広告

posted by fanblog
プロフィールにも少し書いていたのですが、 ブログを始めてからと
いうものの、前職のIT業界に戻ってみようかな、という気持ちが
強くなり、只今絶賛転職活動中でございます。はい。

で、ほとんど場合面接会場が都内になるんですよね。
埼玉の片田舎から都内まで出るのは、いささか一苦労であります。







そんなこんなで、今日も面接の為都内まで出かけていたのですが、
いやはや、世の中こんなにも転職・再就職に厳しくなっていたのかと、驚くばかりです。



   



特に私の場合、一度業界を離れてしまったため、ブランクがある分さらにきつくなる訳です。

そして、あとは年齢の問題ですね。
30代も半ばになると、年齢を言うだけで断られるケースも何度かありました。
書類選考を通るだけでも一苦労です。

今この時代に転職・再就職を考えられている方、それを成すためには相当な覚悟で
挑む必要があります。
安易に退職せず、じっくり考えてから実行に移してください。


ちょっと話がそれちゃいましたが、今日の面接会場が秋葉原から近かったこともあり、
帰りに寄り道してきました。

秋葉原に来るのは、この記事以来になるので、約半年ぶりのことになります。



 秋葉原に突如現れた人工衛星を見て来た
  秋葉原に墜落した人工衛星を観に行った
  レポート記事です。

  詳しくは記事をご覧ください。





私は生まれが大阪で、就職するまでずっと大阪で暮らしていたせいで、
よく日本橋の電気街へ行っていました。大学時代はほぼ毎日というくらい汗
そして、行く度に街の変化に驚いていたものですが、秋葉原は日本橋以上に変化が速いです。

例えば、今日ブラっと歩いただけでも、



前述の記事にあるラジオ会館が完全に消滅していたり、

  



その横にあった商店街の現状に哀愁を感じたり、

  



中央通り、JR高架下の一等地が「マツモトキヨシ」に変わってたり、

  



中央通り、Docomoショップ横に新しいビルが建っていたりと、日々街が変化しています。

  



あっ、でもここは相変わらずでした。平日のお昼過ぎだというのにこの行列。
さすがAKB48は大人気です。

  






 そんな中で一番驚いたのは、記事のタイトルにもしてる
 書泉ブックタワーの変わり様です。

 ここは秋葉原のランドマーク的な場所で、ある種の本の
 「聖地」と化しています。

 特に有名なのが、秋葉原にあるがゆえに、PC関連の
 技術書が利用しやすい2Fに位置していたことです。

 ここにくれば大抵の本が揃うので、私もよく利用して
 いました。







それが今日行ってみると、2Fに上がった途端、違和感を感じたんですよね。
何かが違うと。

どうみても、一般の書店と同じように普通の文庫本が周りに鎮座しているのです。
あわてて案内板を確認すると、






 なんと、2Fが文庫・新書関連になっており、
 PC関連の技術書が3Fに移動しているではないですか!
 私にとっては大ニュースです。

 しかもよく見ると、売り場が縮小されているのです。
 以前は技術書のみで2Fを構成していたのに、
 現在は経営・就職・資格・語学が一緒になっています。

 ネットの情報が充実したせいで、紙の本が売れなく
 なっているのが原因かもしれませんが、ちょっと寂しい
 思いです。

 まだまだ本には本の優位性があります。
 パッと手軽に読める、引けるといった面では
 特にそう感じます。





Amazonのkindle上陸が決定的な今、今後の出版業界はどう変わっていくのでしょうか。



 Amazon、ついに「Kindle」を日本発売!
   しかもドコモ回線が無料で使い放題の神プラン!


  本好きとしては非常に楽しみです。
  多分、買っちゃうんだろうな…。






以上、久しぶりに行った秋葉原の簡単レポートでした。
そして、今回の秋葉原で一番の収穫は…、明日明後日の記事で!

 ・【よつばと】ひめくり2012難民は秋葉原K-BOOKSへ急げ!







【スポンサード リンク】






この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。