2017年11月08日

Safariのセキュリティ機能ITPをOFFにする方法

Safari11以降に追加されたセキュリティ機能ITP(Intelligent Tracking Prevention)は、第三者Cookieによるトラッキングを制限するもので、アフィリエイト広告の利用やポイントサイトの広告利用を正常に判定できない恐れがあります。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)では、順次ITPの対応したトラッキングタグに対応していて、ポイントサイトもそれに準じて対応されると思われますが、完全に対応が終わるのがいつになるか不明です。

ブログなどでアフィリエイトをしている人は、ASP側での対応を待つしかないですが、ポイントサイトを利用していてSafari11以降を使っている人は、しばらくの間ITP機能をオフにしておいた方がよさそうです。


ITP機能をオフにする方法は、以下のとおりです。

【iPhone の場合】
iOS11以降では、アップデートした場合も含み、標準でITP機能がオンになっているそうです。

1)[設定]アイコンをタップして、設定を開きます。

2)Safari を開いて、「サイト超えトラッキングを防ぐ」の右のトグルボタンをタップして、オフにします。

【Mac の場合】
macOS High Sierra のパソコンの場合、標準でITP機能がオンになっているそうです。

1)Safari の[環境設定]を開きます。

2)[プライバシーを開いて、「サイト越えトラッキングを防ぐ」の左にあるチェックを外します。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年11月02日

メールソフトでYahoo!メールが受信できないときはYahoo!メール側の障害かも

Yahoo!メールはパソコンのメールソフト:Outlookで受信していますが、時々受信できなくなってしまいます。
設定など何もいじっていないのですが、「次のサーバーのアカウント名とパスワードを入力してください。」というメッセージが表示されて、受信できなくなります。

SC171027192938.png

アカウント名とパスワードを入力し直してみますが、同じメッセージが繰り返し表示されるだけです。

以前は、Win10メールでYahoo!メールを受信していて、やはり同様のメッセージが表示されて受信できない状態が頻発したので、Outlookに変えた経緯があります。
そのときは、調子よかったんです。

そのとき書いた記事がこれです。↓

 スマホでのYahoo!メールの送受信は専用アプリがよさそう

 Win10メールでYahoo!メールが送受信できなくなったら

原因は恐らくYahoo!メール側のSSL暗号化関連の問題だと思いますが、よくわかりません。
ちなみに、スマホ用のYahoo!メール専用アプリでは、このようなことは一度も起きておらず好調です。

少し情報を探してみると、Yahoo!メールの接続/システム障害を知らせてくれるサイトが見つかりました。

 Yahoo Mail 接続/システム障害発生?サービス中断などの問題をリアルタイムでお知らせ | Down Detector

障害の発生状況を下のようなグラフで表示してくれます。

SC17112203542.png

青い山が表示されている時に、何らかの障害が発生しているということらしいのですが、青い山が表示されていると必ず受信できないというわけではなく、ほとんどの場合、問題なく受信できています。
ただし、受信できないときは確かに青い山が頻発していました。
Yahoo!メールが受信できないときは、何か障害が発生しているのだと考えた方がよさそうです。

なので、Yahoo!メールが受信できなくなったとき、何もしないまま放置しておくと、翌日には問題なく受信できることがほとんどなので、何もしないで放置するのがいいかも知れませんね。

とりあえず、受信メールを確認したいときは、ブラウザでYahoo!メールにログインして確認できますし、スマホでも同じメールを受信しておけば問題ないかなと思います。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年10月21日

Windows版LINEをパソコン起動時に起動させる方法

Windows版LINEアプリは、スマートホン版LINEで設定したメールアドレスとパスワードを登録することで、同じアカウントを共通して使うことができます。
パソコンで作業しているときにLINEで送られてきたメッセージを確認できて、パソコンで返事もできます。

Windows版LINEアプリを一度起動しておけば、その後アプリを閉じても、メッセージを受信するとパソコン画面上で知らせてくれるので、なかなか便利です。
ただし、パソコンを起動してから一度は起動しておかないと、メッセージ受信を知らせてくれないので、パソコン起動時にLINEアプリも自動的に起動するように設定したいと思います。

以下、その方法です。

1)LINEアプリ画面の左下にある[・・・]をクリックして、メニューの中の[設定]を開きます。

SC171020105249.png


2)設定画面の[基本設定]タブの中にある「Windows起動時に自動実行」の左側のチェックボックスにチェックを入れます。

SC171020104738.png

[設定を保存]や[OK]ボタンはないので、画面右上の[×]を閉じれば設定完了です。


スマホでの入力が苦手なので、Windows版LINEアプリはかなり便利に感じます。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年10月19日

Amazon Music アプリがパソコン起動時に起動しないようにする方法

Amazon デジタルミュージックで音楽をダウンロード購入することが多いので、音楽をダウンロードしたり聴いたりするのに便利なAmazon Music アプリの(パソコン版)をインストールして使っています。
そのAmazon Music アプリが、最近どういうわけかパソコン起動時に一緒に起動するようになってしまいました。

一緒に起動してくれた方が便利という人もいると思いますが、私の場合は音楽を聴きたいときに起動すればいいかなと思います。

パソコン起動時には起動しないようにするのは、Amazon Music アプリのメニューから設定できます。


1)Amazon Music アプリを起動して、右上の名前が表示されている所の右にある[∨]をクリックし、開いたメニューの中の[設定]を開きます。

SC171019141729.png


2)設定画面は[全般]タブが見えている状態で開くので、[詳細]タブに切り替えます。

SC17101914250.png


3)[詳細]タブが表示されると、一番上に「コンピューターの起動時にアプリを自動的に起動」があるので、その左側のチェックを外します。
[設定の保存]とか[OK]のボタンはないので、右上の[×]をクリックして設定画面を閉じれば、作業完了です。

SC171019142535.png


もう一つの方法として、Windowsスタートボタンを右クリックして、「タスク マネージャー」を開き、[スタートアップ]タブからAmazon Musicを選んで「無効」にする方法もあります。
ただし、そのアプリ側の設定メニューに「無効」にする方法があれば、できるだけそれを使った方がいいと思います。

「スタートアップ」には、別にAmazon Music Helperというのがあります。
上記の1)〜3)の手順でパソコン起動時にAmazon Musicが起動しないようにしたとき、 「スタートアップ」からAmazon Musicは消えますが、Amazon Music Helperは残ります。
Amazon Music Helperの機能は不明ですが、Amazon Music Helperは「スタートアップ」から無効にしない方がよさそうです。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年10月17日

LINEの友だち追加でやらない方がいいこと

私はLINEに対して苦手意識があったのですが、その理由は「友だち追加」で失敗したことでした。

知らない人が次々と、自分を友だちに追加してきたり、知らない人ではないけど、LINEでやり取りしなくてもいい人が友だちになったりと、そんなことが起きていました。

LINEにはいろいろな友だち追加方法があって、それぞれをよく理解していれば、それぞれとても便利なんですが、私のように適当にやっていると、ちょっと面倒くさいことになったりします。

というわけで、以下、私の失敗談です。


1)「友だち自動追加」で、生命保険の代理店からLINEが届いた。

「友だち自動追加」は、スマートホンに登録している連絡先を、自動で全部まとめて友だち追加してくれる機能です。
連絡先に登録している人全員(LINEを使っている相手だけです)とLINEをしたい場合はとても便利ですが、連絡先の中にLINEしたくない人が混じっている場合は、やらない方がいいです。

私の場合は、そんなに連絡先登録していなかったのですが、たまたま生命保険の代理店担当の連絡先を登録していたので、その人を友だち登録してしまいました。
すると、すぐにその担当者からLINEが届き、少し面倒くさかったです。

SC171017155150.png

自動追加したくない人は、上の画像の[許可する]をタップしない、下の画像の「友だち自動追加」の右側のチェックを入れないようにすれば、自動追加されません。


2)電話番号で友だち登録を許可していたら、知らない人に友だち登録されました。

下の画像の「友だちへの追加を許可」の右側のチェックを入れると、知らない人が電話番号で検索して友だち登録してきます。

SC17101715512.png

「友だちへの追加を許可」という言葉からすると、これを許可しておかないと、友だち追加してほしい人に追加してもらえないような印象を受けますが、ここで許可していなくても、他の手動的な各種方法で友だち追加はしてもらえます。

下に書いてある薄い文字の説明を読むと、1)で書いた自動追加を許可することと、電話番号で追加を許可することを意味しているのが分かります。

ちなみに、私はこれをしばらく許可していたのですが、そうすると知らない人が友だち登録してきて、何やら怪しげな広告を送ってくるようになりました。

こんな感じです。↓

SC171017155250.png

こういう広告を送ってくるようなら、ブロックしてしまえばいいだけの話とも言えますが、その前に「友だちへの追加を許可」のチェックはしない方がいいかなと思います。


この2つが最近分かってきたところなんですが、これだけでLINEへの苦手意識はずいぶん薄れました。
と言っても、たいして使いこなしていないのですが・・・(^^ゞ

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年10月13日

LINEグループを作ろうとして色々と苦労した話

正直なところSNS全般が苦手で、特にLINEはよくわからないので、なるべく触らないようにしています。
友だち登録とか、基本的に相手にやってもらいます。

とはいえ、便利なので職場でも使おうということで、LINEグループを作ることになりました。

まずはグループを作ってみようとするも・・・


すでにLINEを使っているので、グループを作るのは簡単と思ったのですが、そう甘くもないようです。

メニューの[友だち追加]の中にある[グループ作成]で、グループ名を決めてメンバーを追加しようとしたのですが、メンバーに入れたい人が一人も一覧に表示されていません。

このときメンバーに追加できるのは、すでに友だち登録している人だけということみたいです。
まあ、そりゃそうだとは思います。

SC171011233926.png

ならば、先にメンバーを友達登録することに・・・

LINEで友だち登録しようとしたら格安スマホの欠点が明らかに


メニューの[友だち追加]の中の[検索]を使ってみました。
電話番号はすぐに分かるので、電話番号で検索してみます。

SC171011235854.png

すると・・・
こともあろうに、年齢認証です。
この立派な「おっさんの姿」を見せることができれば、一発で認証完了のはずですが、それは叶いません。

SC171011235935.png

電話番号検索は、docomo か LINEモバイルの人しか使えないということなのでしょうか?
ID検索もやってみましたが、同じように年齢認証にかかります。

やはり LINE は苦手です。

格安スマホの欠点と言うには早計で、年齢認証のメッセージにもありますが、「ふるふる機能」などを使えば友達登録できるようです。

若い社員にグループを作ってもらうことに


自分でやるのがおっくうになってきたので、作戦変更です。

作業を手伝ってくれていた若手社員A君に、SMSで招待という方法で私を友だち登録してもらい、ついでにグループを作って、A君側から私をグループに招待してもらうことにしました。

・・・が、ここで、またつまづきます。

A君からの招待が私のLINEに届かないのです。
いろいろネットで調べてみましたが、届かない理由はよくわかりませんでした。

仮説としては、A君と私がお互いに相手を友だち登録していないと、グループへの招待ができないのでは?と考えてみました。

A君側は私を友だち登録済みなので、私の方でA君を友だち登録して、グループへの招待ができるか試してみることにします。

先ほどグループ招待の件でネットで調べているときに、Windows用のLINEアプリがあって、それを使うと年齢認証が出ないらしいことが分かったので、そちらを使ってみました。

Windows用のLINEアプリを使って友だち登録する


Windows用のLINEアプリは、LINEの公式サイトの「ダウンロード」から[Windows版をダウンロード]ボタンでダウンロードできます。

インストールも簡単ですが、スマートホンのLINEアカウントと同期するために、メールアドレスとパスワードの登録が必要になります。
スマートホンのLINEアカウントにメルアドとパスワードを登録していない人は、先にスマートホン側で登録する必要があります。

スマートホンのLINEアカウントに登録したメルアドとパスワードを、Windows版のLINEに登録すると、一つのアカウントとして使うことができます。

パソコンが使える状態のときは、パソコンのキーボードで入力できるので、こちらの方が楽でいいです。

さて、問題の友だち登録ですが、A君の電話番号で検索してみると、検索できませんでした。
原因はA君が「電話番号で検索できない」設定にしていたからなのですが、代わりにIDで検索して、無事に友だち登録が完了。

苦労しましたがLINEグループ完成です


これで、A君と私はお互いに友だち登録し合っている状態になったので、A君側から再度、グループへの招待をやり直してみてもらいました。
すると、今度はちゃんと招待が届きました。

仮説どおり、お互いに友だち登録し合っている状態じゃないと招待できないようですね。

あとは、他のメンバーも同じようにグループに招待して、運用開始です。

少し苦労しましたが、設定さえ終わってしまえば、使い方は簡単でとても便利です。
ただ、使い道があまりなくて、朝電車が遅れたときの連絡くらいしかないかなと思っています。
まあ、あまり使うとそれはそれで面倒くさいので、これくらいが丁度いいかもですが。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年10月12日

「AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。」について

昨日10月11日から、Googleアドセンスのホームに「要注意」として警告が表示されています。

SC171012164412.png

警告の右側にあるヘルプを見てもよく分かりません。
ads.txtって何?という感じです。

サイト運営者 ID が含まれていないということなので、Googleアドセンスの広告ユニットのコードに自分のIDが含まれないものがあるのかと、ブログの広告ユニットを貼っている部分を全部確認してみましたが、全てIDは含まれていました。

情報を探してみると、Google プロダクト フォーラムに質問が上がっていました。

 教えてください。 - Google プロダクト フォーラム

質問者のブログがSeesaaのもので、回答にも「昨日頃からSeesaaがads.txtの導入を始めたのではないかと推測しています。」とあります。

恐らくそのとおりだと思います。

Seesaaブログのお知らせを確認してみると、やはりそのことが通知されていました。

 【Seesaaブログ】ads.txtファイルに関する警告表示について - Seesaaからのお知らせ

(お知らせの抜粋)

本件につきましては、上記IDが含められるよう、2017年10月中をめどに弊社にて対応を検討しております。
対応まで今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。


とのことなので、そのまま待つしかないようです。

ただし、Googleアドセンスの広告ユニット自体にはIDが含まれていますので、このことで収益がなくなったり、減ってしまったりということはないと思うのですが、はっきりとは分かりません。


【2017.10.15 追記】
Seesaaブログだけの問題ではなかったようです。
このブログで利用している「ファンブログ」でも、ads.txtファイルに関する警告表示について、お知らせがありました。

 ads.txtファイルに関する警告表示について: ファンブログからのお知らせ

(お知らせの抜粋)

GoogleAdSenseにおいて、ads.txtファイルに関する警告表示される事象が発生しております。
本日、ファンブログに設置されているads.txtを削除させていただきました。

本対応により、Google AdSenseより寄せられている警告等の事象が改善されると考えられます。

なお、ads.txtの設置に関しては、今後の動向等を踏まえつつ、対応を検討させていただきます。

ファンブログでの対応は ads.txtの削除ということなので、Google AdSenseの警告はなくなると思います。


Seesaaブログ、ファンブログ以外で同様の警告が発生しているかは、今のところ不明です。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年10月04日

Webページの更新をいち早く知らせてほしいときは

ネットショップで品薄の人気商品が入荷したとき、欲しい商品の値段が下がったときなど、Webページが更新されたら知らせてほしいことがあります。

Google Chrome の拡張機能「Page Monitor」を使うと、それが可能になります。
(Google Chrome系の他のブラウザでも利用可能だと思います)
Chrome ウェブストアで検索すると、すぐに見つかります。

見つかったら、右上の[+ Chromeに追加]ボタンをクリックして、インストールしてください。

SC17104165219.png

インストールしたら、Google Chrome の右上に波形のアイコンが表示されます。
そのアイコンを右クリックして、[オプション]を開いて、設定を変更しておきましょう。

SC17104165454.png

オプションの設定は英語なので、少し説明します。

左側の「Desktop Notifications:」は「デスクトップ通知」です。
enabled を選ぶと、Webページの更新があったとき、画面右下に通知が表示されるようになります。
 enabled → 有効
 disabled → 無効

SC17104165851.png


真ん中の「Sound Alert:」は、「音で知らせる機能」です。
 None → 音の通知なし
 Chime → 音で通知(チャイム音)
 Cuckoo → 音で通知(カッコー音)

SC17104165926.png

右側の「Check Interval:」は、Webページの更新をチェックする間隔で、スライダーを動かすと5秒〜2日と7時間の間で設定することができます。
そのWebページの更新を少しでも早く知りたいときは、間隔を短くすればいいですね。


下の真ん中にある「advanced」は「高度な」という意味で、さらに高度な設定をしたいときに使います。
左側のチェックボックスにチェックを入れると、下の画像のように高度な設定が現れます。

SC17104165959.png

この「advanced」の設定内容の説明は省略しますが、高度な設定をしたい場合は、英語の意味をGoogle 翻訳などで調べると、設定方法が分かると思います。


設定が終わったら、監視したいWebページを表示した状態で、Page Monitor のアイコンをクリックして「Monitor This Page」をクリックすれば作業完了です。

SC1710502257.png


 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年10月02日

パソコン画面の指定範囲の大きさを計測できるアプリ

ブログを書いていると、自分のブログのある範囲の大きさを知りたいときがあります。

例えば、

・サイドバーに貼る広告のサイズを選ぶとき、サイドバーの幅を覚えていなかったり、ブログの設定を調べるのが面倒なので簡単に知りたい。

・ブログのカスタマイズなどで、そこに表示できる画像の大きさを知りたい。

といったような場合です。

今、私がやりかけているブログカスタマイズでも、この機能を使って、あるエリアの広さを計測することができます。

使用するアプリは、SnapCrab というフリーソフトです。

 高機能スクリーンショットツール SnapCrab - マウスひとつで、即キャプチャ | フェンリル

パソコン画面をキャプチャーするアプリですが、その機能の1つの「指定範囲のキャプチャー」を使います。


下の画像の青い四角で囲った範囲の大きさを知りたいとすると、

SC1710217551.png

SnapCrab の @ のボタンをクリックして、マウスをドラッグして範囲を指定すると、A の部分に「W142 H100」のように表示されます。

SC1710217021.png

幅が142pixel(ピクセル)、高さが100pixelということになります。
このように、簡単に指定した範囲の大きさを計測できるわけです。

ブログ以外で、パソコン画面の指定範囲の大きさを知りたい場合があるか分かりませんが、もしあったら、同じように計測することができます。
パソコンの画面をキャプチャーしたり、指定範囲の大きさを計測する機会の多い人は、ぜひ試してみてください。
便利ですよ。


余談ですが、記事中の1つ目の画像は SnapCrab を使ってキャプチャーしたもので、2つ目の画像はパソコンの画面をスマート本のカメラで撮影して、その画像をパソコンで表示したものの一部を SnapCrab でキャプチャーしています。
SnapCrab を使っているところを SnapCrab でキャプチャーすることはできなくて、他のキャプチャーアプリで試してもみましたが、やはりキャプチャーできませんでした。
なので、仕方なくスマホのカメラを使っているというわけです。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

2017年09月23日

Webサイト(ホームページ)をできるだけ簡単に低料金で作りたい

私が働いている会社は少人数の小さな事務所で、今のところWebサイトは作っていません。
これまでは、その必要性がなかったのが理由ですが、最近になって少し、Webサイトを利用することを考えてもいいかなと思い始めています。

ただ、お金も手間もかけられないのが実情で、作るにしてもほとんど自分一人でやらないといけません。
しかもWebサイト作りの経験もないので、すごく不安です。
テンプレートなどいろいろと用意されている無料ブログなら、このブログを含めて経験がありますが、そのような簡単なものではないだろうなというイメージがあります。

できれば、

・ブログのようにテンプレートがあって、HTMLなどの知識がなくても簡単に作れる。
・簡単だからといっても、ちゃんとしたカッコいいWebサイトにしたい。
・最初は簡単に作りたいけど、将来的にはHTMLやCSSを勉強して、カスタマイズできるものがいい。
・料金(月額)が高いのは困る。
・独自ドメインの取得や管理もやってほしい。
・スマートホン版サイトも作りたい。
・簡単に作れるといっても今一信用できないので、正式申し込み前に試させてほしい。

というようなことが、クリアにならないと無理かなと思います。

そういった都合のいいサービスがあるかどうか、探してみました。





見つけたのが、GMOペパボ株式会社のGoope(グーペ)というサービスです。

私の要求がクリアされているか調べて検証してみます。

Webサイトが簡単に作れるのか


Goopeのトップページに「あなただけのホームページが簡単につくれる。」と書いてあります。
しかも、15日間無料で試せるようです。

SC17919144416.png

これなら、問題なさそうです。
試せるので、試してみて「簡単じゃない」と思ったらやめればいいのだし。

申し込み前でもテンプレートを見ることができるのですが、十分にちゃんとしていて、なかなかカッコいいものがありそうです。

また、ブログのように更新ができるお知らせ更新、メニュー一覧やアクセスマップ、ネットショッピング機能など、ホームページ作成に必要なコンテンツが用意されているので、情報を登録すれば、すぐにオリジナルのホームページが完成するとのこと。

HTMLとCSSでカスタマイズすることも可能なので、中・上級者の人も満足できそうです。

料金は安いのか


料金プランは、通常プラン、DXプラン、ビジネスプランの3種があります。

SC1791915312.png

一番安いのは通常プランで1か月1,000円ですが、1つ上のDXプランでも12か月払いにすれば、通常プランと同額の12,000円になります。

DXプランは、ディスク容量5GB(通常プランは1GB)で、PDFアップロード・アクセス解析・メルマガ機能などが付いていますから、12か月払いにしてDXプランを選んだ方がよさそうです。

DXプランを選んだとして、年間12,000円であれば十分安いと思います。

独自ドメインについて


他のサービスですでに独自ドメインを取得している人は、そのドメインが他のサービスで使用できるものであれば、Goopeでも使用できます。
私の場合は独自ドメインを取得していないので、Goopeでついでに取得できればと思いますが、それも可能です。
Goopeで独自ドメインを設定するオプションは月額300円〜の有料ですが、このオプションを利用しておけば、難しい設定や、複雑な更新作業などはGoopeがやってくれるので、ぜひ適用しておきたいところです。

独自ドメインを利用したメールアドレスも、10個まで作ることができます。

その他


こうして見ると、Webサイト作りに望まれる条件や必要な機能は十分そろっていると思います。
また、この9月12日にはLINE連携機能が追加されるなど、その時々に要求されるニーズに対応して、新しい機能の追加もされているようです。

小さな会社や個人営業の商店など、お客さんを増やしたいということがあれば、多くの人がいろいろな手段でネットを利用する時代なので、自社・お店のWebサイトを作ることは、必ずプラスになると思います。

Webサイト上で、自社・お店の自慢できるもの、一押しの商品であったり、お店の雰囲気であったり、他に負けないサービスなどを紹介するなどすることで、お客さんはネットできっとそれを見つけてくれるはずです。

これまでWebサイト(ホームページ)は不要と考えていましたが、そろそろそれを利用していきたいと考えを改めることにしました。





 

にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへブログランキングならblogram

ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール