広告

posted by fanblog

中枢モノアミンと臨床症状

統合失調症

中枢モノアミン性神経系の異常と考えられており,原則として

・ノルアドレナリン作用の過剰

・ドパミン作用の過剰

・セロトニン作用の減弱


の状態にあるといわれている。

それぞれのモノアミンによって起こる臨床症状は以下のとおりである。

ノルアドレナリン過剰:
 不安感,焦燥感,妄想気分

ドパミン過剰:
 幻覚,妄想,思考障害,
 常同症状(同じ姿勢・動作・言葉などを無目的・無意味に長時間持続・反復する症状。
 爪噛み、指しゃぶり、頭突き、手を振る、体をゆするなどの動作が多い。)

セロトニン減弱:
 自閉,接触性障害(患者は社会的接触を恐れ、それを避けようとする症状を示す。)
 感情・意欲鈍麻

従って,統合失調症の陰性症状は,主としてセロトニンの減弱によるものである。

リラックス状態を示す脳波であるα波が確認できるとき,

脳内セロトニンが高まっていることが知られている。

(セロトニンがα波形成に寄与していることが知られている。)

[広告]
「ずっと続いてたイライラ・気分の落ち込みがなくなりました!」
米国特許に続いて日本国内特許を取得!
ウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリ



この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。