2019年02月04日

Amazonからの[緊急の通知] は偽物です。お気を付けください。

Amazonをかたるフィッシングメール(詐欺メール)が届きました。
「 [緊急の通知] Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!」のタイトルで受信しました。
差出人は、「"Amazon更新する <denglu04@s70.coreserver.jp>」となっています。

SC20190204084159.png

メール文は、以下のとおりです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
残念ながら、あなたのアカウント Amazon ID (○○○○@yahoo.co.jp) を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
ここでお支払い情報を更新してください。
https://www.amazon.co.jp/ap/signin

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
宜しくお願いします、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私はAmazonフライム会員になっているので、クレジットカードの更新ができていなかったかな?と思って、クレジットカードを確認してみましたが、まだ期限切れにはなっていません。
Amazon側のシステムの不具合かな?とも考えましたが、このメールはよく見るといろいろとおかしな点があったので、フィッシングメール(詐欺メール)だなと分かりました。

この手のメールのおかしな点をここで書くのは、送信者に勉強させることになるかもしれないので、これまではあまり書かないようにしてきましたが、おそらく送信者がここを読むことはないだろうし、見たとしても日本語は理解できないと思うので、書いてみることにします。

おかしな点は、以下のとおりです。
間違ってクリックしないように、URLの最初の部分は全角文字に変えてあります。

1)メールタイトルの「Amazoneプライム」は、正しくは「Amazonプライム」。

2)更新ページのURLは、「https://www.amazon.co.jp/ap/signin」となっているが、実際のリンク先は「http://www.amazone-info.net/」になっている。
 (メール分のURL部分にマウスカーソルをのせると、実際のリンク先が下部に表示されるので、このことが分かります)

3)いきなり「残念ながら」で始まり、読点「、」で終わる文章。

4)メールアプリで表示される宛先(私のメールアドレス)のドメイン部分(@より後ろの部分)が表示されていない。

5)送信者のメールアドレスが、どうみてもAmazonのものではない。

一見よくできた詐欺メールで、危うく信じてしまいそうですが、よく見るとおかしな点がいろいろ見つかります。
あわててリンク先をクリックして、クレジットカード情報、ID(メールアドレス)やパスワードを入力してしまわないように、気を付けてください。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8528913

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール