ポリフェノール乳酸菌生産物質はこちら↓
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年07月12日

ポリフェノール乳酸菌生産物質の働き

ポリフェノール乳酸菌生産物質は
どんな働きをするの?



ポリフェノール乳酸菌生産物質
糖尿対策や血糖が気になる方に!


ぶどう果皮や種に乳酸菌を加えて
発酵させた、ポリフェノール乳酸菌
生産物質の働きは…


食後の糖の数値の上昇を緩やかにしたり、
下げたりします。



また、糖を分解する酵素の働きを抑え、
糖の数値の上昇を抑えます。


ポリフェノール乳酸菌生産物質には
このような働きがあります。







また、ポリフェノール乳酸菌の大きな
3つの特徴は…

血液をサラサラにするポリフェノールが、
ぶどうを乳酸菌発酵させることにより、
腸での吸収力が19倍にアップ!


糖の吸収阻害や血糖の上昇を抑制する、
植物インスリン成分を従来の3倍増量!
(※当社従来製品比)


ドリンクをタブレットにしたことで、
乳酸菌の数が約3000億個に増量!
(1日6錠飲用した場合)

こんな特徴があります。



ポリフェノール乳酸菌生産物質は、
ポリフェノールを乳酸菌発酵する、
すなわち乳酸菌生産物質にしたことで、
ぶどうの種皮に含まれる有効成分が、
乳酸菌の発酵パワーにより、体内への
吸収力がグンと高まりました。

生のぶどうの果皮と比べて、吸収率が
30倍以上もアップします。


さらに、血糖値対策にも有効な
南米アマゾン原産のペトラウメカ葉
エキスという植物性インシュリンも
たっぷり配合しています。


糖質や食事制限のお悩みの方に!
ポリフェノール乳酸菌生産物質を
ぜひお試しください。


↓商品の詳細はこちら↓

ポリフェノール乳酸菌生産物質の購入はこちら


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。