2018年01月10日

アイデアの科学2 〜アイデアはどこで生まれる?〜


私たちは日々色々な問題にぶつかります。

問題解決の方法を考える仕事をしている人だけでなく、

普通の人も毎日色々な判断を求められます。

家族のために何かを考えたり

友人のために何か良い方法はないかと頭をひねったり

アイデアを生み出していかなくてはならないシーンはたくさんあります。

ここでいうアイデアとは問題を解決する方法や物であったり、

新しい着想(考え方)だったり形だったりします。

こうしたアイデアが必要な場合、

あなたはどうやって出していますか? 

机の前でひたすら考えますか?

それとも刺激を求めてどこかに行くべきなのでしょうか?
 
そもそもアイデアはいつ頭にひらめくのでしょう?

どうすればもっとも良いアイデアを湧いてくるのでしょうか?

アイデアはどんなタイミングで出てくるのでしょうか?
  
                     
ではここで最初にあるジャンルで成功した人、

歴史に名を馳せる著名人たちがどうしてアイデアを

作っていたかを見てみましょう。

まずは高校の化学で登場し、

最近土壌の汚染問題などでも耳にするベンゼン。

ベンゼンは炭素と水素が組み合わさった

単純で基礎的な化合物でするが、

その形は発見からしばらくの間は不明だったのです。

ドイツの科学者アウグスト・ケクレは

ベンゼンの構造を探っていましたが、

いくら考えていてもわからなかったといいます。

なやんでなやんでも出てきません。

そしてある日、ケクレは自分の尾を噛んで回転するヘビの夢を見るのです。

そしてそれがきっかけで6個の単結合と

二重結合で環を作っている構造を思いついたのです。

ケクレは夢の中で見たものでベンゼンの形状をひらめきました。

10-2 のコピー.jpg


多少、脚色されて伝わっている可能性はありますが、

このように夢をヒントにひらめきが生まれることは多いのです。

イギリスの作家ロバート・ルイス・スティールも

夢の中で二重人格の元になる話を見て

『ジキル博士とハイド氏』を書いたと言われています。

天才画家のダリの作品やアインシュタインの相対性理論も

ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士も

睡眠中に原子構造がひらめいたといいます。

科学者、画家、医師、音楽家、様々な著名人が

発明や発見を夢の中でしています。

どうやらアイデアが振ってくる

「ひらめき」と「夢」は何か関係がありそうだという仮説が立ちます。

続いてアップル社の共同創設者であり実業家として

名高いスティーブ・ジョブズ。彼はアイデアを生み出したいとき、

考えをまとめるときは散歩をしたというのです。

12-1 のコピー.jpg


またフェイス・ブックの創設者であるマーク・ザッカーバーグも

散歩をしながらミーティングすることを推奨しています。

芸術家ではベートーベンも散歩からインスピレーションを

得ていたと言われています。

風呂で発想をあたためた人もいます。

世界的ベストセラー作家と言われている

アガサ・クリスティは風呂で堅いものを食べながら

小説のトリックを考えていたというのです。

また風呂といえばアルキメデス。

彼も気晴らしに入ったお風呂でお湯が溢れるのを見て

アルキメデスの原理を発見しました。

武田信玄は厠(トイレ)にこもり作戦を考えることが多く、

一晩中こもっていたという逸話も残っています。


 ・寝ながら夢で見る
 ・散歩する
 ・風呂やトイレに入る


今回紹介したこのみっつの方法はごく一部です。

そしてこのみっつ一見、バラバラに見えるが実は

あるひとつの共通項があります。

机上でひたすら考えて絞り出すのではなく、

「寝る」「散歩する」「風呂に入る」

といった直接考えることと違うことをしたということです。

ここにひとつアイデアが作られるヒントが隠れているのです…


こうした直接考えることと違うことで

アイデアを呼び覚ます方法があります。


詳しくは『アイデアの科学』では論理的にわかりやすく

解説しています。誰でも簡単に実践できます。

1月16日SBクリエイティブ、サイエンス・アイ新書から

発売予定です。

ぜひご覧ください。

あなたの頭がアイデアが湧いてくる

アイデア脳に生まれ変われます。







強制されると反発したくなる「ブーメラン効果」

人は単純な部分とややこしい部分がありまして

それは人によって違うのですが

ややこしい部分として

強制されると反発したくなるという心理があります。

人は自分で責任を取りたくないので

あまり自分で重要なことを決めたがらないのですが

とはいえあれこれ人から言われると反発したくなります。

たとえば

両親から「もっと勉強しろ」と言われたり、

上司から「もっと努力しろ」と言われると

逆にやる気をなくしたり、反発したくなる。

そんな経験はありませんか?

110-2.jpg


これをブーメラン効果といいます。

説得(指示)がブーメランの軌跡のように

その行為をした人に負の効果(感情)として

戻ってきてしまうことからそう呼ばれています。

重要なことは自分で色々と決めたくないが、

自分の考えや行動は自由に選びたいという気持ちがあります。

これを立場の違う上の人から強く説得(指示)

という圧力を与えられると、

説得(指示)に反発して自由を得ようとする

気持ちが生まれてしまう。

権力に対する反発心、信頼関係なども大きく影響します。

私も子どもの頃

細かいことを言う母親に

「ティッシュのフタは綺麗に取りなさい」と

細かいことを言われると、それ反発して

ビリ〜とやぶりたくなり、

いつも雑にやぶったことを思い出します。

そして毎回、コテンパンにやられるのですが…

110-1.jpg






検索
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
▼いろいろなコンテンツがあるので見てください
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆楽天マガジン◆
・380円で人気雑誌が200誌読める
・31日間無料でお試しできる

◆トリッブアドバイザー◆
・ホテルの最安値が簡単検索
・最新の口コミが豊富で的確

▼ポチッとしていただけるとうれしいです
人気ブログランキング