2019年07月24日

デパコスについて考察。

デパコスという単語を最近知りました。
デパートコスメの略で、デパートの化粧品売り場で売っている高級ブランドのコスメを指すようです。

私は、思春期に敏感肌(と思い込んでいた)であんまりメイクをしなかったこともあって、
コスメやメイクを好きになるのが遅く、ブランドも最近色々覚え出しました。

なんとなくのイメージで、
デパコスは香りがめっちゃきつくてコスメとしての機能は二の次で「値段を高くしておけば売れるだろ」的に価格設定がされていると思っていたのですが(ごめんなさい)、
言われてみれば定評のあるデパコスもありますよね。

デパコスなんて要る?原価いくらなの?という声もあり・・・自分なりに納得したのは以下のような意見でした。

☆デパコスのプラス面
・そもそもコスメとは自己満足であって、機能というより、パッケージの可愛さや、そのブランドを持っているという高揚感を得るために買っている。
(これはわかる、女性にとってコスメってそういうお守り的な力を持っていると思います。)

・ハイブランドであっても化粧品ならせいぜい1万円なので、買える。30万円のバッグを買うよりずっといい。
(たしかに、リップとかならデパコス4000円、プチプラ1500円とかで、多分3ヶ月は使えるので、差額2500円足して妥協のない買い物ができて3ヶ月ご機嫌が続くなら、全然高い買い物じゃない。)

☆デパコスのマイナス面
・原材料費ではなくて広告宣伝費・人件費。
(そりゃそうでしょう・・・上の1点目と重なるけど、コスメに何を求めるかなんでしょうね。仕上がりや機能だけを求めるわけではないんだろうな。)

・高いものは使用感が良いように作られているが、それが本当に肌に良いとは限らない。
(これはドキりとしました。確かに、たとえばいい香りのついた化粧品とか肌にとって良いとは限らないですよね。デパコスを使っておけば10年後の肌も安心とかそういうことではないんだなと思いました。)

だから何というわけではありませんが、ふむふむと。

私は、デパコスを買うなら、やっぱりちやほやとタッチアップしてもらったりする体験も含めて買っているんだと思うので、
アマゾンとかで買うよりカウンターに行ってのんびり色々試して買いたいですね。
それで美意識が上がって他のことも頑張る効果(それで余計な出費も増えますが、御愛嬌)もありそう。

でもプチプラコスメもそんな粗悪品とかじゃないことがわかったので、色々試してみたいです。
具体的には、その2に続きます。笑
posted by ぺんたろ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9000009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ぺんたろさんの画像
ぺんたろ
30代、第1子を出産しました!同い年の夫と共働きです。 コスメが好きな猫っ毛・乾燥肌・ブルべ(夏クリア)です。 インスタグラムもやっています↓ https://www.instagram.com/penguinpenpen7/
プロフィール
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグクラウド
写真ギャラリー
検索