2020年04月18日

Windows版KeePassをWindows起動時に自動起動、最小化で起動などの設定

KeePassは、ユーザー名やパスワードの入力欄で[Ctrl]+[Alt]+[A]同時押しすることで、自動ログインできるのが、一番便利な使い方になります。
いつもどこかにログインするという人は、Windows起動時にKeePassを自動で起動するように設定しておくと便利です。
以下の手順で、自動起動するように設定できます。


Windows起動時にKeePassを実行させる


1)KeePassを起動して、[ツール]メニューの[オプション]開きます。
Snap200404154835.png


2)[統合]タブを表示し、「ウィンドウズの開始時にKeePassを実行」にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。
Snap200404154856.png


以上で作業完了です。
次回以降、Windows起動時に自動的にKeePassも起動されます。


KeePassを最小化したときにタスクバーに表示させない


KeePassが起動すると、データを開くためにマスターパスワードを入力して起動した状態になりますが、その後も終了させないで最小化した状態にしておくと、いつでも最小化した状態のまま自動入力([Ctrl]+[Alt]+[A])が使えます。


ただ、そのときにタスクバーにKeePassが表示されていると、邪魔かもしれません。
邪魔であれば、最小化したときにタスクバーに表示させないようにできます。


1)KeePassを起動して、[ツール]メニューの[オプション]開きます。
Snap200404154835.png


2)[インターフェース]タブを表示し、「最小化時にタスクバーに表示せずタスクトレーに格納する」にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。
Snap200418124535.png


KeePassを最小化の状態で起動させる


KeePassを起動しても、普通は常に表示したまま使うものではなく、最小化しておいた方が邪魔になりません。
ならば、KeePass起動時に、最初から最小化の状態で起動させればいい、ということになります。


1)KeePassを起動して、[ツール]メニューの[オプション]開きます。
Snap200404154835.png


2)[高度]タブを表示し、「ウィンドウを最小化、ワークスペースをロックして起動」にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。
Snap200418124516.png


ただし、この設定で起動した場合は、自動入力させようとして[Ctrl]+[Alt]+[A]を押したときに、マスターパスワードの入力が必要になります。
Windows起動時にKeePassを起動させて、その時にマスターパスワードを入れておいて、それから最小化するのと、どちらがいいかという選択になります。




にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9752138

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログ内を検索
ファン

最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール