難しいです。

コツがつかめて外れ始めると後は早いですが、裏ぶたが意外とペラペラなのと、裏ぶたの中央付近が両面テープで貼り付けてあったので、そのつもりで中央付近は慎重にはがさないと、裏ぶたが割れてしまうかもしれません。
このあたりは動画では分からなかったところです。

裏ぶたが外れると、ネジを外さないといけない部分があります。
そのネジが2種類あって、1つは普通の+形ですが、もう一つが星形のネジで特殊です。
ヤフオク!で買ったものは工具付きでしたが、星形のドライバーが入っていないので、持っていない人は別に購入しておいた方がいいです。

 スマホ修理用工具(Amazon)

スマートフォン用 精密ドライバー スクリュードライバー トルクス 5角星形 精密 iPhone iPad スマホ 修理 分解 工具 DIY【ゆうパケットで送料無料】◇ALW-ZY2811

価格:598円
(2018/3/9 23:43時点)
感想(0件)




それと、動画では分からなかったのですが、ネジの2か所が白いシールで隠してありました。
シールと言っても薄い塗装のようなものではがれにくいので、そのままシールの上からドライバーで押し込んで、ネジを回せばいいです。
自分で分解した場合にメーカー保証の対象外になりますが、ネジを外すためにはそのシールを破損するしかないので、それが証拠になるということのようです。

あと、ネジはとても小さいので、なくさないように注意して作業してください。

バッテリー自体も両面テープで固定してあるので、スマホ本体(基板など)を壊さないように、慎重にはがして外します。

バッテリーが外せたら、新しいバッテリーを取り付けて、外した部品をネジで固定して、裏ぶたをはめるまでは、割と簡単でした。

バッテリー交換後すぐに100%まで充電してバッテリーマネージャーを見ると、残り時間の表示はバッテリー交換前と変わりません。
バッテリーの性能が悪いのかと心配しましたが、少しスマホを使って98%になったときに、もう一度バッテリーマネージャーを見てみると、残り時間が27時間ぐらいに伸びていました。

SC1831003844.png

残り時間の表示は、バッテリーの減り具合を計測して予想しているものなので、少し使ってからでないと正確な予想ができないようです。
たぶん、もう少し使ってから100%充電して、バッテリーマネージャーを確認したら、残り時間の表示はもっと伸びるはずです。


というわけで、1,900円(税込)+送料160円=2,060円でバッテリー交換が完了しました。
ただし、失敗したら最悪スマートホンが壊れてしまうリスクもあるので、やってみたい人は、あくまでも自己責任でやってみてください。
新しいスマートホンに買い替えて、古いのを捨てる(売っても安いし)のはもったいないという場合には、挑戦してみてもいいかもしれませんね。


バッテリー交換手順を詳しく説明してみました。↓
P8liteのバッテリー交換手順の全て(交換用バッテリーの購入からバッテリーの処分まで)



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター

広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール