2020年04月17日

新型コロナのパンデミックとその裏にあるもの


まず最初に4月5日の「アセンションタイムラインとコロナウィルスの終焉」のための世界瞑想のご報告をいたします。
この日800万人が知らされ、全世界で110万人の参加者があり大成功でした。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

これについての詳細は以下の動画でごらんください。


今日は他に数点、動画のなかにもでてきますが、ビルゲイツやWHOの関係等について触れてみたいと思います。

まず、このパンデミックが本当に必要不可欠なものだったのかということです。

いま日本でも「緊急事態宣言」が出されましたが、テレビやメディアでは連日感染者や死亡者の数、そしてどこそこで感染者何名、今日の感染者何名とこれまでの歴史にないほどの大パンデミックのように煽っています。
そうです。これは文字通り「あおり」です。

もうテレビも見たくありません。もともとテレビは見ない方ですが、ニュースは今ネットで目にする情報で十分です。

コロナの感染は自己責任です。死ぬときは死ぬし、自分が人に迷惑かけないように自宅で大人しくしていれば大丈夫でしょう。

それより、これに乗じて経済に打撃を与えようとする闇の意図が頭にくるのです。

メディアを使って恐怖心を煽り、人を洗脳するという行為が見え見えなのです。

以下2つの動画を紹介しますが、こちらを見ればいかに私たちが扇動されているかが分かると思います。


そしてこちらがアメリカで死亡診断書を、コロナが直接の死亡原因でなくてもそのように書くように要請を受けた医師の話です。
アメリカでは病院にコロナ感染者が入院すると約140万円が支払われ、もしその患者が人工呼吸器を使用したら約420万円が支払われるといっています。
すこし長いですが、最後の方は興味深いです。


以上のビデオで分かるように、患者が押し寄せている病院の風景もどうやら真実とは程遠く、死亡者の数もどこまでが本当か分からない現状。

私がとっているメルマガの田中氏はこう述べています。

「新型ウイルスの被害は、致死率だけでなく、重篤性においても、言われているより低い感じだ。世界各地で、中程度以下の発症者のために作られた即席病院に入院する人がとても少ない状況になっている。英国では全国の6カ所に、展示場や体育館などにベッドを置いた「ナイチンゲール病院」を作ったが、ほとんど入院者がいないままだ。4千床を計画したロンドンのナイチン病院は開設から1週間
たったが19人しか入院していない。マンチェスターやバーミングハムでは、まだ誰も入院していない。7つ目のナイチン病院は作るのを棚上げした。」

「米国では陸軍が、感染者多発のシアトルのアメフト球場を野戦病院したが、ここも入院者がいないので4月10日に撤去することが決まった。日本でも、東京都や神奈川県などがホテルや保養所を軽症者用の入院施設にしたが、神奈川県では20人ほどしか滞在していない。英米日とも、無発症やすぐに治ってしまう軽症者が意外と多いと考えられる。」


またドイツでは「都市閉鎖が感染拡大の効果に期待できるか疑問であるし、憲法違反だ」と主張して政治運動を起こそうとした医療に詳しい弁護士が逮捕されて、精神病棟に入れられてひどい目にあっているらしいです。

いま私たちに何ができるかという疑問に答えるように、こちらのブログが「ビル&メリンダ・ゲイツ財団に犯罪調査が入るよう求める嘆願書」に署名を!という記事を出しています。

賛同いただけたら署名をお願いします。ブログ内に詳しく署名の方法が書かれています。上記をクリックしたら記事の内容が読めます。

ビルゲイツに関しては過去ログを参照して頂くと分かると思いますが、このパンデミックの首謀者であり、WHOのテドロスと共謀しています。

テドロスに関してはこちらの動画が詳しいです。

こういう扇動に乗じて我々人間は自らを滅ぼさないように賢明でいたいですね。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9782512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
heiligeeuleさんの画像
heiligeeule
ドイツ在住の経験を色々語ってみたいです。 時々覗いて下ると嬉しいです。リンクも断りなく貼ってください♪ よろしくお願いします。
プロフィール
ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント