2020年05月16日

会社のサーバーをクライアントPCからリモート操作する

会社のサーバーを操作することは、そんなにはないのですが、業務用ファイルを毎日バックアップしたり、各種設定などの確認で操作することがあります。
ファイルのバックアップは、以前はスケジュール機能で自動処理していましたが、今はうまく動作しなくなって手動でやっています。
たいした手間ではないですが、サーバーのところに行くのがちょっと面倒くさいです。


そんな折、テレワークのためにリモートデスクトップをテストしていて、そういえばサーバーも自分の席のPCからリモート操作できないかと思いつきました。
やってみると、LANでつながっていることもあって設定も簡単で、あっさりとリモート操作が実現しました。
もっと早く思いつけば良かったという思いもありますが、今は自分の席からサーバーのバックアップや、設定などの確認・変更ができて快適です。


以下、サーバーを自分の席のPC(クライアントPC)からリモート操作する方法を説明します。
説明で使っている環境は、サーバーが Windows Server 2012 R2 で、クライアントPCは Windows 10 ですが、他のバージョンでも同じようにできると思います。


サーバーのサインイン情報を確認


サーバーにサインインするときに使っているユーザー名とパスワードを確認します。
クライアントPCからサーバーに接続するときに使います。


サーバーのIPアドレスを確認


クライアントPC からの接続先を指定するときに、サーバーのIPアドレスを使うので、確認しておきます。
このときのIPアドレスは、IPv4 プライペートIPアドレスです。
以下の方法で確認できます。

1)サーバー上で[スタート]ボタン Snap191123174907.png を右クリックして、[コマンドプロンプト]をクリックします。
SC200515153738.png


2)コマンドプロンプトに「ipconfig」と入力して、[Enter ]キーを押します。
SC200515153804.png


3)表示される情報のなかの「IPv4アドレス」を見ます。
これが、サーバーのプライベートIPアドレスです。
SC200515153826.png


クライアントPCからサーバーのIPアドレスを確認するなど、その他のIPアドレス確認方法が知りたい場合は、↓ こちらを参考にしてみてください。

 プライペートIPアドレスとグローバルIPアドレスを確認するいろいろな方法


サーバーへのリモート接続を許可する


サーバーをリモート操作できるように、サーバーの設定をします。


1)サーバーの[スタート]ボタン Snap191123174907.png を右クリックして、[検索]をクリックします。
SC200514172653.png


2)右側に検索ボックスが出てくるので、「リモート」と入力します。
下に表示される候補に「このコンピューターへのリモート アクセスの許可」というのが出てくるはずです。
それをクリックして開きます。
「リモート」で出てこない場合は「リモート アクセス」など、言葉を加えてみてください。
SC200514172747.png


3)「システムのプロパティ」の[リモート]タブが開きます。
下部の「リモート デスクトップ」のところが、「このコンピューターへのリモート接続を許可しない」になっていたら、「このコンピューターへのリモート接続を許可する」に変更します。
このとき確認ダイアログが表示されると思いますので、[OK]ボタンをクリックしてください。

その下の「ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」は推奨となっていますが、他のPCからの接続ができなくなってはいけないので、チェックを外しておきます。
設定できたら、[OK]ボタンをクリックします。
SC200514172811.png


以上で、サーバーへのリモート接続は完了です。


クライアントPCから操作する


サーバー側の設定はできたので、自分の席のPCからサーバーにリモート接続してみます。


1)クライアントPCで、[スタート]ボタン Snap191123174907.png をクリックして、Windows アクセサリの中にある[リモートデスクトップ接続]をクリックして開きます。
SC200514202551.png


2)コンピューター名に、上で調べた「サーバーのプライベートIPアドレス」を入力して、[接続]ボタンをクリックします。
SC200514195755.png


3)「資格情報を入力してください」では、最初に確認した「サーバーにサインインするときに使っているユーザー名とパスワードを入力します。
「このアカウントを記憶する」にチェックを入れておくと、次回以降の入力を省略できます。
入力できたら、[OK]ボタンをクリックします。
SC200514195853.png


少し待つと、今操作しているクライアントPCの画面がサーバーの画面に切り替わり、いつもサーバーでやっている操作が、そのままこの画面でできるようになります。
画面上の中央部に操作バーが表示されます。
サーバーの画面を開いたままクライアントPCの操作をしたいときは、[縮小]ボタンで画面を小さくできます。
サーバーへのリモート操作を終了したいときは、操作バーの[×]ボタンで閉じればOKです。
SC200514195225.png


リモート デスクトップ接続をスタートにピン留め


リモート接続をするたびに[スタート]メニューから起動するのは面倒なので、「リモート デスクトップ接続」をスタートにピン留めしておきましょう。
手順は以下のとおりです。


1)クライアントPCで、[スタート]ボタン Snap191123174907.png をクリックして、Windows アクセサリの中にある[リモートデスクトップ接続]を右クリックして、[スタートにピン留めする]をクリックします。
SC200514203644.png


2)スタートにピン留めされた「リモート デスクトップ接続」は、好みの位置に移動しておきます。
SC200514203724.png


社内LANの他のクライアントPCもリモート操作


社内LANでつながっている他のクライアントPCも、これと同じようにリモート操作できます。
不具合の起きている他のPCを直したり、使いやすく設定を変えたりするときも、リモート操作が使えると便利ですね。





にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9849853

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログ内を検索
ファン

最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール