2017年09月04日

Googleアドセンスの広告ユニットは削除できないし編集が少し分かりにくいかも

Googleアドセンスの広告ユニットは、設定した名前を変えたい、広告サイズを変更したいなど、編集しようとすると、やり方がちょっとだけ分かりにくいです。
私はしばらくの間、そのやり方が分からなくて、ならば削除して作り直そうとしましたが、今度は削除ができません。
きっと同じような思いをしている人、これからそういう思いをする人がいると思いますので、説明を書いておきます。

広告ユニットは削除できない


Googleアドセンスの広告ユニットは削除できないようになっています。
理由は、その広告ユニットのレポート情報を残しておくためとのことなので、仕方ないでしょう。

となると残る方法は、その広告ユニットを編集して再利用するか、非表示にしておくのどちらかになります。

まずは、非表示にする方法ですが、これは簡単で分かりやすいです。
広告ユニットの下にある「非表示」の文字をクリックするだけ。
SC1793112453.png


または、広告ユニットの左側にあるチェックボックスにチェックを入れてから、上にある[操作]ボタンをクリックして、開いたメニューの中の「非表示」をクリックする方法でもOKです。
SC1793112759.png


次は、編集して再利用する方法です。

広告ユニットを編集する方法


しばらく使用していた広告ユニットの場合は、レポート情報を残すために非表示にするでいいと思いますが、新しく作ったばかりの広告ユニットを少し編集したいという場合もあります。

編集する方法は、感のいい人はすぐにその方法を見つけられるのかもしれませんが、私はなかなか分からなくてけっこう悩みました。

結論から言うと、広告ユニットの名前の部分(下の画像の青い枠の部分)をクリックすると、すべての内容を編集できます。
SC1793233045.png


広告ユニットの下に「非表示」「レポートの表示」「コードを取得」「広告タイプを編集」とメニューっぽいものがあるので、「広告タイプを編集」でいいのかなと思ってクリックしそうです。
でも、そこは広告タイプを変更するだけのものでした。
SC1793232918.png


「非表示」の所に書いた「左側のチェックボックスにチェックを入れてから、[操作]ボタンをクリック」で開くメニューの一番上の「編集」でも編集できます。
(この「編集」は、少し前までなかったような気がするのですが、私が見落としていただけかも知れません。
これに気づかなかったために悩むことになりました)


まとめてみると、

1)公告ユニットに対して何かしようとするときは、その広告ユニットの左側のチェックボックスをチェックして、上の[操作]ボタンをクリックして何をするか選ぶのが基本スタイルです。

2)広告ユニットに対してよく使われる操作(非表示・レポートの表示・コードを取得・広告タイプを編集)は、簡単に開けるように各広告ユニットの下に置いてあって便利です。

ということになります。
なるほど、分かってみると合理的です。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6658046

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール