プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
2013年、何か新しいことを始めようと、ツイッターとこのブログを始めました。 ツイッターのアカウントはこちらです。 https://twitter.com/Petit_Soleil17
ブログ
プロフィール
最新記事
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
Marche(32)
INFO(65)
History(28)
ネタ(10)
健康(10)
BOOK(21)
ビジネス(21)
メルマガ(4)
料理(14)
ネット(9)
社会(2)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

広告

posted by fanblog

2013年03月06日

神代文字が明かす消された歴史の謎

「ヒエタノアレモコロサレキ」(稗田阿禮も殺されき) 
古代日本は唐に占領された ― 漢字文化に抹殺された眞實 より転載

**************************************************************************************
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/848.html

太古、日本の王は世界を治めた!―
神代文字が明かす消された歴史の謎
高橋 良典 (著)

http://www.amazon.co.jp/太古、日本の王は世界を治めた-―神代文字が明かす消された歴史の謎-高橋-良典/dp/4198601550
 
 
内容(「BOOK」データベースより)

世界各地に遺る岩に刻まれた文字が何と日本語で読めた。

この神代文字の解読と神話の謎解きで、日本人のルーツは、世界最古の歴史を誇るティムルンの民、カラ族であり、その王は世界を治めていた、と手ぎわよく明かす。

内容(「MARC」データベースより)

ロスチャイルド財閥が日本の神代文字に異常な関心を示しているのはなぜか。

「隠蔽された地球史」とは。世界中の碑文・幻の文字の謎を明かす鍵が日本の古代文字に。

太古日本の歴史の真実を読み解く。〈ソフトカバー〉*
 
 
目次

はじめに

 ロスチャイルド財閥が日本の神代文字に異常な関心を示している!?
 四国・劍山には世界の王のしるし≠ェ眠っている!?
 隠蔽された地球史≠ェ今、明らかにされる!
 
 
プロローグ “太古の秘密”を解き明かす―“地球探検”の旅へ

 「世界の富の半分を所有」するロスチャイルド家
 情報に錬金術を行使する一族の存在
 世界中の神話はお互いによく似ている
 太古の祕密を解き明かす鍵は神代文字だ!
 日本の神代文字で世界の未解読文字が読める 伊勢神宮の不思議な文字≠ェ語りかける
 神宮文庫の謎の奉納文が読めた!
 さまざまな字体があった日本固有の古代文字
 奉納文はニセモノではない!
 神代文字は地球探検≠フマスターキーだ
 
 
第1章 “彼ら”が今、必死で探し求めているもの―古代のスーパー・テクノロジー“ヴィマナ”
 アンデスの黄金板碑文が投げかけるメッセージ
 ロスチャイルドの関心と神代文字が重なった
 太古日本・クル族の脅威の航空機ヴィマナ
 世界各地の伝承と遺物が証明するヴィマナの実在
 地球各地から月や火星に飛んだヴィマナ
 輝いていた太古日本カラ文明の数々
 原日本人・カラ「クル」族の保持した宇宙文明の証明
 トラーやF・D・ルーズベルトも追い求めていたクルの宝
 
 
第2章 “漢字の呪縛”を解き放て―今、解かれる歴史の“闇の封印”

 『日本書紀』の「古き字」とは何か?
 古鏡に残された神代文字銘文を読む
 従来の解釈には問題≠ェありすぎる!
 何が書かれているのか? ― 新しい解読の真実性
 覆された「上古文字なし」の通説 ― 何が問われるべきか
 漢字の呪縛から離れよ ― 復権する古代日本
 心ある学者は既に古鏡銘文の見直しの必要を感じている
 イヅモ文字で読めた古鏡の銘文が表わす王
 古代文字文化圏との遭遇 ― 広がる日本$「界
 神代文字は「甲骨文字」成立の時点までさかのぼる!
 
 
第3章 古代日本は中国に占領された―漢字文化に抹殺された真実

 神代文字を抹殺した恐るべき黒い勢力≠ェある
 中国の日本占領GHQ≠ヘ大宰府に置かれていた
 日本解体≠目にした天武天皇の憤慨
 稗田阿礼は神代文字の通訳≠セった
 ヒエタノアレモコロサレキ ― 知りすぎた男の悲劇
 ベールに覆われた日本人の祖先の歴史
 闇の封印≠フ外にある『契丹古伝』の発見
 紀元前の日本史と世界史の虚構が暴かれる!
 「漢字の発明者・蒼頡(そうきつ)」の碑文がいまだに解けない漢字国・中国の謎
 中国・戦国時代の斉(せい)は出雲の国の事だった!? 紀元前の中国史を書き換えた西から来た人≠ニは何か?
 
 
第4章 伝説の楽園“ティルムン”を求めて―インド“高天原”への道

 シュメール伝説の楽園「ティルムン」はどこにあるのか?
 インダス国家こそティルムンだった!
 インダス文明のベールをはがそう
 サーンチー文字が神代文字で読めた!
 暗号文書=w新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』からの出発
 日本人はデカン高原からやって来た!
 実在の歴史がアナグラム≠ノよって神話化されている
 暗号解読の五法則≠ナ身近になるインド
 
 
第5章 世界に雄飛した太古カラ族―インダス文明の建設者は日本人だった
 幻の蓬莱山(ほうらいさん)をめぐる「宮下文書(みやしたもんじょ)」の新視点
 『宮下文書』の「大原(おおはら)」はボーパールか?
 「高砂の不二山(たかさごのふじさん)」の正体が判明した!
 デカンの民族大移動を証明する
 面足命(おもだるのみこと)≠ヘハスティナープラの大王だった
 インドの天神族′ケ流の地を行く
 シュメール伝説のウトナピシュティムは日本神話の天御中主(あめのみなかぬし)だった!
 東冥(とうめい)→東表(とうひょう)→東大国(とうたいこく)に隠されていたティルムン=日本の証明
 インダス人が日本人の祖先だった事を示す祈りの言葉「生命永遠な在れ(いのちとわなあれ)」
 鍵を握るウジャインのカラ族が残した神代文字碑文
 バージャ石窟にはっきりと残されていた「カラ」の銘文
 今よみがえるインダス文明を担った古代日本のカラ族の歴史
 インド古代史と日本古代史がついに一致した!
 
 
第6章 太古日本の王は世界を治めた―実在した!幻の東大国ティルムンの王

 原日本人・カラ族の足跡を求めて
 太古日本の真相を明かす『契丹古伝』の三つの秘史
 古代アフリカ、アジア、アメリカ一帯を治めた神祖スサダミコ
 大王スサダミコとカラ族(日本人)の「五原」(五大陸)統治
 エクアドルでの縄文土器発見が意味するもの
 アフリカ古代碑文にも登場するスダス=i=スサダミコ)神代文字
 世界各地で確認され始めたスサダミコの足跡
 世界に向かって視野を広げたとき、古代日本人の真の姿が見えてくる
 紀元前の地球規模の大異変には世界大戦≠烽ゥかわっている!?
 代の核戦争≠叙述する『マハーバーラタ』
 
破滅的な戦争が古代世界で何度も起こった!?
 『山海経(せんがいきょう)』が明かす驚異の太古世界
 『淮南子(えなんじ)』に記された禹(う)の地下都市は実在した!
 世界全土を統治していた夏(か)王朝の禹(う)
 『東日外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』が明かす真実の歴史 ― 夏王朝はアソベ王朝だった! 太古日本のアソベ王朝とツボケ王朝は世界王朝だった!
 
 
エピローグ 太古日本は世界に広がっていた―二十一世紀“地球統一国家”の夢

 インドの「タミル」もティルムンに由来する
 縄文文明の見直しが始まった! ― 豊饒な古代世界の交流
 あなたの先祖はアフリカ系? ― 意外な渡来もあった太古日本の広がり
 世界各地の遺跡が示す原日本人・カラ族の高度な古代文明
 言語が示すイスラエルとのつながり ― 八阪氏のルーツ再び
 あなたの先祖はエトルリア人? ― カラ族はローマ帝国建国にかかわった!
 碑文でたどれるカラ族地球大移動≠フ足跡
 太古の宇宙船「サブハ」で世界を巡行した日本の王
 天神降臨(てんじんこうりん)≠ゥら始まる古代世界の驚異の歴史の実相
 アッシリアと戦った太古日本のティルムン王
 太古、日本の王は世界を治めた≠アとを忘れてはならない
 ティルムン世界王国の再建と五原の統治
 太古日本=ティルムン王の世界統治を裏づける神代文字碑文
 日本発、歴史上の大発見時代が始まった!
 
**************************************************************************************
アトランティスにいた攻撃的な人々とムー大陸の平和的な人々の間に、核戦争がおきて
人類は滅亡した。

生き残った人々が縄文時代から、歴史をまた、やり直したってことか!

高度な文明があったとしても、ほとんどの人々が虐殺されたら、ゼロから文明を始めなくてはならない。

しかし、考え方とか、思想はどこか残っている…。

日本人は、超古代ムーの生き残りの子孫だと思う。 (´・ω・`)


posted by ぷちそれいゆ at 11:21| BOOK
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。