2019年06月10日

出産レポG (NST心拍低下で入院→緊急帝王切開)

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら
出産レポDはこちら
出産レポEはこちら
出産レポFはこちら

翌朝、手術後2日目の日も、

体はとても辛かったのですが、

助産師さんによると、その頃からだんだん体調が良くなってくる人が多いようで、

「明日(つまり手術後3日目)になれば、もうすぐ歩けるなと感じられるようになるよ」

などと言われました。



また、この日から、赤ちゃんと同室にすると言われたので、

荷物をヨロヨロとまとめ、

赤ちゃんが待っている個室に移動しました。



そこからは、赤ちゃんがいるとやはり力が湧くのか、

体の回復もだいぶ速度が速くなり、

みるみるうちに歩けるようになり、点滴のゴロゴロがすぐに要らなくなりました。



もっとも、ここからずっと母子同室なので、

この日から夜間授乳が始まり、結局寝られなくはなりました。



私の出産では、緊急帝王切開で、

もちろん赤ちゃんが安全に生まれてくることが第一だったので、

事前に状況が分かっていて、決断する決断に当たって時間があったとしても、同じ結論を出したと思うのですが、

現実には、5分位で、お腹を切る覚悟ができないままで、帝王切開に進んでしまい、

とにかくお腹が痛いし、傷も残るし、2人目3人目を経膣分娩することも難しいかもしれない、と思い、

産後のホルモンの変化も相まって、涙が出てくる夜も多かったです。



特に赤ちゃんと同室になるまでは、

頭では、赤ちゃんが安全に生まれた、とわかってはいるものの、

感覚としては、お腹を切られ、お腹の中にいてくれた赤ちゃんがどこかに行ってしまって、

赤ちゃんと会うための痛みなら陣痛には耐えられるけど、

ただ単に手術の痛みとしてお腹の痛みに耐えなければいけない、

赤ちゃんもどこかに行ってしまった、と言う喪失感の方が強く、

なかなか産後直後は辛いものがありました。



理由を説明しにくい気持ちなのですが、

痛いことがわかっていても、陣痛を経験し普通分娩をしたかった、と言う気持ちもかなり強くあり、

帝王切開の後、2人目3人目の出産は基本的に帝王切開になると聞いてはいたものの、

何とかこの後、普通分娩を経験することができないのか・・・と、夜な夜な検索をしていました。



帝王切開後の普通分娩はVBACと呼ばれていて、不可能ではないようで、

芸能人で言うと木下優樹菜さんなどが経験されているとのことで、

私にも可能性はあるのかな?と思いましたが、

手術の適応に、「子宮を横に切られている」というものがあると言う説もあるあり・・・

私の場合は多分子宮を縦に切っているので、なかなか難しいかなと思ったのと、

最近は、子宮破裂のリスクなどがやはり高いので、基本的にはVBACを勧めない方針の病院が多いようです。


まぁそれでも二人目を妊娠できたら、その時にもう一度考えようと思います。



傷跡も、別記事に書きましたが、かなり気になるポイントで、

私の場合は妊娠中にかなり酷い正中線が出て、

その正中線に沿って切ってもらえたようなので、

今のところ痕よりも正中線のほうが気になるなと言う状況のなのですが、

やはり体に大きな傷が残ることはショックでした。



勲章とは言いますが、大きなケロイドになってしまったらどうしようとか、

今でもくよくよと思う日はあります。

本当に気になるなら、形成外科で傷を綺麗にしてもらうこともできるんだそうですが、

それをするなら2人目・3人目を帝王切開で産まないと決まってからですね。

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら
出産レポDはこちら
出産レポEはこちら
出産レポFはこちら

出産レポF (NST心拍低下で入院→緊急帝王切開)

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら
出産レポDはこちら
出産レポEはこちら

出産レポGはこちら

手術翌日の朝から、夫と母がお見舞いに来てくれたのですが、

まだ尿のカテーテルも付いているし、

本当にボロボロの状態で、あまり人に会いたい感じではなかったです。



歩けるようにならないとベビールームにいる赤ちゃんに会えない、ということで、

まさかのその手術翌日に、歩行練習をするように言われました。



後から調べたところによると、

帝王切開の後はできるだけ早くベッドから離れて、

お腹が痛かったとしても動いた方が回復が早いのだそうです。



そうは言っても、朝ご飯はまだ食べられず、

おならが出たら食べ物を食べていい、と言われたのですが、

お腹が痛くて、おならが出たかどうかもよくわからなかったです。

昼食から食べて良いと言われましたが、まだまだお腹が痛く体を起こすことも考えられず…

昼食はほとんど何も食べられなかったような気がします。



午後、看護師さんが来て、歩行練習をしようということになったのですが、

まずベッドから起き上がり立ち上がるまでにものすごい時間がかかり、

15分ぐらい試行錯誤して、立ち上がったものの、

立ち上がってみると視界が暗くなり気持ちが悪くなり、

貧血を起こしてしまったようで、そのままヨロヨロとベッドに戻りました。


とにかくしんどかったのですが、そのままでは赤ちゃんに会えないということで、

数時間おいてさらに歩行練習をし、

今度は、入院していた大部屋の出入口まで、点滴の棒につかまりながら、ヨロヨロと時間をかけて歩くことができました。



いちど歩けるようになると自信がつくのか、

赤ちゃんに会いたいと思うと力が湧くのか、

その後さらに、尿のカテーテルを抜き、

ナースステーションを越えて、夫に支えられながらベビールームまで歩いて行くことができました。



1日弱ぶりに会う我が子は、小さく…

この世のものとは思えないほど可愛かったです。



まだ目がほとんど開いていないのですが、

おっぱいを飲ませてみましょうということになり、

こわごわと抱っこして、助産師さんに言われるがままに、おっぱいを飲ませてみると、

しっかりと吸ってくれて、不思議な気持ちになりました。



そのまま、義両親や実母も、赤ちゃんに会いにベビールームに来て、

写真などを撮って、なごやかに過ごしたのですが、

その時私は椅子に座っていたので、親たちは私が手術翌日だと言う事はあまり意識していなかったようで、

「病室に戻ろう」となって、夫の支えと点滴を下げるゴロゴロにつかまってヨロヨロと歩く私を見て、

あわてて帰っていきました。



この日の夜もお腹は痛く、

昨日ほどではないものの体はほとんど動かせず、

思い返しても、とても苦しい夜でした。。。



顔を洗ったり、歯を磨いたりもできていなかったのですが、

さすがに二日間も経つと気持ちが悪く、

1人でヨロヨロと大部屋の洗面台まで歩いて行き、必死の形相で顔を洗いました。



大部屋でしたが、夫とビデオ通話をつなげていて、

イヤホンから聞こえてくる夫の寝息を心の支えに、痛みに耐えていました。

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら
出産レポDはこちら
出産レポEはこちら

出産レポGはこちら

出産レポE (NST心拍低下で入院→緊急帝王切開)

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら
出産レポDはこちら

出産レポFはこちら
出産レポGはこちら

手術の後、なぜか私は震えが止まらず、

どうやら出血による血圧低下のせいだったようなのですが、

自分では止められないくらいカタカタと歯が震え、9月なのに電気毛布をかけられていました。



オペ室から病室に戻り、点滴をつけられたり、いろんな処置をされて、

看護師さんに、「夫は・・・?」と聞いたら、夫を呼びに行ってくれて、

ようやくまた夫が来てくれました。


その時はまだ、赤ちゃんには一瞬しか会っていないし、

私はとにかく夫に会いたくて仕方がなく、

夫も、病室に来てすぐ、手を強く握って頑張ったね、と頭を撫でてくれました。

赤ちゃんには外で会わせてもらっていたようでした。



帝王切開は安全な手術とは言え、赤ちゃんが出てきてから私が戻ってくるまでに十数分もあるので、

その間に私の容体が急変したら・・・などといろんな想像が頭をよぎって、怖かったそうです。



でもその十数分の手術の間に、夫から、双方の両親に、

帝王切開になったこと、もうすぐ生まれることなどを連絡していてくれました。



この日はもう夜になっていたので、

本来は面会時間が終わりに近かったんですが、

特別に1時間位夫がいてくれました。



2人とも赤ちゃんとはちょっとしか会っておらず、

「子供が生まれた」と言う実感はまだ沸いていませんでしたが、

何だか興奮状態で嬉しい気分でした。



このときはまだ、下半身の麻酔が効いているので、私は足に触られても何の感覚もなく、

特に痛みもなく、ただ体が震えているだけと言う状態でした。


しかし、この後絶飲食で、

水すらも6時間位は飲めないし頭もあげられない、と言うのは地味に辛かったです。


また、私は帝王切開になる前にお化粧してしまっていて…

そんな状態で顔を洗いたいメイクを落としたいと言いだせるわけもなく、

あかんメイクしたまま寝てしまうお肌に悪い・・・なんて考えていました。



その後麻酔が切れだしたら、だんだんと激痛が…

点滴では子宮収縮剤を点滴されていたらしく、子宮収縮の痛みだと言うことでした。

ものすごい激痛で、例えるなら、唸らずにはいられない重たい生理痛といったところでした。

これが陣痛と同じ痛みと言うことなんでしょうか。



さらに、もうしばらくすると、また違った種類の中の痛みが襲ってきました。

これがおそらく傷の痛みと言う事なんだと思いますが、

正直、痛すぎて、もう何が何だかよくわかりませんでした。



ナースコールを押して痛みを訴えたところ、痛み止めの座薬を入れてもらったのですが、

座薬は子宮収縮の痛みには効くけれども傷の痛みはいまいち効かないとのことで…

さらに痛み止めの筋肉注射もしてもらいました。

筋肉注射を打つ時も、(注射が)「痛いよ」などと言われたのですが、

そんな事は全く気にならない位、とにかくお腹が痛かったです。



結局、手術当日は、なんとなく意識が朦朧としたかな程度にしか寝られず…

さらに、体がまったく動かせないので、

朝にはかかとや腰などが床ずれのように痛くなっていました。

少しでも体重を移動して体の負担を軽減しようとするのですが、

お腹が痛いだけで下半身が本当にピクリとも動かず、

電動リクライニングのベットを上げたり下げたりして、

何とか少しでも快適な体勢を探していました。


出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら
出産レポDはこちら

出産レポFはこちら
出産レポGはこちら

2019年06月09日

保育園のお昼寝用布団の名前つけ

認可保育園に4月から入園し、通園しだして2カ月経ちました。

噂には聞いていたものの、保育園では本当にすべてのもの(おむつ一枚一枚とか!!ひー)に記名が必要で、
それも小さい記名だと容赦なく指摘されます。。。

私はそんなに字も奇麗じゃないし、
お昼寝用布団(タオルケットとシーツ)とか、直接マジックで名前書くの、
なんか・・せっかくお祝いでもらったファミリアのタオルケットなのに・・・
と思っていたところ、

大きな名前シール(アイロンでつけられるやつ!)をモニターでいただきました!!!
やっぱりそういう需要、ありますよね。
文句なしに大きくてこれなら保育士さんも一目でわかります。

そして、「マイマーク」という、名前以外にも絵柄をいれて、
子供が早く「これが私の!」とわかるようにしようというマークが付いています。
うちはウサギさんにしてみました。
(けど、入園してみたら保育園でもマイマーク制度があって、うちの子は自動的にリスさんにされていました・・・しまった入園まで待てばよかった)

IMG_1358.JPG


こんな感じで、一目で名前(モザイクで消しています)とマークがついていて、わかりやすいです!
保育園ママのかゆいところに手が届く良い商品だと思いました。

名入れ専門店ディアカーズファンサイト参加中

娘の湿疹対策(アトピコ)

今8カ月になった娘は、1カ月過ぎた頃から、

脂漏性湿疹

よだれかぶれ

汗疹+ときどき、とびひ

と、肌トラブルが絶えないのですが(涙)、皮膚科と小児科に通いつめて色々対策をし、
今はあごの下の汗疹が残っているものの、かなり綺麗なお肌になりました!

赤ちゃんの肌は薄く荒れやすいとのことで、
どんなサイトを調べても、
「優しく洗い、保湿をしっかりせよ」
と書いてありますよね。

アトピコのせっけんとローション(乳液のような感じ)とオイルのセットも使わせていただいています。

IMG_1342.JPG

せっけんは皮膚科のお医者さんもブログで勧めてたので安心して使っています!!

IMG_1343.JPG

ローションは、乳液状でさっとのびるので動き回る娘にもなんとか塗れています・・笑

IMG_1344.JPG

そしてオイルは私的には一番のヒットでした!椿油というと髪に良いイメージが強いですが、
このオイルも刺激がなく、しっとりした感じがプロペトとかほかのオイルより長く続いてくれる気がします。
娘に塗った後、手に余ったオイルは私の顔とかにも塗ってます。笑


IMG_1346.JPG

離乳食がはじまると、よだれかぶれの上に食べ物が落ちていきますが、
その湿疹のバリア機能が弱った肌の隙間?から食べ物が入りこんで食べ物アレルギーになったりするらしいので、
食べる前に必ず口周りと首にオイルを塗って保護しています!


子供の肌が弱いとなかなか大変ですが、ケアすると本当にきれいな赤ちゃん肌になってくれるんですよね。
湿疹持ちの子のお母さんたち一緒に頑張りましょう(><)

大島椿ファンサイト参加中

2019年03月03日

アトピタ入浴剤

久しぶりのブログになってしまいました!

赤ちゃんの肌のカサカサ・かゆかゆケアにアトピタ!

娘は5カ月になり、もうすぐ寝返りするか??くらいになってきました(^^)

1〜2カ月の頃は、脂漏性湿疹に悩まされたのですが、
3カ月を過ぎた頃から、お肌がきれいに、でも乾燥しがちになって来ました。

赤ちゃんの肌を赤ちゃん肌にするのって意外と大変なんですね・・(^^;
小さい頃(6か月までとか3歳までとか聞きますが)の肌状態がその後のアトピーやアレルギー発症に大きく影響すると聞いているので、一生懸命保湿しています。

アトピタの入浴剤はインスタグラムで他のママさんから教えていただいたので、
沐浴を卒業して大人と一緒にお風呂に入るようになったら使おうとずっと思っていました!

IMG_0203.jpg

ちょっと意外な緑の粉です!

IMG_0196.jpg


お湯に溶かすと透明な緑!

赤ちゃんと使うことに特化した入浴剤って意外となくて、
市販の入浴剤は赤ちゃんには刺激が強いかもしれないし、
でも入浴剤なしだと肌が乾燥しがちだし・・・という悩みを、
解決してくれました(^^)

毎日使って、刺激も感じず、ちょっと肌当たりが柔らかくなって、とても良かったです!
一緒にお風呂につかっていた私も冬場は背中や脚が乾燥して痒くなりがちですが、今年は大丈夫でした(^^)

アトピタファンサイト参加中

使いきっちゃったのでまた買いに行こうと思っています!

2018年12月09日

母乳育児の味方サプリ!

IMG_0258.jpg

ララパブリックの葉酸サプリを飲んでいます。
鉄と葉酸を手軽に補給できて重宝しています!

母乳は血液から作られるので、母乳育児中は鉄分が不足しがちらしく、
また妊娠初期に一生懸命摂っていた葉酸も授乳中も必要らしいのですが、

おかげさまで娘はほぼ完全母乳ですくすくと大きく(2ヶ月くらい月歳大きめに見られるくらい笑)育ってくれています。
私も特に貧血の症状を感じたことはありません。


IMG_0261.jpg
一日4錠で、小さな錠剤で臭いや苦みもないので簡単に飲めます。

IMG_0263.jpg


パウチタイプもパッケージがクラフト紙で可愛く、バックに入れて持ち歩きやすいですし、キッチンに置いておいても違和感無いです。

IMG_0264.jpg


頻回授乳で睡眠不足の中、さっと飲めて栄養補給できるのはほんとうにありがたいです。。。
タグ:サプリ 葉酸

2018年12月02日

出産レポD (NST心拍低下で入院→緊急帝王切開)

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら

出産レポEはこちら
出産レポFはこちら
出産レポGはこちら

説明を受け、

同意書にサインしたものの、

まだ実感は湧いておらず、覚悟はできていなかったのですが、

では15分後に手術しましょう

と言うことになり、

そのままベッドごとエレベーターに乗せられて、

手術室に連れて行かれました。



その時とても不安で、思わず泣いてしまったのですが、

周りの助産師さんが、

「大丈夫もう少しで元気な赤ちゃんに会えますよ」

などと声をかけてくれました。


一緒にいた夫もとても心配させてしまって…

夫は、手術室に入る直前まで、私の手を握り、頭を撫でて、

「大丈夫だから」

と、繰り返し声をかけてくれていました。

私は、この時の夫の優しさと、心強く感じた気持ちを一生忘れないと思います。


オペ室に入ると言うのはなかなかない経験で、

今までにした1番大きな手術は指にできた黒子を取る手術、

というくらい、あまり手術に縁がなく生きてきたので、

開腹手術、それも赤ちゃんがいるお腹を切る手術は、とても恐ろしかったです。



手術室に入ると、

手術用の台に移され、

モニターやいろいろな器具をつけられ、

(この時に私の心拍も取っていたのですが、
それまで赤ちゃんの心拍を見ていたため、
心拍が73とかで、低い!!!と焦ってしまいました笑)

背中に麻酔を打たれて…

この時の麻酔が痛いのではないかと思い怖かったんですが、

特にそんなことはなく、

ちくっとする程度の通常の麻酔の注射の痛みでした。

ただ、この時できるだけ背中を広げるように(お腹を丸めるように)言われ、

臨月でお腹がとても大きいので、その体勢がなかなか取りづらかったです。



だんだん、下半身の感覚がなくなってきて、

名前と術式の確認を口頭でもされ、

手術開始となりました。



スタッフの方たちやお医者さんは皆さんなごやかな雰囲気で、

どうやら何かの手術が終わって時間が空いていた先生たちが、

たくさん私のところに来てくれて豪華な顔ぶれだったようです笑



また、万が一のことを考えて、小児科の先生も同席してくれていました。

こういうことがあることを一応考えて、NICUのある大きな病院にしていたのですが、

この選択をして本当によかったです。



麻酔後、しばらく私は何もすることがなく、

近くにいて目があった助産師さんの顔を見続けて、不安を沈めていました。


そして、しばらくして…

赤ちゃん出すのにお腹を押すから、ちょっと痛いかもしれない

と声をかけられ、

お腹を押される感覚がありました。

特に痛くはなかったです。



手術前に心拍が下がっていたので、

赤ちゃんは元気なのかな、

ちゃんと泣いてくれるのかな、

と、とても不安だったのですが、

お腹を押された直後、

赤ちゃんの鳴き声がしました!!!

生まれた!!と思って、

とても嬉しく、思わず泣いてしまいました。


そのまま、赤ちゃんは、

おそらく小児科の先生によって部屋の隅に連れていかれ、

体を拭かれているのが、人の間から見えました。

手足をバタバタさせていて、その手足がなんとなく長い気がして、

私の夫の家系はとても手足が長いので、

あー私たちの子だ・・・と思って嬉しかったです。



体をきれいに拭いたあと、先生が私のところに赤ちゃんを連れてきてくれて、

まだ目が開いていなかったのですが、

手を握ると握り返してくれました。

握ってくれた手が意外と冷たく、びっくりしたのを覚えています。


そのまま赤ちゃんは先に夫のところに連れて行かれ…

私は放心状態でお腹を縫ってもらい、手術終了となりました。

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら
出産レポCはこちら

出産レポEはこちら
出産レポFはこちら
出産レポGはこちら

2018年11月30日

出産レポC (NST心拍低下で入院→緊急帝王切開)

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら

出産レポDはこちら
出産レポEはこちら
出産レポFはこちら
出産レポGはこちら

仕方がないので、観察室でもう一度モニターをとってゆっくりしていると、

助産師さんが来て、

帝王切開の可能性があるので・・・

と言って色々と準備を始めました。

胸部のレントゲン写真を撮ったり、

結婚指輪を外したり、
(結婚式の指輪交換以来外していなかったのでちょっと切ない気持ちでした。
その後夫に持っていてもらいました)

マニキュアを落としたり、
(足のペディキュアがジェルで落としきれず、怒られました・・・)

手術着に着替えたり、

そうこうしているうちに、仕事中だった夫が慌ててやってきました。



その時もまだ、私は、帝王切開になるなんて思ってもみず、

夫に状況を説明して、

まったく、うちの子はへその緒を握って遊ぶのは好きなのかなぁ笑

などと談笑していました。



しかしその時、つけていたモニターの心拍が低下し、

今までは何度か低い心拍になった後すぐに戻っていたのに、

心拍がなかなか戻りませんでした。



この時も助産師さんや医師の方が駆けつけてきて、

私は、酸素マスクをつけられ、頭を低くして四つん這いになり、

何人もの助産師さんが、私のことを取り囲み、お腹を持ち上げるようにしながら、

赤ちゃんに、

頑張れ!!!

と声をかけていて、、、

このまま赤ちゃんの心拍が下がったままだと、どうなってしまうんだろう、

と、とても怖かったです。

私はひたすらに深呼吸をするように伝えられ、

よくわからないまま、

酸素マスクから出てくる酸素を赤ちゃんに何とかして届なければ

と言う思いで息を深く吸っていました。




数分して、

ようやく赤ちゃんの心拍が戻ったのですが、

お医者さんが来て、

陣痛でも何でもないただのお腹の張りなのに、こんなに心拍が下がってしまうようでは、

赤ちゃんが普通分娩には耐えられないと思う。

帝王切開にしましょう。

という説明をしてくれました。




帝王切開にすると2人目以降も帝王切開になってしまうとか、

帝王切開の傷の関係で不妊になりやすいとか、

傷跡が目立つとか、

怖い話を聞いていたので、できれば私は誘発分娩が良かったのですが、

その選択肢は、もう無いようでした。




仕方ないので緊急帝王切開の同意書にサインし、

簡単な説明を受けました。



その時に、切り方の説明もあり、

横切りと縦切りがある

と言う説明を受けました。

横切りの方が傷が下着に隠れるし、目立ちにくい

と聞いていたので、私はできれば横切りが良かったのですが、

横切りの方が切る長さが短く、赤ちゃんの頭を出るのに十分な長さが取れないと、

そこからさらに縦に足して十字に切ることもある。

手術時間が若干長くなるので、縦切りの方が安全である。

など説明を受け、

それなら縦切りしか選択肢がないのかなと言うことになりました。



後で調べてみると、

予定帝王切開の場合は横切り
緊急帝王切開の場合は限り

と言うのがスタンダードのようです。

私は緊急帝王切開だったので仕方なく縦切りになりました・・・

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら

出産レポDはこちら
出産レポEはこちら
出産レポFはこちら
出産レポGはこちら

2018年11月12日

赤ちゃんの日焼け止め

最近いいお天気なので、娘と散歩に出かけることも増えました

私は実は紫外線アレルギーで、
日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりしないで外に出ると、
襟ぐりの形に肌がただれてしまったりします・・・汗

娘には紫外線アレルギーがないと良いのですが、
アレルギーがなかったとしても、紫外線は色々と悪影響がありそうで気になるので、

赤ちゃんといえども、
また秋や冬でも、
しっかり紫外線対策をしようと思っています

IMG_0020.JPG



ヴェレダの日焼け止めは、SPF38 PA++で、
無添加で生後1ヶ月の赤ちゃんから使えるそうなので、
娘とのお出かけの時に娘の顔にもなっています

白いアロマの香りのするクリームで、
手にとると、これくらいの量で手の半分位に伸ばせます(^^)

IMG_0021.JPG

IMG_0022.JPG



娘に使うものは、やはり、安心できる成分であることや肌へのやさしさが第一なので、
これからも使い続けると思います

IMG_0023.JPG



株式会社ヴェレダ・ジャパンのブログリポーターに参加中です!
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ぺんたろさんの画像
ぺんたろ
30代、第1子を出産しました!同い年の夫と共働きです。 コスメが好きな猫っ毛・乾燥肌・ブルべ(夏クリア)です。 インスタグラムもやっています↓ https://www.instagram.com/penguinpenpen7/
プロフィール
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
タグクラウド
写真ギャラリー
検索