広告

posted by fanblog

γ-GT(γ-glutamyltransferase)とは

γ-GT は,アミノ酸トランスフェラーゼの1つで

グルタミン酸γ-カルボキシル基を他のアミノ酸に転移させる働きがあり

生体内ではグルタチオン(γ-グルタミルシスチニルグリシン)の代謝・輸送に関与していると考えられています。

人では腎臓に最も多く存在しているが,血清中のγ-GTは

ほとんど肝臓に由来
している。(尿中のγ-GTは腎臓由来)

γ-GTは細胆管に結合している膜酵素であるため,ミクロソーム分画に存在する。

臨床的にはアルコール摂取に鋭敏に反応するため,

アルコール性肝障害の有用な指標になるほか,胆管閉塞・肝炎・肝硬変・薬物中毒などでも上昇する。

基準値は50(女性は30)U/L以下で,50U/L以上では肝臓にダメージ有りと判断する。

性差の原因は,アルコール摂取量と関係があると考えられている。

測定法として,
日本臨床化学会は「L-γ-グルタミル-3-カルボキシ-4-ニトロアニリド」を基質として

測定する方法を勧告している。


この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。