広告

posted by fanblog

まったくのノーマークだったのですが、
どうも5月5日から6日にかけて、月が大きく見える
スーパームーン』という現象が発生するとのこと。
ちょっと名前がアレですが、早速チェックしなければ!








 今夜は“スーパームーン”…大きくて明るい

   ほんと、ついさっき知ったのですが、
   通常の満月より大きく明るくい満月の
   ことらしいです。

  




月が大きく明るく見える原理としては、月の軌道が楕円形を描いているためで、
月が地球に接近したときに満月になると、スーパームーンになるということです。



  



次の動画は、NASAのスーパームーンの解説動画です。
全編英語ですが、何となく雰囲気は伝わります。



  



というわけで、早速ベランダに出てデジガメで撮影してきました。


使用カメラ



  CANON IXY 200F

   セール品で7980円で購入したコンパクト
   デジタルカメラです。
   このブログのほぼ全ての画像を、
   このカメラが担っています。






撮影場所・スタイル


 2Fベランダから、身を乗り出して撮影しました。
 三脚がなかったため、手ぶれを抑えながら撮ってます。
 デジタルズームを使用し、限界の16倍まで上げています。



スーパームーンの大きさを比較してみる


 ちょうど、去年末にとった満月の画像が残っていたので、それと比較してみます。
 撮影条件、デジカメの設定はほぼ同じです。

 まずは、並べてみます。


  



 これを見るだけでも、今回の満月の大きさ、明るさがわかりますよね。
 次に重ねてみました。
 12月11日の画像を50%透過して重ねています。


  



 重ねてみるとはっきりわかりますよね。
 一回り、5月5日の月の方が大きくなっています。


以上、パッと撮って、パッとまとめてしまいましたが、スーパームーンの大きさ・明るさを
実感することが出来ました。

今回はたまたま比較画像が残っていましたが、やっぱり記録を残しておくことは大事です。
こんな時、すぐに活用することができますから。

次は金環日食ですね! 今から楽しみです。


追記
 Yahoo知恵袋によると、次回以降のスーパームーンの予定は、
 こんな感じみたいです。

  >March 19, 2011
  >November 14, 2016
  >January 2, 2018
  >January 21, 2023
  >November 25, 2034
  >January 13, 2036

 これは、前回2011年3月19日の時の質問に対する回答なのですが、
 今回のスーパームーンが入ってないんですよね。

 予定では、次回2016年となってますが、もっと早く次のスーパームーンが
 見れるかもしれません。



 8000円のデジカメで撮る皆既月食

  2011年の年末の皆既月食の時に書いた記事です。
  絶好のコンディションで素晴らしい皆既月食でした。

  撮影条件はこの時とほぼ同じです。






 デジカメで撮る金環日食【フロッピー使用】

  5月21日の金環日食の様子を撮影してみました。
  事前の予報では「雲」とのことで心配したのですが、
  無事晴れて、なかなかのコンディションでした。








【スポンサード リンク】






この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。