広告

posted by fanblog

臨床検査技師国家試験出題基準

臨床検査技師国家試験は現在第1章〜第10章で構成されています。

その内訳は以下のとおりです。

1. 臨床検査総論
2. 臨床検査医学総論
3. 臨床生理学
4. 臨床化学
5. 病理組織細胞学
6. 臨床血液学
7. 臨床微生物学
8. 臨床免疫学
9. 公衆衛生学
10.医用工学概論

そしてこれらはそれぞれ大項目,中項目,小項目に分かれています。
これらを把握することは臨床検査技師国家試験を突破するために必要不可欠です。

しかし,某出版社から発売されている本は2000円もします。
それを買うのは勿体ないと思ったので・・・
厚生労働省のサイトから配布されている
臨床検査技師国家試験出題基準(平成23年度版)のPDFファイルをひとまとめにしました。

工夫としては,PDF2ページ分を1ページにしてから
さらに10個のPDFファイルを結合しているため
41ページまで圧縮されていますので,そのまま印刷しても410円で済みますし,
さらに50%縮小をかければ210円で済んでしまいます。

それでも十分,視認性は保たれますのでご安心ください。
臨床検査技師を目指す学生たちには必ず役に立つと思います。



ダウンロードはコチラから!


この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。