広告

posted by fanblog


発表当初は、絶対予約してGetしてやるって思ってたんですが、
な〜んか時間が経つにつれ買う気が失せてきたんですよね。
このKindle Paperwhite







で、先週発売になってレビューを幾つか読んでいると、
また欲しくなってきた次第で、早速日曜日にGetしてきました。

これまた「とびだせ どうぶつの森」と同様に、結構入手し難いようで、
Amazonで予約すると来年とかになっちゃうんですよ。
なので、数少ない、取り扱いがある家電量販店に電話して在庫を確認してみると、
アリオ川口のJoshinにあるとのこと。






電車に揺られ、ちょっと早めに午前中に到着。
店員さんに確認すると、残り1台らしく説明も半ばに購入してきました。
ほんとは3Gが欲しかったのですが、こちらは売り切れでした。
まぁ、WimaxがあるのでWiFi版でも特に問題なしです。

その後、秋葉原に移動し、kindle用のカバーを探したのですが、
これが高いんですよね。純正だと3,500円もします。
本体、7,980円ですよ。



Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)


Amazon
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る by AZlink



あまりにも馬鹿らしいので、「あきばおー」で売ってた1,600円のカバーを買ってきました。
これで十分です。






家に帰宅し、早速開封の儀。
Amazonを利用している方はお馴染みの「これ」をバリバリと開けていきます。






内容物は実にシンプルです。
kindle本体、USBケーブル、簡単な説明書のみです。






kindle本体も余計な物は一切ありません。
USBポートと電源のみです。
さすがに本を読むことだけに特化しただけあります。






連続駆動時間が約8週間もあるので、
電源ボタンすらほとんど押しません。基本、付けっぱなしです。

さて、いよいよkindleを起動します。
初回起動時のみ、各種設定を行います。
使用言語の選択をすると、kindle Paperwhiteの製品説明が表示されます。






次に、Wifi版なのでネットワークの設定を行います。
ここで結構つまずくそうなのですが、私の場合Wimaxで簡単に繋がりました。
そして、Amazonアカウントを設定し、個人情報をkindleに紐付けます。






その後、簡単なチュートリアルを経て、メイン画面が表示されます。






と、ここで気付いたのですが、kindleってスクリーンショットが撮れるんですよね。
結構簡単で便利です。
(左上と右下をタッチでもOKです)






kindleの設定画面と内蔵辞書です。
国語、英和、英英辞書が入っています。
調べたい単語を長押しでタッチすると、意味が調べられます。
非常に便利です。






で、早速本を購入してみました。
青空文庫の「坊ちゃん」をダウンロード。
容量が小さいこともありますが、WiFiでは一瞬で終わりました。






無料本の為、会計処理はないですが、Amazonアカウントと紐付いているため、
有料の本もワンクリックで購入できます。

表示画面は噂に違わず、非常に綺麗で見やすいです。






最後に手持ちのコミックを入れてみました。
こちらは、電子書籍管理ツール「Calibre」を使用して、mobiファイルに変換しています。






さすがに文字が多いのは読み難いですが、「よつばと!」くらいなら十分読めます。
ただ、コミックの場合、容量が結構大きいのがね…。
kindle自体、2Gの容量しかないので、読み終えたコミックをどんどん削除していかないと
すぐ一杯になってしまいます。

自炊派の端末としては、ちょっと厳しい感じです。


さて、駆け足でkindle Paperwhiteを紹介してきましたが、
3日間使用した感想は以下の通りです。

  • 読みやすく、目が疲れない
  • これはもう文句ないです。最高です。


  • 自炊の小説、コミックも結構読める
  • あまり期待していなかったのですが、十分です。


  • 読書が捗る、捗る
  • 普段から結構本は読むのですが、ここ3日間、通勤電車内でkindle三昧です。
    おかげで「どうぶつの森」を放置中…。再起動が怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


  • kindleで本を読んでみようかな?、という人にはお薦めしない
  • kindleは本好きの人が、もっと本を好きになる端末だと思います。
    普段本をあまり読まない人が購入しても、すぐ飽きてしまう気がします。
    媒体が変わろうが、本は本ですから。kindleだから本を読むわけではありません。


  • 電子書籍といっても結構値段は高い
  • 上記のお薦めしない理由の一つは、これです。
    「電子書籍=安い」というイメージがありますが、実際はそうでもないです。
    kindleストアを見ると、大体10%〜20%引きといったところです。
    (セール品は除く)
    物が手元に残らない電子書籍としては、ちょっと微妙です。
    洋書は安いんですけどね。

    目には優しいけど、お財布にはあまり優しくありません。


以上、本好きにとっては、最良の端末であることは確かです。
1万冊以上の青空文庫は無料で読めるし、気になった本があれば1クリックで購入できます。

ただ、これはKindle Paperwhiteじゃないと出来ないわけではなく、
iPhoneでもAndroidでも同様の事が出来ます。
本の値段的にも、BOOK OFFで買ったほうが安い場合も多いです。
電子書籍端末としての「kindle」にどれだけの価値を求めるか、
そこが購入基準になるような気がしました。


これから夜が長くなっていくこの季節。
kindle Paperwhiteで読書はいかがですか?


Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite


Amazon.co.jp
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る by AZlink





【スポンサード リンク】






この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。