広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
画像公開

ペンペン
A8.netで小遣い稼ぎ... 少しでも収入になればいいんだが.. 今月もトップの方はな.なんと、 120万円、2位→105万円、3位→94万円、うらやましい限り でも素人ではないなぁ。 *注:2008年3月時点
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
カテゴリアーカイブ
クリックしてね ↓

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com="">
オンラインストアの開設は、お試し無料のカラーミーショップ で!
[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!



月別アーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2017年01月14日
ローグワン
遅まきながらローグワンを見てきた
評価に関しては当然だか賛美両論ある
ただ、今までのスターウオーズとは明らかに異質だ
間違いなくスピンオフ(番外編)である
登場人物全員、地味だが、もっとも現実味があるかも知れない
全員が死にたえ、主人公二人の消滅も美しすぎる
本流のスターウォーズを引き立てさせるスパイス的内容に徹し、、
ますます、「フォースの覚醒」に続くエピソード8を楽しみにさせたといえる

元帝国軍ドロイド、、K-2SO(K-2)
k2.jpg

2016年12月26日
君の名は
ローグワンを見るつもりが、
何故か、「君の名は」を見るはめになってしまった

あらすじ等一切知らずに予備知識もなくだ

夏ごろからの放映で現在もフル回転で上映しているのも初めて知った
いかにヒット作であるかを如実に示している

日本だけでなく中国でも大ヒットしているらしい
繊細な描写によるアニメ、ほのぼのとした青春恋物語だが
実は超SF的な内容を秘めた作品である
歌もヒットしているらしい? この映画で初めて聴いた
(RADWIMPS 前前前世 紅白決定)

特に下記の二点について記しておく

T.魂が入れ替わる → 荒唐無稽なのであまり見かけないがオチだが
  それでもある

 スタートレック / 宇宙大作戦==「変身!カーク船長の危機」
 異星人の高度な遺産?精神転移装置なるものにより、
 レスター博士(女性)とカーク船長の魂だけが入れ替わるストーリー
 船長の権限がいかに大きいものかよく理解させられる話だ

U.タイムパラドックスの矛盾解消の為のパラレルワールドの設定

 SFによく見られる手法である、まぁ、何でも有りになってしまうからね
 猿の惑星の続編、スタートレックシリーズでも持ち込まれている

2016年12月20日
『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日より公開中だがまだ鑑賞していない。是非見てみたい。
本作は女性(ジン・アーソ)が主人公となっている。

最近は本流のスターウオーズでもレイが主人公としてしばらく続くものと思われる。
・「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)」2015/12/18公開
・「エピソード8(仮)」2017/12/15公開予定等。

もはや女性が主人公というのは当たり前の時代となった。
スターゲイト(SG−1)のカーター中佐、
スタートレック・ヴォイジャーではキャスリン・ジェインウェイ大佐だ。
新たな視点と斬新さも加味され、従来のオタク層にとどまらない。
女性ファンも含めた新たな層も取り込むのでは?とも思われる。

2016年12月18日
スタートレックビヨンド
本作は映画『スタートレック』の第13作目に当たり、『宇宙大作戦』(TOS)の物語である。
TOSは1965年に製作されたパイロット版「歪んだ楽園」を起点としている。
アメリカのテレビドラマでは1966/9/8に「光るめだま」が最初の放映でスタートしており、ちょうど50周年を迎えた。

画像はビヤンドグッズ
IMG_2483.JPG
beyond.jpg

映画の中でのスポック大使(レナード・ニモイ)の追悼、又、ロシア生まれの宇宙艦隊士官パヴェル・チェコフ役として活躍していた俳優のアントン・イェルチンが2016年6月19日に事故による夭逝、これに伴う哀悼の意を示すための追加撮影? 更には映画巻末での緊急追悼、いろんな意味でもおすすめしたい一作だ

2016年07月18日
インデペンデンスデイ・リサージェンス
喜びいさんで本映画を封切りと同時に見に行った。

奴らは再びやってきた。目的はただひとつ。想像を超えた巨大さと破壊力で、人類を滅ぼすために!(オフィシヤルサイトより) 1996年に製作・公開され、世界中で大ヒットを記録したSFパニック超大作「 インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編である。前作は自称SF好きの自分にとって、1、2位を争うぐらい好きな内容であった。

だが、本作は残念ながら多くの人が辛口コメントをしているように、大きく期待外れなものであった。
単純にエイリアン的思考が強すぎること、人間性のドラマが気薄なこと、ストーリ展開も非論理的なこと、冒険性もないこと等々上げればキリがない。
又、中国人親子が進出してきたのはビックリした。冒頭の牛乳も中国製?恐るべき中国資本かな.....。
謎の球体の出現は次回作を期待させるアイデアとしては評価出来る、是非、次回作は期待したい。


スター・ウォーズ/フォースの覚醒>=バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生>>>>>>本作かな



2016年03月07日
懐かしのTV〜刑事コロンボ

刑事コロンボ完全版 1 バリューパック [DVD]

新品価格
¥2,327から
(2016/3/7 08:08時点)



2016年02月22日
宇宙大作戦(スタートレック)

宇宙大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

新品価格
¥2,327から
(2016/2/22 21:28時点)



2016年02月22日
宇宙家族ロビンソン

2016年02月20日
タイムトンネル 日本語吹き替え版

タイム・トンネルDVD COLLECTOR'S BOX Vol.1

新品価格
¥14,317から
(2016/2/20 11:39時点)



2013年09月16日
マンオブ スティール
昨日、見に行った。
台風18号の影響で風雨が強くなっていたにも関わらず映画館は盛況だった。

本作は見る人が限られるのか、休日にも関わらず一日2本と上映本数が少ない。
字幕と日本語吹き替(3D)の一本づつであり、ふたつとも夕方以降からの上映である。
字幕派だが、上映時間が遅いので、3D(吹き替え)版を見た。
2時間半と長く観客もまばらだった。

だが、映画の内容はとてもすばらしく楽しめた。
従来のスーパーマンのイメージを完全に払拭する内容である。
娯楽性は質的に高くなり、スパーマンの心理的描写もシリアスに反映され
格調高いものに仕上がっている。
CGもより磨きがかかり、役者陣もすばらしく、おすすめである。


>> 次へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。