広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

凝固亢進マーカーと線溶亢進マーカー

凝固マーカー

・F1+2(プロトロンビンフラグメント)←プロトロンビンがトロンビンになるときにできる。
・TAT
・FPA(フィブリノペプタイドA)
・SFMC(可溶性フィブリンモノマー複合体)


***************************************************************************

線溶マーカー

・FDPおよびDダイマー
・PIC(プラスミン・プラスミンインヒビター複合体)
・t-PA
・u-PA


これだけ覚えておけば問題なし!!

骨髄異形成症候群にみられる血球形態異常


骨髄異形成症候群(MDS)にみられる血球形態異常

1.赤血球系の形態異常

・赤血球大小不同,

・赤血球好塩基性斑点

・巨赤芽球様変化

・多核あるいは分葉核赤芽球

環状鉄芽球(←重要な所見)

・PAS陽性赤芽球

*********************************************************************

2.顆粒球系の形態異常

偽ペルゲル核異常

・顆粒形成不全

・ペルオキシダーゼ陰性好中球

・好中球アルカリホスファターゼ活性の低下

単球様細胞の増加

芽球の増加

*********************************************************************

3.血小板系の形態異常

・巨大血小板

・血小板顆粒の減少

小型巨核球

・円形単核巨核球
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。