広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年06月25日

羽根田卓也 part.134

takuyahanedacan1.jpg


ドイツ・アウグスブルクで行われたワールドカップ第2戦。
ハネタクの結果は、準決勝で30人中18位。
今回も決勝には進めませんでした。





全体的には大きなミスはなかったのですが、
後半少しバテて、23番ゲートでペナルティ。


パドルを5p伸ばしたことが、かなり影響しているようです。
一般人がパドルを5p伸ばしたからって聞いても、
「ふーん、で?」っていう感じかもしれませんが、
5p長くしたことで、体力的にはかなり負担が大きいはずです。


長年使っていたパドルの長さではないので、
違和感がかなりあるはずですし、慣れるまで結構時間がかかるのでは?
先週に比べたら、少しづつコンディションは上がっているように見えます。


ハネタクはいい意味でマイペース。
周囲の意見に左右されず、自分で立てた目標に向けて
ひたすら我が道を行くタイプ。
12年の海外生活で精神的にもかなりタフなので、
心配する必要もないのですが・・・


アスリートは結果が全て。
ファンとしては今季1度は表彰台に上がってほしいと切に願います。
現在の世界ランクは10位。
きっとやってくれるはずです。


今回優勝したのは、先週のワールドカップで2位だった、
スロバキアのベニュシュ選手。
本当に安定しています。
決勝でもノーミスで今季もこのまま突っ走りそうです。

2位は先週優勝した地元ドイツのタジアディス選手。
こちらも絶好調。
決勝ではペナルティがありましたが、タイムではベニュシュ選手を上回っていました。

この2人はTOKYO 2020でも金メダル候補です。
どんなコースでも安定して良い成績を残せるのは、すごいことです。

3位は地元ドイツのアントン選手でした。


今日は家で仕事をしながら、バレーボールのワールドリーグをネット観戦、
その後カヌーのワールドカップを同じくネット観戦。
仕事は捗らず、かなり追いつめられたアラフォー。
でも石川祐希選手や柳田選手、そしてハネタクの勇姿を見て、
明日からのハードな1週間を何とか乗り越えようと思いました。
陸上の多田修平選手がかなり気になる今日この頃です。


現在発売中のCanCam8月号。

cancam8.jpg


さすがにアラフォーおやじにCanCamはキツすぎます。
今回は電子書籍で購入。
E-girlsがどうたらって言われても???です。


スポCan! コーナーにハネタクが登場。
羽根田卓也選手にネホハホ聞いちゃいました!ですって。
根掘り葉掘りを今時の若者はネホハホ言うのでしょうか?
全く理解できません。


トゥモローランドが好きでよく買い物をするとのたまうハネタク。
この私服は初見です。
シンプルで良いです。
おかしな柄物やよくわからない原色などはできれば止めてもらいたいです。
今回みたいな服装が1番。
見た目がよいのでシンプルでいいのです。


takuyahanedacan2.jpg



好きな芸能人が井川遥から石田ゆり子へチェンジ。
ハネタクファンのマダムを意識してのことでしょうか?
彼女は募集中です!といつものセリフ。


いかにも女性ファッション誌らしい構成でした。
〇〇の王子、国宝級〇〇という表現がなかったのが救いです。
ああいうのを見ると何故か寒気がするアラフォーです。


ハネタクが出ている雑誌は基本全て購入するのですが、
結構な量になっています
加えて石川祐希選手に夢中なので、ゆーき関連の本も増えていき。
あまり物を増やしたくないアラフォーには悩みの種です。
今回みたいに電子書籍で購入できるものは、
嵩張らないので便利です。


今季のハネタク、どうなっちゃうんでしょうか?
見守るしかできない非力なアラフォー。
祈ります。






posted by pelo1000 at 22:20 | TrackBack(0) | イケメン

2017年06月21日

柳田将洋A

masa3.jpg


早朝に飛び込んできたおめでたいニュース。


柳田将洋 ドイツ・ブンデスリーガ1部へ移籍



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000124-spnannex-spo


大手芸能事務所のアミューズは21日、バレーボール男子日本代表の柳田将洋(24)が
ドイツ・ブンデスリーガ1部のTVインジェルソル・ビュールに移籍すると発表した。
同社は柳田とマネジメント契約を結んだことも併せて発表した。


柳田は「海外でプレーするのは代表以外では初めてで、最初は言葉や文化の壁を感じると思いますが、
成長していきたい。今持っているスキルを常に発揮し、レベルアップして、
バレーボールそのものの視野を広げていきたい」とコメントした。


柳田は慶大卒業後、15年にサントリーに入団。日本代表には13年から名を連ね、
強烈なサーブを武器に中心選手として活躍している。今年5月にはサントリーを退団し、
プロとして海外挑戦する意向を表明していた。


peloはこのニュースを見て、出勤前に日刊スポーツをゲット。


masa1.jpg


子供のころの夢が建築士だったんですね。意外。
もう1つ意外だったのは、大手芸能事務所のアミューズがマネージメントするということ。



アミューズがスポーツビジネス市場に本格参入

http://ir.amuse.co.jp/20170621_%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88_%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%A8%BF.pdf


masa6.jpg


大手芸能事務所だと、ホリプロがスポーツ選手のマネージメントをしていますが、
アミューズも本格的にスポーツビジネス市場に参戦。
柳田選手にとってもアミューズに所属することで、
露出もますます増えてくると思われます。
アミューズにとっても人気者の柳田選手を獲得することで、
幸先の良いスタートを切れるのではないでしょうか?


柳田選手からのビデオメッセージ。





TV Ingersoll Bühl のHPでも早速紹介されています。

http://schwarzwald-volleys.de/saison/news/artikel/japans-nationalspieler-masahiro-yanagida-unterzeichnet-ersten-profispieler-vertrag-mit-tv-ingersoll/

csm_news-masahiro-yanagida_f4282d45b9.jpg


バレーボールの試合を通してスポーツの楽しさや喜びを次世代に広め、
地域の活性化を図る。
柳田選手の決意にエールを送りたいです。


TV Ingersoll Bühl のインスタ。


https://www.instagram.com/volleyballbisons/

FB。


https://www.facebook.com/tvbuehl

このTV Ingersoll Bühl は、スウェーデン、イタリア、アルバニアなどの代表クラスが
集結しているので、ポジション争いも大変なことになりそう。

本拠地のBühlはドイツ南西部に位置し、
フランスのストラスブールも近く、緑が豊かで長閑な街。
ドイツは海外生活が初めての日本人にも比較的暮らしやすいと思います。
peloも南ドイツの雰囲気は大好きです。



月刊バレーボール7月号で、石川選手と対談。
その中で海外挑戦の事にも触れています。


Masa & Yuki4.jpg


ゆーき:自分は雰囲気とか言葉で結構苦労しているので、そういうところは
     やっぱりやっておいたほうがいいですよ。
     言葉がいちばん大事かな、と。話せないとなかなか使ってもらえないと
     いうこともあると思いますし。

まさ:海外に行くことをユウキに話して、ユウキの”言葉の重み”はめちゃめちゃ感じたし、
   今は優しく言ってますけど、ふだんはこんな言い方で言ってこないんですよ(笑)
   ガチなトーンで言ってくるから、「うわ、まじか・・・」ってなる。
   でもユウキは経験しているから、言葉も重いし、リアルな言葉だなと思う。


確かに言葉は大事です。
柳田選手のドイツ語でインタビューに応じる姿を楽しみにしています。
peloは個人的にドイツ語の発音が好きです。


柳田選手と石川選手。
日本の選手がこうやって積極的に海外に出ていくことで、
後輩への良き道しるべにもなります。
TOKYO 2020を目指しての決断。
ずっとずっと応援していきます。


ワールドリーグ2017も毎週末、テレビ観戦していました。
バレーにすっかり嵌ったアラフォー。
今大会での柳田選手は、以前よりも積極的に他の選手に声をかけ、
また攻守でもミスがほとんどなく、
より頼もしい存在になっていました。

この時点でドイツ行きも決定していたので、
プロとしての自覚と責任感の現れだったのでしょうか?

高崎ラウンドのスロベニア戦。
フルセット、スロベニアのマッチポイントからの
2連続サービスエースは見ているこちらも興奮しました。
見事な逆転勝ち。





チーム内の雰囲気もすごく良いまま中国ラウンドへ突入。
中国戦もフルセットまでもつれましたが、
14ー9からのまさかの逆転負け。

中国のホームゲームということもあって、中国に有利な判定が多く、
不可解な場面も多々ありました。
サーブ中にブーイングも起き、普段冷静なセッター藤井選手もオラオラ状態。
柳田選手もタイムアウト中に相手のミスを待ってんじゃねーぞと声を荒げていました。


試合終了後にアームサポーターを床に投げつけたマサ。
ここまで感情を爆発させた柳田選手は初めて見ました。
勝てる試合を簡単に落としてしまった不甲斐なさに腹が立ったのでしょうか?

この試合でも攻守に渡って大活躍だった柳田選手。
試合に出ずっぱりで肉体的な疲れもさることながら、
チームを鼓舞し続けたことによる精神的な疲れも大きかったはずです。
加えて不可解な判定の嵐。

誰もそんな柳田選手に近寄らなかったのは残念です。
申し訳なくて近づけなかったのかもしれませんが。

この1件で柳田選手の事をもっと応援しようと決めたのでした。


リベロ、藤井選手のトスの高さ・タイミング・・・
様々な課題が浮き彫りになった龍神NIPPON。
中国には敗れましたが、決勝ラウンドに進出。
現在はオーストラリアに入っています。
連日の試合で相当な疲れだとは思いますが、
少しでも問題点を修正して、試合に臨んでほしいと思います。


柳田選手のこれからに期待しています。
WLで柳田選手はベストサーバーとベストスパイカーを受賞。
藤井選手はベストセッターを受賞しました。


9月5日グラチャンバレー開幕。
勝利のカギは胸。







posted by pelo1000 at 20:20 | TrackBack(0) | イケメン

2017年06月20日

羽根田卓也 part.133

takuyanight.jpg


まずは、先週チェコのプラハで行われたワールドカップ第1戦。
ハネタクは準決勝で30人中20位で、決勝には進めませんでした。





出だしは好調でしたが、中盤から少し流れにのまれたような気が。
今シーズンからパドルを5p長くしたことで、今まで以上にパワーが必要になりました。
プラハの人工コースは激流+ゲート感覚も短く、かなりタフなコースだったので、
ハネタクとの相性は良くなかったのかもしれません。


まだ今シーズンは始まったばかりですし、第1戦目だけを見てどうこう言うのは、
ちょっと違うのかなと思います。
ハネタクは東京五輪を見据えて、日々トレーニングに励んでいるので。


ただ、このワールドカップで優勝したのが、ドイツのタジアディス選手。
タジアディス選手と言えば、去年のリオ五輪決勝戦の最終漕者。
リオでは惜しくも5位に終わりましたが、
今回は持ち前のパワーで圧巻の漕ぎを披露。

2位はこれまたリオ五輪の銀メダリスト、スロバキアのベニュシュ選手。
安定しています。


ハネタクの憧れのマルティカン選手は準決勝2位通過。
決勝では惜しくも8位でした。

決勝戦に残った11人のうち、ノーミスの選手は1人もいませんでした。
今回のゲート設定が非常に厳しく、タフだったと言えるのではないでしょうか?


強豪選手が初戦から実力を発揮している中で、
ハネタクも決勝に残っていたら、印象は違っていたかも。


オフシーズンにあれだけテレビに出まくって、今シーズン表彰台に上がれなかったら、
それこそお調子者のレッテルを貼られそうでちょっと怖いのです。
今シーズンの最大の目標は、9月の世界選手権でのメダルだと思うので、
いい結果で終われるように祈っています。
ハネタクとは相性の良いポーですので。


Going! Sports&Newsでは、スロバキアでのハネタクに密着。





ハネタク引っ越したんですね。
以前住んでいたアパートが、旧共産圏の画一的な建物でしたが、
新居はウッディ―で温かみのあるすごく雰囲気が良さそうです。


新居のキッチンで料理。
さすがにチャーハンやカレーは飽きたのでしょうか?
今回は白菜と鶏肉のスープ煮?とごはん。
米は現地のスーパーで手に入るものでした。(炊き方を工夫しないとおいしくありません)
白菜はヨーロッパでも比較的手に入ります。
英語ではChinese cabbage(中国のキャベツ)ですが、
スロバキア語でもčínska kapusta。


現地の人気トーク番組に出演。
最後に上を向いて歩こうを歌っていましたが、
何と言っていいのか、ぎこちない感じがかわいかったです。


リオでメダルを獲ったことで、スロバキアでもすっかり有名になったハネタク。
日本でもスロバキアでも悪さはできないですね、フフフ・・・.


最後にはワールドカップの結果も。
今までカヌーのワールドカップがニュースになったことなんて
ほとんどありませんでした。
メダル獲得の重要性を再認識しました。


そして全国ネットだった『たけい荘Z!壮だったのかスポーツの極意!!!』





4月の日本選手権に武井壮が潜入。
準決勝では佐々木将汰選手に肉薄されたハネタクでしたが、
決勝では絶対王者の圧巻の漕ぎでぶっちぎりの優勝。


佐々木選手はゲート不通過や転覆などもあり残念な結果に。
もともとはC2の選手でしたが、東京五輪ではC2が行われないのでC1に転向。

ハネタクは叩き潰してやるとぶっこいています。
カヌーを盛り上げるためにもハネタク無双状態を打破すべく、
他のC1の選手たちにも奮起してもらいたいと思います。


最後の温泉では、お約束の裸を披露。
ハネタクの裸を見ても何も感じなくなったアラフォー。
決して飽きたというわけではないのですが。


武井壮はカヌーをメジャーにしたいと言っています。
ハネタクはみなさんのカヌーになってほしいと。

以前にも書きましたが、カヌーがメジャーになることは難しいと思います。
ただ、ハネタクや他の選手の活躍で、
カヌーがより身近なものとして定着すれば、
状況は少しは違ってくるのかなと思います。


なのでハネタクにはある程度コンスタントに成績を残してもらいたいのです。
カヌー界をけん引している自負があるのならなおさら。


東京に向けてカヌー熱が高まっていくことを期待します。




posted by pelo1000 at 20:20 | TrackBack(0) | イケメン

2017年06月18日

羽根田卓也 part.132

takuya&so.jpg


待ちに待ったシーズンイン。
ただpeloはあり得ないほどの仕事を抱え、ブログも放置気味。
なんとか生きています。


ニッポン放送のスポーツ伝説。
ハネタクが登場して話すことはなかったのですが、
ハネタクのエピソードを紹介。
武蔵の教えなど、ファンは既に知っている話ですが、
シーズンインに合わせて放送してくれたので嬉しかったです。





本日16:05からの『たけい荘Z!壮だったのかスポーツの極意!!!』
全国ネットです!
ハネタクの好きなももクロも出演します。


takeiso.jpg




そして嬉しいお知らせ。
今夜のGoing! Sports&Newsでハネタクの海外武者修行に密着!


以前インスタで取材風景をupしていましたが、Going!だったのでしょうか?
放送内容が変更にならないことを祈るばかりです。


以前のインスタライブで、1週間ほどフランス・ポーに合宿に行くと言ってたハネタク。
ポーで英語でインタビューを受けています。
ハネタク、なかなかの英語力ですね。
<RIOの発音が個人的にツボです。>





インスタでチェコの夜景をup。
ちょっと幻想的で美しいです。






ハネタクの活躍を祈っています。


posted by pelo1000 at 07:30 | TrackBack(0) | イケメン

2017年06月10日

大島祐哉&森薗政崇

yuya&masataka0.jpg


世界卓球が面白くて連日テレビ観戦していました。
激しいラリーの応酬はかなり見ごたえがあり、
卓球に嵌った人も多いのではないでしょうか?

チームニッポンもメダルラッシュ。
メダル獲得はなりませんでしたが大躍進の13歳、張本智和。
平野美宇、伊藤美誠、早田ひなの女子高生トリオの活躍。
そしてハネタクを「なんかエロい」と形容した吉村真晴選手の2つのメダル獲得。

takuya26maharu.jpg

若い選手が多いチームニッポン。
2020東京五輪がとても楽しみです。
吉村真晴&石川佳純が金メダルを獲得したミックスダブルスが、
東京五輪の新種目に採用され、期待が高まるばかりです。


maharu.jpg



そんな中でイケメンを発見。
男子ダブルスの大島祐哉&森薗政崇選手。

世界卓球では惜しくも銀メダルでしたが、
2人ともイケメンだとテレビでも話題になっています。


森薗政崇選手。

masataka.jpg


明治大学在学中。すごくかわいいです。
4歳から卓球を始め、青森山田高校時代にはインターハイ優勝。
大学入学後には全日本大学総合選手権優勝。
父親が元卓球選手のエリート。

普段はジャージでいることが多く、オシャレにはあまり興味がないそう。
一時期何を思ったのか、長髪にしてしまったマサ。
今の髪型の方が絶対いいです。


masataka2.png


大島祐哉選手。
ジュニア時代から頭角を現した森薗選手とは対照的に、
中高時代は無名の選手。
早稲田大学に入学してから確変し、全日本学生選抜選手権優勝。

ゆーやはとにかくおしゃれ。

yuya1.jpg

ハイブランドをさらりと着こなします。
JIMMY CHOOのクラッチバッグがおされです。


yuya2.jpg


敢えて視線を外すのがプロっぽいです。
インスタを見ていても、若手俳優かと見紛うばかりです。
爽やかなルックス。
筋トレ好きなゆーやの肉体美。
これから女性誌でも特集されそうな勢いです。


masataka3.jpg

masataka4.jpg

ゆーや、かなりのナルシストなのでは?
髪型にもこだわりがあって、試合の時にはおっ立てて、
ワックスで固めてスプレーで仕上げ。
試合中にワサワサするのが嫌だし、おっ立てることで気合が入るそう。
清潔感も意識しているそうです。
ゆーやと付き合う女性は大変そうです。


masataka5.jpg


masataka6.jpg


個人的には髪を下ろした方が好きです。


今後のゆーや&まさたかに注目です。




(尾木ママがっつきすぎて怖いです。)






(ヒャダインもどうやら気になる様子です。)
posted by pelo1000 at 14:00 | TrackBack(0) | イケメン

2017年06月08日

加藤恒平

kohei1.jpg


サッカー日本代表にサプライズ招集された加藤恒平選手。
ブルガリア・ベロエに所属する27歳。(6月14日が誕生日)


代表発表の時に、記者たちがざわついたほど、情報が少ない選手。
peloも最近すごく気になっています。





なぜこんなにこーへいに惹かれるのかは明白。
こーへいが歩んできた道がpeloの心の機微に触れるからです。


今までJ1でプレーした経験がなく、
年代別代表に選ばれた実績もない。


kohei2.jpg


海外もイギリスやドイツではなく、
アルゼンチン、モンテネグロ、ポーランド、ブルガリア。


peloも中欧の小国に住んでいたので、こーへいの選んだ国には勝手に親近感を抱いています。
ポーランドとブルガリアは旅行で2度ほど行ったことがあります。
モンテネグロは行ったことがありません。
クロアチアのドブロブニクへ行ったときに、近いので訪ねていれば良かったとちょっと後悔。
(セルビアやボスニアには行ったことがあります。)


なのでこーへいのブルガリアでの生活がなんとなく想像できます。


小さい頃からサッカー馬鹿。いつもサッカーのことばかり考えている。

kohei3.jpg

しかも成績優秀でいつも学年トップクラス。
高校卒業後、立命館大学に進学。


アルゼンチンでは練習場の土が硬くてスパイクが刺さらず、
ランニングシューズで練習。
劣悪な環境で自分のサッカーを馬鹿にされることもあったそう。

kohei4.jpg


モンテネグロでは月3万円の苦しい生活。

kohei5.jpg


ポーランドでは開幕戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチに選出。
しかしながらチームは2部に降格。

kohei6.jpg


そしてたどり着いたブルガリア。
普段の生活はストイック。
お酒も飲まない、彼女もずっといない、洋服にもお金をかけない。

こーへい、かなりの料理上手。
野菜をふんだんに使ったバランスの取れた食事。

kohei7.jpg
(これだけ料理ができるとpeloの出番はないようです。)


ブルガリアでの年俸は約700万円。
これだけ貰えれば、ブルガリアではいい暮らしができますが、
他の海外組とは雲泥の差。

kohei8.jpg


kohei9.jpg


決してエリートではない。
いつも日の当たらないぬかるんだ道を歩いていても、
腐らずに自分を信じて頑張っていれば、見てくれている人は必ずいる。

ハリルジャパンのスタッフはこーへいを1年前から追いかけていたそう。
代表選で先発出場は難しいかもしれませんが、
こーへいの今までの努力が報わることを心から願います。





http://www.targma.jp/machida/2016/09/30/post5894/

ブルガリアに移籍する前に行われたインタビュー。
この頃からもう日本代表を意識していたんですね。
今読んでみるととても興味深いですし、
こーへいの人となりがよくわかります。


海外の小さな国で1人ストイックに頑張っているスポーツ選手。
<イケメンならモアベター(おばちゃま)。>

自分の好みがようやくわかったアラフォーでした。


kohei0.jpg










posted by pelo1000 at 16:15 | TrackBack(0) | イケメン

2017年06月05日

羽根田卓也 part.131

takuyahanedaaera0.jpg


本日発売のAERA 2017年6月12日号。
ハネタクのインタビューが6ページに渡って掲載されています。

AERA20170612.jpg



ハネタクの出ている雑誌はほぼ全て購入しているので、
インタビュー記事を読んでもnothing newなことが多いのですが、
このAERAでは、新しい発見がありました。
発売直後なので書き起こしはしませんが、
ハネタクファンなら買っておいた方がいいと思います。


マイナーを覆せ


・いつからハネタクが「川の王子」になったのでしょうか?

・18歳の夏にチェコから父親へ宛てた手紙は有名ですが、
 「お父ちゃんへ 元気ですか?」から始まる冒頭の部分は初見でした。

takuyahanedaletter.jpg


・カヌースラロームの競技人口は1200人。
 部活実績が極端に少ないため、インターハイ種目に申請しても、
 テーブルにさえ載らない。

・ハネタクの師匠の安藤太郎氏が、練習メニューの相談をしてきたハネタクに、
 まずは自分で組んで書いてみてと伝えた。
 送られてきたメニューを見て安藤氏は、コーチ側の「選手にこうあってほしい」という意識を
 超えたその内容に仰天。
 「ヤバいやつが出てきた」と思った。

・日本人交流会にはほとんど来ないので理由を聞いたら、
 日本人に会うと自分が甘えてしまうのが怖いと話していた。

・日本に人工コースができたら練習拠点を移すつもり。

・「僕、何かを達成するのが好きなんですよ。
 目標を掲げたら逆算し、そのために今何をすべきかを考える。」

・「僕ね、実は狡猾なんですよ。ふふふふ」
 女性陣は警戒すべきタイプ

・「アイツは常に計算しています(笑)。」と安藤氏。


takutarou.jpg


インタビュー最後のページには、年ごとにハネタクの
プロフィールが載っていて読み応えがあります。
要チェックです。

このAERAにはハネタクの好きな宮本武蔵の特集記事もありました。
ハネタクが見たらきっと喜ぶはずです。
AERAは電子書籍でも読めるので、もう見ているかも。



前回のブログでもお知らせした舵社のカヌーワールドVol.14。


canoeworld14.jpg


NHK杯の1週間前に地元の矢作川で行われたインタビュー。
わざわざ裸になって逞しい背中を披露しています。

インタビューの内容は、既出のものばかりでしたが、
ハネタクがリオで使用したカヌーは、スロバキアのバイダ製、モデルはMM。
パドルはチェコのガラスポーツ製、長さは143p。いずれも既製品。


カヌーワールドは専門誌なので、勉強になることがたくさんありました。
オリンピックカヌー競技、日本選手の入賞歴や
国別メダル獲得数、スプリントとスラロームの違いが細かく解説されています。
時間のあるときにじっくり読みたい1冊です。


Tarzan No.719にもハネタクのNHK杯での写真がドーンと載っています。


719.jpg


田中宣明氏の撮影。
ハネタクの他にもヨシタク、三島節選手、佐々木将汰選手の写真も。
みんな真剣でいい表情をしています。


そして久々のテレビ出演!


東海テレビ・フジテレビ系単発バラエティ番組
『たけい荘Z 〜壮だったのか!スポーツの極意〜』(6月18日(日)16:05〜17:20)

http://s.news.mynavi.jp/news/2017/06/05/027/


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000387-oric-ent


リオ五輪でアジア人初の銅メダルを獲得し、
カヌー競技の面白さを瞬く間に日本中に広げた羽根田卓也選手は
「日本のカヌー競技の新たな歴史を作る!」と言葉に力を込める。
公私共に親交が深い武井はその姿に尊敬の念を抱き、実際にカヌーを体験。
羽根田選手は、武井の身体能力の高さに「アスリート泣かせ…」と感嘆の声を漏らしていた。


このたけい壮は通常はローカル番組なのですが、
この回は全国ネット特番!!!
今から待ち遠しいです。


笹戸温泉 旬樹庵紫翠閣とうふやのFB。

https://www.facebook.com/shisuikaku.toufuya/posts/1365735300168952


先日、東海テレビ様の撮影が当館にて実施されました。
来たる、6月18日(日)16:05〜「そうだったのか!たけい荘」の放送のために来館されました(*^^*)
当日、武井壮様、リオオリンピックメダリスト羽根田卓也様、元中日ドラゴンズ山ア武司様がご来館され、
当館の温泉大浴場にて撮影がありました(^O^)
みなさん気さくな方ばかりで撮影は
無事終了( ´ ▽ ` )
ちなみに羽根田選手は当館の常連さんということを初めて知り、
従業員はみんなビックリ((((;゚Д゚)))))))

またのご来館をお待ちしておりますm(_ _)m
放送楽しみにしております!
皆様も是非ご覧下さい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



ハネタクの入浴シーンがあるのでしょうか?
見逃せないですね。
posted by pelo1000 at 19:00 | TrackBack(0) | イケメン

2017年06月01日

羽根田卓也 part.130

takumila0.jpg


先ほど、ハネタクがインスタのライブ配信をしました。
今日からさらに仕事が増え、厄介なクライアントを抱えたアラフォーは、
泣きそうになりながら帰宅。
ライブ配信のお知らせを見て、慌てて画面を凝視しました。


明日からフランスに1週間ほど合宿に行くハネタク。
今日は練習が休みで、旧市街のカフェからミランと共にライブ配信。

takumira10.jpg

レモネードを飲みながらリラックスするハネタク。

takumila17.jpg



抜けるような青空。気温も30℃くらい。1番いい季節です。
今年9月に世界選手権が行われるフランスのポー。
ハネタクは今後何度かポーで合宿を行うそうです。

takumira11.jpg


ポーと言えば、昨年のワールドカップでハネタクが3位になった相性の良いコース。
今年の世界選手権も期待してしまいます。





「みんなスロバキアに来て。日本だと対応しきれなかったけど、
 スロバキアだとどんどん練習場に来て。一緒にごはんを食べよう。
 ここでお茶しよう。スロバキアに来なさい。」


takumira12.jpg



あらまあ、ハネタクこんな事言ったら、本当にハネタク女子がわんさか
わんさかスロバキアに来て、イェーイイェーイイェイイェーイ♪になっちゃいますよ。
(レナウン娘って誰もわからないと思うよ、爺さん。)

スナップショット- 13.png


リオ後にスロバキアに住む日本人の大学生とごはんを食べたそうで。
今までは敢えて日本人とは仲良くしなかったハネタク。
心境の変化があったのでしょうか?


最近頭がおかしくなりそうなくらいハマっている石川祐希くん。
龍神NIPPONのメンバーがな・な・なんとスロバキアへ来るのです!
FIVBワールドリーグ2017予選ラウンドのスロバキア大会。
ハネタクもゆーきもいるスロバキア。
考えただけでソワソワします。

ブラチスラバで仕事を探そうかと一瞬本気で考えてしまった
単純なアラフォーです。


話が脱線しました。
カフェを出たハネタク。旧市街を歩いて街並みを見せてくれます。


takumila9.jpg


ミランが撮影してくれています。ミラン歩くのが早いとのたまうハネタク。
なんかハネタクと一緒に旧市街デートしているような気分になります。


takumira14.jpg

長いまつ毛に綺麗な横顔は相変わらずです。

銅像とハネタク。


takumila13.jpg


takumila14.jpg


じゃあね、Ahoj!

takumila15.jpg


takumila16.jpg


今回もかなりサービスしてくれました。
インスタライブ配信はやっぱりいいね!

6月16日からチェコでワールドカップが開催。
本格的なシーズンに突入。
ハネタクの活躍が楽しみです。
こうやって1週間に1度くらいの頻度でライブ配信してもらえると浮気防止にもなります?

まだまだハネタクを応援し続けていきます。






スロバキアで芸能界デビューおめでとうございます。
スタジオ大爆笑。
スロバキア語を話せるってだけで現地の人は嬉しいですもんね。
しかもハネタクの言葉選びのセンスの良さはスロバキア人にも通用しているようです。


takuyastar.jpg


スロバキアでもクマちゃん着てミキハウスアピールするハネタク。
ステキです。

posted by pelo1000 at 21:45 | TrackBack(0) | イケメン
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
頭皮湿疹 by pelo (11/17)
頭皮湿疹 by Kumi (11/10)
羽根田卓也 part.56 by peloさんの大ファン (04/06)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
羽根田卓也 part.99 by pelo1000 (03/27)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。