ポリフェノール乳酸菌生産物質はこちら↓
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年09月10日

ポリフェノール乳酸菌生産物質の研究成果

ポリフェノール乳酸菌生産物質は、
ぶどうの種皮や種に乳酸菌を加えて、
発酵させたものです。


そんな、ポリフェノール乳酸菌生産物質の
研究成果
が続々と発表されています。


ポリフェノール乳酸菌生産物質は、食後の
糖の数値の上昇をゆるやかにします。


また、ポリフェノール乳酸菌生産物質は、
糖を分解する酵素の働きをゆるやかにします。







ポリフェノール乳酸菌生産物質ならではの
メリットとして、注目されるのは…

ぶどうの種皮に含まれる有効成分が、乳酸菌の
発酵パワーにより、体内に吸収されやすい
形に変わっていることです。


ぶどうの種皮には、アントシアニンや
レスベラトロールといったポリフェノールが
含まれれています。このポリフェノールは、
人間の体内で発生した悪質な活性酸素の除去に
役立つと考えられています。


ポリフェノールは、万病や老化の元凶といわれる
活性酸素を消去する抗酸化作用に優れた物質ですが、
普通にぶどうを食べても、種や皮は体内では
ほとんど消化されずに排泄されてしまいます。


ところが、このポリフェノールに乳酸菌を加えて、
発酵した「ポリフェノール乳酸菌生産物質」では、
生のぶどうの果皮と比べて30倍以上もアップ
することがわかっています。


ポリフェノール乳酸菌生産物質には、
生きた乳酸菌は含まれていませんが、
最近の研究により、生きた乳酸菌をそのまま
摂るよりも効果が高いことが明らかになっています。


食制限、糖質制限が気になるあなたに!
ポリフェノール乳酸菌生産物質をお勧めします。


☆ポリフェノール乳酸菌生産物質の詳細はこちら↓
ポリフェノール乳酸菌生産物質の購入はこちら




×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。