広告

posted by fanblog
12月15日、Android版「Google日本語入力」のβ版が
公開されました。

Androidの日本語入力といえば、ATOKが有名ですが、
ついに真打ち、OS開発元Googleの日本語入力が登場です。
ということで、早速ダウンロードして使って見ました。







  1.動作確認環境


 今回私が動作確認した環境は以下の通りです。
 画像クリックで、該当サイトへ移動します。


 ・Android端末

  Docomo GALAXY Tab SC-01C

   インターネットやWEBコンテンツを
   新感覚で楽しめる約7.0インチ大画面
   ディスプレイを備えたAndroid端末。

   この絶妙なサイズが良いです。
   電子ブック、ブラウザ、エディタとして
   大活躍中です。




 ・Bluetoothキーボード

  Apple Wireless Keyboard

   何と言ってもケーブルがないのが魅力。
   このコンパクトさゆえに、持ち運びにも
   苦労しません。
   まさに、書きたいときに書けるキーボード
   として重宝しています。
   Android端末では、日本語キー配列を
   認識しないので、US版を使っています。




 ・端末ケース

  BELKIN Galaxy tab用
     レザーケース兼スタンド


   動作環境とは関係ありませんが、
   私が使用している端末ケースです。
   スタンドとしても使え、しっかりと端末を
   固定してくれます。
   バンドがカメラカバーとして機能している
   点など、細かい所まで考慮されてます。





 ・確認アプリ

  Jota Text Editor

   長文テキストの編集向けに設計された
   テキストエディタです
   無料で使用できるエディタとしては、
   最強だと思います。

   アップデートも頻繁に行われており、
   今後も期待できます。



 こんな感じで使ってます。
 図書館・カフェ等、場所を選ばず手軽に文章を書けるので、非常に便利です。


  



  2.インストール


 他のアプリと同様に、Androidマーケットからインストールします。
 現状、タブレットはサポート対象外となっていますが、問題なくインストールできました。


  



  3.各種設定


 Google日本語入力を使うために、各種設定を行なっていきます。


 ・Androidの設定

  



 ・Google日本語入力の設定

  


  Bluetoothキーボードで使用するためには、入力キーボードの設定を
  「qwerty」にしてください。

  「ケータイ配列」のままだと、「AA」と入力した時、「ああ」とならず
  「あ→」となってしまいます。

  また、横画面で使用する場合は、「横画面の入力設定」も同様の設定を行なって下さい。



  4.基本操作


 まずは、使用するアプリ上で、画面をちょっと長めにタッチし「入力方法」の設定を行います。
 下記の画像のように、「Google日本語入力Beta」にチェックを入れてください。


  


 ・基本操作

  Bluetoothキーボード上での操作方法は、次のようになります。

  Apple wireless keyboardを使用した場合の操作になります。
   他のBluetoothキーボードでは、ちょっと違うかもしれません。


  • 「Esc」キーで日本語入力解除。再度、画面タッチで
    日本語入力ができるようになる

  • 変換はスペースで行う

  • 矢印キーの左右を使って、変換範囲の変更ができる

  • 変換候補にカーソルを当てた状態でリターンキー、または
    そのまま次の文字を入力する事によって、変換が確定する

  タブレットと同様に、ハードウェアキーボードも現状はサポート対象外ですが、
  特に問題なく使用出来ました。

  ザッと使ってみただけなので、もっといろんな機能があるかもしれません。



  5.実際使ってみた感じ


 言葉だけではわかりづらいので、使っている様子を動画に撮って見ました。

 初めて動画をYouTubeに上げたので、設定等いろいろ改善点があるかと思いますが、
 Bluetoothキーボードで入力しているイメージがわかってもらえると嬉しいです。


 1)色んな変換を試して見る

  Google日本語入力の特徴でもある豊富な語彙は健在でした。
  ただ、郵便番号からの住所変換は使えなかったです。






 2)ちょっと長めの文章を入力して見る

  この記事の文章は、今回紹介した環境で書いています。
  ちょっと不便なところはありますが、この程度の文章なら問題ありません。
  (詳しくは、7.デメリットにて)






  6.メリット


 今回、タブレット+Bluetoothキーボードで使ってみて、「いいな」と思ったのは
 次のような点です。

  • サクサク動く。ほんと非常に軽い。

  • 何と言っても、変換精度が凄い。

  • タブレット向けには最適化されていないが、十分使えるレベル。

  • Bluetoothキーボードもある程度使える。

  • 無料。ATOKを使う必要がないくらい。

  • PC版の機能が、ほぼそのまま使える。
    「z + h,j,k,l」の矢印変換は嬉しい。





【スポンサード リンク】






この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。