広告

posted by fanblog

2017年12月28日

カタクリ・カタコ・カタカゴ・エリスロニウム

[2017年12月28日に体裁を整理し情報を追加]
K_010157.jpg

[基本情報]


別名:カタコ・カタカゴ・エリスロニウム(英名)

英名のエリスロニウムはギリシャ語のerythros(赤)に由来しヨーロッパ原産種の花色にちなんでいる

花の時期は2~5月

花の色は白、赤、桃色、紫、黄色

草丈は15から30cm

花の大きさは4から6cm

葉っぱは細長く先が尖っている

日照 日陰

耐寒性 強い


花言葉


「おしゃべり」「初恋」など

育て方


基本的に日陰を好む。
鉢植えなら赤玉4に対し軽石か鹿沼土を4と腐葉土2の用土を用意するとよい。
水は切れないように与えた方が良いが過湿して蒸れると球根が弱る。
落葉樹の下など秋から春は半日陰になり、夏は涼しく風通しの良い日陰になるような場所を好む。
球根を植えるのは10月が適期。
鉢植えなら球根が深く潜るので深めの鉢が良い。
開花時期には液肥を1週間から2週間おきに与えると良い。
寒さには強いが鉢植えの場合は冬の休眠期に土が凍結しないような環境が良い。
生育環境が整っていれば翌年も花を咲かせる。

食用


葉と花を天ぷらか さっとゆでて和え物かおひたしに。
花は酢の物にも利用できる。
あくまでも自分で育てた物を食用にして自制したものや人の土地の物を採取しないようにしたい。
特に花後の鱗茎は昔片栗粉の原料だったがカタクリは絶滅危惧種。

撮り方



S1005477.jpg

元々の花の色は赤や桃色だったらしいが今では白、紫、黄色などが見られる。
群生している様子を引き(広角、または望遠で離れて)で撮ると画になる。
単独で咲いているものを撮るなら葉っぱと花の間が離れているので背景に余計な物が写らないアングルを選んだ方が良い。

K_010155.jpg


** 今日も御覧 頂きありがとうございます。**

下指差しランキング参加中です、よろしければ1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6226656

この記事へのトラックバック
検索
 お知らせ! 

当サイトや野鳥のサイトなどで公開中の写真の一部を大きめのサイズでダウンロード可能にしたサイトを併設しました。
無料写真素材:photofessional
>>>エントランス

当サイトと合わせて今後とも よろしくお願い致します。

プロフィール
フォトフェスさんの画像
フォトフェス
花・野鳥・風景を中心に写真を撮っています。
プロフィール
リンク集
ファン
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。