広告

posted by fanblog

2017年08月03日

仮想通貨による資金調達が可能に!COMSAを早く登録することのメリットがやばい!






こんにちは。
ぺカチュウです。


(本記事後半に、「稼ぐ方法」について記載していますので最後まで見てください)


(COMSAの事前登録はこちらから!早い者勝ちです!)
https://tokensale.comsa.io/?ref_id=24e94dc8ecb61758784ded594b58ed54


(COMSAに関する動画はこちら)
https://youtu.be/9_5JGAXXG9E




なぜ、COMSAの事前登録をすれば稼げるのかを追って説明します。



2017年8月3日、日本社会に革新的なニュースが飛び込んできました。



それは、ICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)が国内で初めて可能となるというニュースです。



ICOとは、仮想通貨を利用した資金調達手法で、すでに海外では行われています。



日本では、これまで、企業が資金調達をする場合に、株式を発行してきましたが、それが仮想通貨で可能になるということです。



簡単にICOについて説明すると、資金調達を希望する企業が、自社の仮想通貨を発行し、その仮想通貨を購入してくれた場合、その購入資金が企業の資本金に充当されるという仕組みで、構造は株式と同じです。



その企業の業績が上がっていけば、その企業が発行した仮想通貨が値上がり、企業に投資した方にも利益が生まれるという仕組みです。



そういった仕組みを仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロという会社が完成させました。



本プロジェクトは、仮想通貨法に基づき運営され、三菱UFJ銀行やFX会社大手のマネーパートナーズ、といった大手金融業界も参画し、日本の金融界や仮想通貨界もこっぞって、本プロジェクトをサポートしています。



参考までに、本プロジェクトに参画している方を羅列します。



本当にそうそうたるメンバーです。



Lon Wong
NEM.io財団の代表理事。ドラゴンフライフィンテック(シンガポール)のCEO


Jeff McDonald
NEM.io財団の代表副理事


村口 和孝
COMSAのパートナー。日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表であるベンチャーキャピタリスト


平野 洋一郎
インフォテリア株式会社代表取締役社長(マザーズ:3853)


西村 依希子
株式会社マネーパートナーズ広報・新規事業推進室長
(マネーパートナーズグループ/東証一部: 8732)


狩野 仁志
株式会社フィスコ代表取締役社長(JASDAQ:3807)


八木 隆二
株式会社カイカCEO兼代表取締役会長(JASDAQ:2315)


兼元 謙任
株式会社オウケイウェイヴ代表取締役社長(名証セントレックス:3808)


岩井 陽介
アララ株式会社代表取締役


Nate D'Amico
CEO of DTK.io テックビューロの開発パートナー


田中 邦裕
さくらインターネット株式会社代表取締役社長(東証一部:3778)


小笠原 治
株式会社ABBALab代表取締役


佐藤 航陽
株式会社メタップス代表取締役社長(マザーズ:6172)


井面 善友
東海東京証券 企業金融部長(東証一部:8616)


伊藤 昌彦
三菱UFJ信託銀行株式会社経営企画部副部長 FinTech推進室長


志茂 博
コンセンサス・ベイス株式会社のCEO。JPX、大和証券、ソフトバンクなどのブロックチェーン実験を実施。
Ethereum Enterprise会員


宍戸 健
東京ビットコイン会議


大石 哲之
株式会社ユナイテッド・ビットコイナーズCSO


家入 一真
株式会社CAMPFIRE CEO


中村 仁
株式会社お金のデザイン CEO



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



====参考=======
(ICOについて)

世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。
出典:COMSA - 実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション



ICO情報を集めたcoinschedule.comによれば2017年1月から7月までのICOによる資金調達総額は1253Mドルと1Bドル(10億ドル、約1100億円)を越える水準にある。今はICOブームのただなかといっていい。
出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表 | TechCrunch Japan



3種類のパブリックブロックチェーンに対応する点、システム技術としてプライベートブロックチェーンを利用する点、日本の仮想通貨法による法的根拠を売り物とする。
出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表 | TechCrunch Japan


=========


仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション「COMSA(コムサ)」とは???



第一弾10月から第三弾までICO実施(トークンセール)を予定しています。



COMSAで発行するトークンは、今後COMSA COREを通してNEMとEthereumのブロックチェーン間で自由に行き出来るようになります。



簡単に言うと、トークンセール中にCOMSAを入手しておけば、最終的にネム(NEM)とイーサリアム(Ethereum)と交換できたり、COMSAトークンを利用して、ICOを実施する企業に投資できたり、コムサトークンの値上がりを期待することができます。



COMSAトークンについては、COMSAプロジェクト用の仮想通貨とほぼ同義と捉えていただいて差支えないかと思います。



先に述べました、企業が資金調達のために独自に発行する新種の仮想通貨は、このCOMSAトークンと交換したりすることも可能となります。



========参考=======

COMSAの顧客企業は、法律上の仮想通貨に相当するデジタルトークンを独自に発行し、テックビューロが運営する仮想通貨交換所「Zaif(ザイフ)」などで一般ユーザーに販売できる。ユーザーは他の仮想通貨や法定通貨との交換でトークンを購入できるほか、個人間で自由に取引することもできる。
出典:ニュース解説 - 仮想通貨による資金調達が加速?国内初ICO支援サービスの中身:ITpro



更に別途、EtheremとNEMのブロックチェーン間をまたいで利用可能な、USドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートします。
出典:テックビューロが仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション『COMSA』を発表 - 産経ニュース

=============



また、緊急時には、仮想通貨法に基づき、種々の制約やセキュリティも搭載していますので安心な仕組みです。



======参考=======

まずテックビューロがシステム、資金管理に責任を負う形とした。日本の仮想通貨法という法的根拠があり、分別管理など仮想通貨取引所に課せられている基準が適用される。
出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表 | TechCrunch Japan



またシステムはプライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンを連動させる形とし、緊急時には切り離して対応可能とした。
出典:日本の仮想通貨法を武器とした資金調達のICOプラットフォーム「COMSA」をテックビューロが発表 | TechCrunch Japan


・法的根拠が明確。日本の仮想通貨法に基づき金融庁の登録事業となる予定のZaif取引所が資金を管理する。
・有識者を集めたICO協議会を設置し、研究や情報発信を行う
出典:http://jp.techcrunch.com/2017/08/03/ico-platform-comsa/


============

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



COMSAのトークンは10月2日に一般市場に公開されます。



COMSAは、COMSAプロジェクトの運営のために自らが国内ICOによる資金調達の1号案件としてCOMSAトークンを発行して資金調達を行います。



そこで、一般ユーザーが手に入れたCOMSAトークンをネムやイーサリアムに変えたり、2号案件以降の企業への投資に回せるということです。



ちなみに、2017年中にすでに2件のCOMSAを利用した資金調達を行う企業が決まっていますので、COMSAトークンはすぐに使用されることとなります。



当然、その際にCOMSAの価値は上昇することが予想されますので、COMSAトークンを早めに入手して、値上がりした時に売るという投資戦略をとることになります。



そこで、ここからが一般の方が稼げる話になります!重要です!!



COMSAは、これから発行されますが、この段階で登録し、だれかにCOMSAを紹介することで、なんとCOMSA全発行総量のうち5%が配分される一員になります!!




さっそく私はその紹介コードを入手しましたので、下記「紹介用URL」から登録して紹介コード入手し、あなたのサイトやSNSなどで、送られてくる紹介URLから紹介してCOMSAトークン全発行量の5%の配分権利を得ることが可能です。



(紹介用URL)
https://tokensale.comsa.io/?ref_id=24e94dc8ecb61758784ded594b58ed54



10月1日までしか登録できない「早いもの勝ち案件」ですので、お早目に!!



本プロジェクトが成功に終わるためには、COMSAが幅広く知れ渡る必要があるので、本ブログのURLをSNSで拡散して、皆さんに教えてあげてください!!



その方が、資金が沢山COMSAに集まり、その5%が私たちに配分されるわけですから、私たちの取り分が増えることにつながります!



積極的な拡散をしていただけると幸いです!!



COMSAについては、本日8月3日に公表された情報ですので、私の記載に誤りがあれば、教えていただけると助かります!!


COMSA紹介動画もYOUTUBEに上げていますのでご覧ください!
https://youtu.be/9_5JGAXXG9E


誤植があれば申し訳ございません。。。


■仮想通貨関連ページについてはこちらの記事をご覧ください
http://fanblogs.jp/pekatyubinary/archive/3/0?1501758021



■相場分析については、こちらの記事をご覧ください
http://fanblogs.jp/pekatyubinary/archive/2/0?1501758077




(YOUTUBEのチャンネル登録はこちら)
https://www.youtube.com/channel/UC5Ouizv9RAY7am4ZNELNMZQ


(ツイッターはこちら)
https://twitter.com/pekatyu777



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6556145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。