広告

posted by fanblog

2018年11月30日

出産レポC (NST心拍低下で入院→緊急帝王切開)

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら

出産レポDはこちら
出産レポEはこちら
出産レポFはこちら
出産レポGはこちら

仕方がないので、観察室でもう一度モニターをとってゆっくりしていると、

助産師さんが来て、

帝王切開の可能性があるので・・・

と言って色々と準備を始めました。

胸部のレントゲン写真を撮ったり、

結婚指輪を外したり、
(結婚式の指輪交換以来外していなかったのでちょっと切ない気持ちでした。
その後夫に持っていてもらいました)

マニキュアを落としたり、
(足のペディキュアがジェルで落としきれず、怒られました・・・)

手術着に着替えたり、

そうこうしているうちに、仕事中だった夫が慌ててやってきました。



その時もまだ、私は、帝王切開になるなんて思ってもみず、

夫に状況を説明して、

まったく、うちの子はへその緒を握って遊ぶのは好きなのかなぁ笑

などと談笑していました。



しかしその時、つけていたモニターの心拍が低下し、

今までは何度か低い心拍になった後すぐに戻っていたのに、

心拍がなかなか戻りませんでした。



この時も助産師さんや医師の方が駆けつけてきて、

私は、酸素マスクをつけられ、頭を低くして四つん這いになり、

何人もの助産師さんが、私のことを取り囲み、お腹を持ち上げるようにしながら、

赤ちゃんに、

頑張れ!!!

と声をかけていて、、、

このまま赤ちゃんの心拍が下がったままだと、どうなってしまうんだろう、

と、とても怖かったです。

私はひたすらに深呼吸をするように伝えられ、

よくわからないまま、

酸素マスクから出てくる酸素を赤ちゃんに何とかして届なければ

と言う思いで息を深く吸っていました。




数分して、

ようやく赤ちゃんの心拍が戻ったのですが、

お医者さんが来て、

陣痛でも何でもないただのお腹の張りなのに、こんなに心拍が下がってしまうようでは、

赤ちゃんが普通分娩には耐えられないと思う。

帝王切開にしましょう。

という説明をしてくれました。




帝王切開にすると2人目以降も帝王切開になってしまうとか、

帝王切開の傷の関係で不妊になりやすいとか、

傷跡が目立つとか、

怖い話を聞いていたので、できれば私は誘発分娩が良かったのですが、

その選択肢は、もう無いようでした。




仕方ないので緊急帝王切開の同意書にサインし、

簡単な説明を受けました。



その時に、切り方の説明もあり、

横切りと縦切りがある

と言う説明を受けました。

横切りの方が傷が下着に隠れるし、目立ちにくい

と聞いていたので、私はできれば横切りが良かったのですが、

横切りの方が切る長さが短く、赤ちゃんの頭を出るのに十分な長さが取れないと、

そこからさらに縦に足して十字に切ることもある。

手術時間が若干長くなるので、縦切りの方が安全である。

など説明を受け、

それなら縦切りしか選択肢がないのかなと言うことになりました。



後で調べてみると、

予定帝王切開の場合は横切り
緊急帝王切開の場合は限り

と言うのがスタンダードのようです。

私は緊急帝王切開だったので仕方なく縦切りになりました・・・

出産レポ@はこちら
出産レポAはこちら
出産レポBはこちら

出産レポDはこちら
出産レポEはこちら
出産レポFはこちら
出産レポGはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8344733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ぺんたろさんの画像
ぺんたろ
30代、第1子を出産しました!同い年の夫と共働きです。 コスメが好きな猫っ毛・乾燥肌・ブルべ(夏クリア)です。 インスタグラムもやっています↓ https://www.instagram.com/penguinpenpen7/
プロフィール
最新記事
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
写真ギャラリー
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。