2018年02月08日

最近の心理変化(当選率の話)


心理学の世界で言われているこ

いわゆる教科書に載っているものが

時代と共に

変化してしまっているものがいくつもあります。

例えば

当選率に対する中毒性の話です。



8357fcーcf_s.jpg



心理学の世界では

10個のうち1個当たりがあるようなものは

中毒性を生みやすいと

されています。

もちろん対価が大きければ

その個数が減っても機能します。

同じように

10回ギャンブルに行って

1回勝つような状況で

ヤミツキ性を作ると言われています。

部分強化の心理と言われるものです。

ところが最近の心理変化として

10回に1回では熱中しないことがわかっています。

これは人の損をしたくないと考える損失回避性が高まっていることと

無縁ではないでしょう。

もちろん対価にもよります。

高額な宝くじなどは

100回に1回とか200回に1回でも充分に機能しますが

一般的には

10回に1回と言われていたものが

6、7回に1回に変化していると思われます。

みんな損をしたくないのです。

こうした心理の変化を掴んでいくことが

これからの消費活動や

エンターテイメントの世界でも求められていくと

思われます。


例えば

ガリガリ君の当たりは

昔に比べて下がっている感覚がします。

当選率は企業秘密らしいので

仮に景気や材料費高騰で

20本に1本の当たりが出ていたところ

33本に1本の当たりが出るようにしている

という変化は

実は消費者心理と逆のことをしてしまっているのです。

この「当たり」を魅力的に伝えるなら

この今こそ

当選率を上げてほしい


私は


ガリガリ君を


もっと


食べたーい


という心の声を置いておいても


当たりくじの機能を有効に使うためには

そうした施策も必要かもしれません。

ちなみに

私はメロンパン味にハマっていました。


まあ

景品法という

やっかいな法律があり

当選率は上げられない

裏事情もあるのですが

諸行無常





検索
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆メンタルケアハーブティー◆
・100%オーガニックでリラックス
・自律神経専門整体院での採用実績
・今なら980円(50%OFF)

◆トゥルースリーパー◆
・人間工学にもとづいた今までのまくらの概念を超えた新しいまくら


◆フジテレビの動画FOD◆
・動画が5,00本以上
・31日間無料おためし
・「古畑任三郎」「昼顔」も見放題
・人気ファション誌、週刊誌、コミックスも読める