広告

posted by fanblog

2017年06月24日

コオニユリ

_K509650.jpg

コオニユリはユリの中でも花びらがガクの方へ くるっと反り返っていてオレンジ色に褐色の斑点がある。

オニユリとの区別は葉っぱの付け根に黒いムカゴが出来るか出来ないかで分かるらしい。
(オニユリはムカゴが出来る)

またコオニユリの方は開いた花びらの端から端までが10cm内外でオニユリは15cm以上になる。

花の時期は7~8月

花の色は橙色

草丈は1〜2m

花の大きさ 10cmほど

日照 日向・半日陰

耐寒性 強い



花言葉は「情熱」「陽気」「荘厳」など。


これらの花言葉は夏の日差しの強く暑い時期でもスッと姿勢良く育つ潔い様からきているのではなかろうか。



育て方としては日当たりが良く水はけが良い土壌で真夏は半日陰になるような環境を好む。

風通しも良い方が良く育つ。

球根はユリ根として食べられるが蒸れる様な環境だと根腐れしてしまう。

_K500053.jpg

町中でも育っているのを見るが、個人的には暑い夏の夕方前に里山(〜1000m)や山地(1000~1700m)に群生して咲いているのを見ると心が和む。


花を撮るときに私は記録以外で群生や引き(望遠で離れて、または広角)で撮ることは避けるが、コオニユリに関しては例外の一つ。

暑さと群生を表現したいと考えるので山肌に陽が落ちる前の半逆光で撮りたくなる。

イメージは「もう帰ろうかなぁ」


幼少期に育った、山で遊んだ夏の思い出がそうさせるのかもしれない。


** 今日も御覧 頂きありがとうございます。**


下指差しランキング参加中です、よろしければ1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6393283

この記事へのトラックバック
検索
 お知らせ! 

当サイトや野鳥のサイトなどで公開中の写真の一部を大きめのサイズでダウンロード可能にしたサイトを併設しました。
無料写真素材:photofessional
>>>エントランス

当サイトと合わせて今後とも よろしくお願い致します。

プロフィール
フォトフェスさんの画像
フォトフェス
花・野鳥・風景を中心に写真を撮っています。
プロフィール
リンク集
ファン
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。