2018年07月15日

W杯ロスについて考える


ついにW杯が決勝を向えます。

そこでW杯ロスについて心理学的に考察して

みたいと思います。


W杯とオリンピック

どちらが終わったときに空しさを感じましたか?

双方共に4年に1度のイベントです。

もちろん、見ている人が

どちらを楽しみにしているかで

ロスは大きく変わりますが

W杯とオリンピックでは

一般的にオリンピックロスの方が強いと

考えられます。


それは終了する「終わり方」に

大きな違いがあります。

オリンピックは

競技が次第に盛り上がり

連日の競技がびっしりとあり

閉会式で突然終了します。

競技量と時間経過は

こんな感じです。


1.jpg


感情も同じ感じ盛り上がり

バタッと終わります。

この形はとても空しさを生む形状をしています。


一方、W杯は

日本人の感情としては

決勝リーグ突破まで

盛り上がっていき

決勝リーグで残念ながら負けてしまうと

気持ち的にトーンダウンしてしまいます。

準決勝、決勝と素晴らしい

プレイはあるものの

試合の間隔が空くようになり

試合数が減ります。

サッカーが大好きな人は決勝に向けて

高まっていくと考えられますが

多くの日本人の感情は

試合数が減りや間隔があき

こんな感じになります。

2.jpg


何段階かを経て

段階ごとに下がる気持ちが

ロスを生みにくい構造をしています。


特別、サッカーを頻繁に見ておらず

W杯を中心に盛り上がる多数の日本人は

こんな構造をしていると考えられます。



こうしたロスを生みにくい形状は

実は色々なジャンルや業界に活かせます。

特にエンターテイメントな産業は

「終わり方をどうするか」なんて

意識しながら

商品や演出を考えると

精神的なダメージの軽減になり

ヤミツキ感などを生むようになります。


そしてこれは人と別れるような

ときにも応用できるかもしれません。

2018年07月13日

人はなぜウソをつくのか


人はウソをつきます。

ウソをつく理由はたくさんあります。

たとえば

・自分をよく見せようとするため

・相手を喜ばすため

・自分を守るため

・自分の利益を作るため

などがあると思います。


自分の利益を作るためのウソは悪質ですが

最初からウソをつく覚悟をしているので

なかなか簡単には見抜けません。

でも高まった欲望は

色々なところにメッセージとしてにじみ出ます。



相手を喜ばすウソは内容が嬉しいので

ついつい信じたい気持ちになり

受け入れてしまいます。

ありがたいウソでもあります。



自分を守るためのウソは

罪悪感が一瞬にじむことがあり

わりと見抜きやすいウソです。



私は仕事柄

わりと人のウソを見抜けます。

見抜けるつもりでいます。


でも

見抜いていないフリをして

相手がウソをつく理由を探します。


かわいい答えにたどり着くときもありますが

ちょっとショックな答えを見ることもあります。



ウソをついた相手のことを批判する前に

ウソをつかれないような

人間にならないといけないなと

反省する毎日でもあります。


2018年07月07日

最近の心理傾向


時代や環境の変化に伴い

人の心理は大きく変化します。

そうした心理は時間とともに

人の性格を変えてしまう人もあります。


たとえば

社会全体が不安を煽ったり

不安な要素が増えてくると

当然、不安な感情が増えてくるようになり

不安に敏感な性格へと変わっていきます。

不安な状況におかれると

「よしがんばろう」と

頑強な性格にはなりません。

なる人はいますが

ごく僅かです。



最近の人の心理傾向はこのブログでも

いくつかお話をしてると思いますが

少しまとめてみみたいと思います。


1. 損失回避性の高まり

人は得をしたいと考えるより損をしたくないと考えます。

バブルの頃は体力もありましたし

世間も攻めを賞賛する雰囲気がありましたから

「失敗してもいいじゃないか」と

いう人が多くいました。

最近は

「失敗できない」と感じる人が増えてきて

損を回避したいという気持ちはとても強くなっています。

「損をする」ことがとても嫌な人が

増えてきました。

たとえば「無料」はとても人の心に強く刺さりますが

多くの人は無意識に「得だから」と思っています。

違います。無料に惹かれるのは損をしたくないからです。

有料でもすごく使えるなら人はお金を払いたいと思います。

有料で買って「失敗したらどうしよう」

という気持ちが無料に強く反応してしまうのです。



ポーポーは

この損失回避をずっと研究しているため

日本でも損失回避に関するスペシャリストに

なっていると思います。

企業も商品開発やサービスなどで

損失回避を甘く見て失敗するケースが目立っています。

詳しく知りたいとという方は

ポーポーのホームページからお問い合わせください。



2. 人の認知能力の低下

人の認知する能力は明らかに低下しています。

ざっくりわかりやすくいいますと

人はイメージでものをとらえるようになってきて

細かく見てものを判断しなくなってきています。

メディアも企業もそうした動きを掴んでいて

少しずつ人を誘導しようという動きも見えます。

私たちは注意したいところです。


3. 承認欲求の増加

これは多くの人が感じていると思いますが

人との関係が希薄になってくるからこそ

人から認めてほしいという欲求が増していきます。

人の心理はとても複雑ですが

「抑圧」と「解放」というとてもわかりやすい

動きもあります。

インスタなどに現れていますが

この方向性は限界があり

「承認疲れ」のような現象をこれから

生んでいくと見ています。

ただ承認欲求は水面下でじわじわ広がっていくので

これから人のコミュニケーションは

また少し変化していくだろうと考えています。

そんなコミュニケーションを

商品化したら面白いと思います。

人の人間関係をよりよいものにしていくために

ご興味のある企業は手を組みみしょう 笑



4. 対人関係の二極化

人に関わりたくないという人が増えていく中で

人を支配したいという気持ちが高まっている

ようにも思えます。

ここは少し繊細な話も含むので

ずらずらここで書くと悲しい気持ちになる人もいると思いますから

ちょっと表現を考えてしまいます。

特に危険なのは「支配したい」という気持ちが

少しずつ増えている

これは関わりたくない人に小さく芽生えているというより

突然、何かのきっかけで

開いてしまう人もいます。

あおり運転のようなものは

自分の思い通りにしたいという欲求のあらわれであり

案外、そういう人は普段は優しい人だったり

するのではないか…

と感じています。

車という密室のトリガーがあるのだと思います。



おっと

もっといろいろとあるのですが

長文になってきたので

また書きたいと思います。


あー

もっと書けば良かったかなとりあえず書いておこうかな…






この感覚も




損失回避のひとつかも





そして企業に向けた

メッセージを土曜日に書く

私のダメっぷり

失礼しました




2018年07月03日

一度、保有した「勝利」の感覚を手放すのは痛い


とても残念でしたね。

サッカーワールドカッブの日本VSベルギー戦。

後半の2点で

「これは勝てるんじゃないか」と

夢を見させてもらいました。

しかし

「勝てるかも」が「勝てそう」となり

瞬時に逆転されて

手放してしまった勝利の感覚

このダメージは大きいですね。

見ているほうでこんな感じなので

選手たちのダメージは計り知れません。

なんで

私たちは一度期待してしまったこの勝利を

失うとダーメージが大きくなるのか?

なんか複数の心理が見えますが

もっとも大きいのは

「保有効果」なんじゃないかと思います。


私たちは一度ものを保有すると

「自分の持っているものは価値がある」と思い、

価値を高めてしまう傾向があります。

これを「保有効果」といいます。


アメリカの大学でこんな実験がありました。

学生をふたつのグループにわけ、

片方のグループに大学のロゴ入りカップをプレゼントしました。

そこでカップを手に入れた人は何ドルなら

そのカップを手放してもいいか? 

持っていないグループの人はいくらなら

カップを手に入れたいと考えるか?

という質問をしました。

するとカップ所持者は

平均5.25ドル以下では売ろうとせず、

持たない人たちは平均2.75ドル以上では買おうとしなかったのです。

自分の持っているものは価値が高いと見積もってしまうのです。


158.jpg



私たちもまた

かなり強いベルギーという相手から

「勝利の可能性」というものをもらいましたが

保有している時間が

それなりにあったことと時間が経過してエンドが見えてきたこともあり

ために価値を高めてしまいました。

一時「勝利の感覚」を保有してしまった

と考えるとこの保有効果のような

心理的な影響があると考えられます。


しかし

日本代表はとてもがんばりました。

サッカーのおもしろさがより

伝わりました。

感動をありがとうと言いたいです。


さてワールドカップも

ベスト8がそろいはじめて

白熱した戦いが増してきます。


ポーポーは

日本を負かしたベルギーを筆頭に

クロアチア、ポルトガル(すでに敗退してしまいました)

それにロシアが面白いと予想しています。

これから

どうなるのか楽しみです。

2018年06月28日

日本代表の「ハネムーン効果」


西野ジャパンが好調なのは

西野監督の指導や戦術が

ハマっていることもあるのでしょうが

ハネムーン効果の可能性が高いな

と見ています。


みなさんも

新学期の新しいクラス、

新社会人として会社に勤めることになったり、

企業の組織変更による新しい部署など環境が変わると

一時的に気分が高まりませんか?

人にはこうした心理効果があり

この効果をハネムーン効果といいます。

大好きな人と夫婦になれて気分がもっとも

高まっているハネムーンの時のような状態をいうのです。

1.jpg



新しい環境では

気分一新気持ち良いということだけでなく

自分の利益とも結びついていると考えられます。

マンネリな環境ですでに評価されているものを

変えていくには大きな努力が必要ですが、

新しい場所で自分の評価がゼロのところから

良い評価を得ようとするほうが効率が

良くやる気を得やすいですよね。


このハネムーン効果が利くのは意外と短く

約6週間。


2.jpg


西野監督が最初に指揮を取ったのが5月30日の

ガーナとの親善試合。

効果が切れる前に結果が出て

選手のモチベーションも上がったと思います。

評論家は就任の準備期間は短いと言いましたが

心理学的には正解だったのです。


ハネムーン効果はいろいろなシーンで使えます。

マンネリ気味で

良い結果が出ないときは

経営的にも指導者を異動したり

自ら指導者を変えたり

いろいろとやってみるといいと思います。


2018年06月27日

W杯に見る心理効果



そろそろ決勝リーグが見えて来て

グループリーグも終盤です。

特別、応援している国がなくても

今回はこの国を応援しようという

気持ちがでてくるころではないでしょうか?


見ている側にも面白い心理がみえはじめます。

ひとつは今回、強いチームを応援したくなる心理です。

この心理をバンドワゴン効果といいます。

「バンドワゴン」とはパレードの先頭を走る楽隊車のこと。

先頭のバンドワゴンに乗ることで大勢の意見に

乗ることを意味しています。


もう一方で

グループリーグで負けてしまいそうなチームを応援したい

気持ちもでてきます。

こうした心理をアンダードック効果と呼んでいます。

弱い相手に同情を寄せる判官贔屓という言葉があるように、

日本人が昔から持っている感覚です。

36・37.jpg



自分の利益に関わるものはバンドワゴン効果が出やすく、

自分の利益と関係ないところでは

アンダードック効果が働きやすい。

人はちょっとわかりやすい構造をしています。


2018年06月25日

ゴールキーパーのストレス(サッカー選手の心理)


W杯が盛り上がっています。

日本もセネガル戦で引き分けに追いつき

ぐっと決勝トーナメントに近づきました。

楽しみです。


セネガルの試合でセネガル1点目

ゴールキーパーの川島選手の

シュート処理をめぐり

批判があるという話も聞きますが

確かに結果的にパンチングか

取るかという問題はありましたが

私は責められないと思います。

ゴールキーパーの精神的なストレスは

私たちの想像を絶するものがあります。


海外の研究者がサッカー選手の

ストレスについて研究したものがあります。

その中で

顕著だったのは

ゴールキーパーのストレスでした。

特にナイターの試合では

知覚に影響を与えるので

強いストレスになっていたそうです。


また

試合開始から数分間はキーパーには強烈なストレスが

伴うそうです。

他の選手が

「よし、やってやるぞ」と

強いモチベーションを持つ中で

キーパーの心理的な負担は大きいようです。



セネガル戦は20時開始でした。

1点目が入ったのが11分後です。


条件は相手と同じといえ

キーパーにはそうした背景があることを

理解してみると

また試合がすこし違って見えるかもしれません。


ちなみに

フォワードの選手のストレスは

試合に出られないこと。

人は抑圧と解放があると

効果的に能力を出せるので

後半にフォワードの選手交代は

とても活きてくるのだと思います。


私も

休みがないことよりも

仕事がないことのほうが

ストレスなので

もしかして

ちょっとフォワードの選手に近いかも

仕事の内容は









ぜんぜん攻めていないけど…








2018年06月24日

人間関係の感情傾向



最近、人に関して気になる「ある傾向」を感じます。

少数の人のサンプルで全体傾向を語ることは

愚かなことだと思いますので、

私の印象的な話です。


人に関与したくない、関与されたくないという人が

増えていると感じます。

これは人と会うことを仕事にしている人から聞く話や

私も企業とかで会う人の傾向や

会社や学校の責任者が語る話から

そうしたことに近い話を聞く機会が増えてきたからです。


うちの母のように

知らない人にどこでも話しかけるそんなタイプの

ひとが減ってきたと感じます。

(それはそれは迷惑)


人に関与したくない、関与されたくないと

思う一方で深層心理の奥には


1. 認められたいという気持ちが溢れている

2. 弱い人を支配したい
 
 思い通りにならないと気に入らないとすぐ思う


そんな感情が見えます。

前者はインスタなどに

後者はあおり運転などに

あらわれてきていると思うのです。


感情をコントロールできない人は「悪」みたいな風潮が

あります。特に日本人はその傾向が強くあります。

しかし、私は感情的なものもその人の個性であり

あまり過敏に反応することないと思います。

問題なのは感情的な行動で

他人に迷惑をかけないようにするということでしょう。

イライラして雰囲気を悪くしたり

よく見せようと話を盛ったり。


これは自分にも心当たりがあるので

注意しなくてはと思っています。




人間は完璧ではない

完璧にあろうとすることもない

ただ人に迷惑をかけないように

感情を出来事に乗せて

生きていきたい

だって







人間だもの





(ややパクリ)

2018年06月18日

行動経済学的にW杯で日本を応援する心理

ワールドカップが開幕し

世界のトップ選手の技に

魅了されております。

すごいですよね。

毎日、感動しております。

d8bfb39_s.jpg



今回はtotoも買えるようで

応援に熱が入る方も多いと思います。

明日の火曜日は日本戦なのですが

「日本が勝つ予想をして日本を応援したら

より楽しい」

と青写真はこう描かれるのですが

でも

行動経済学的に考えると

「コロンビアに勝てないだろう」と

利益を取るコロンビアを予想している日本人が

たくさんいるでしょう。

すると

当然、コロンビアを応援してしまうのです。

つまりtotoあることで

結果的に日本は応援されなくなってしまう

そんな流れがあるでしょう。


力が拮抗しているといいのですが

どうも

世界は強いですから

結果的に

「日本を応援したい」というビュアな気持ちより

「お金を儲けたい」という気持ちが勝つ

こんな構造が見えてしまいます。


え?

私ですか?

私はもちろん純粋にビュアに純真に日本を応援しますよ。

なぜなら













toto買い忘れたから

2018年06月14日

レシートを買ってくれるサービスについて


昨日ぐらいから

レシートをアプリで撮影したら10円で買ってくれる

そんなおもしろいサービスのことが

テレビやネットで紹介されています。

上限が1日10枚となっているとしても

すごいサービスだとシステムがダウンするぐらい

利用されているそうです。

購買傾向を企業に販売するという

視点はとてもおもしろく

捨てられるものを再利用するということに

とても感動します。


ただ少し心配もあります。

みなさん個人情報が流失することに

危険性を感じているみたいですが

それも含めて

私はこのビジネがこの先に進む場所が

ちょっと危険かなと感じます。


私は会社員時代から

企業の新しいサービスを評価したり

利用者や運営者や競合他社の心理を考えて

そのモデルが成功するか

評価して改善していくお手伝いをしています。

同じように

どこかの会社がこのサービスをついての

評価してほしいという依頼が来たら

「初期はインパクトもあり良いと思う

でもこの先に利用者・運営社に『変化』が現れ

それをどう乗り越えられるかが疑問」

と答えると思います。



あまり詳しくは書けませんが

論理的にもみると

報道されているこのサービスだけでは

運営会社・利用者・データ購入会社

収益はなかなか頭打ちになることが見込めます。

そのときに

それぞれが心理的に

このサービスを変化させていくのが

見えます。

そこの変化にうまく対応できないと

それぞれが苦しい立場になるかなと感じました。

例えばそのひとつとして

このサービスは学生さんとって魅力的です

企業側も大人の購買動向はつかめていても

学生の購買動向はなかなか掴めていない現状があります。

ポイントカードなどの収集できるデータが

ないことが多いので。

1枚10円で買ってくれるなら

みなさんは次にレシートを分割することを考えます。

ひとつひとつ別々に買ってレシートを増やすという変化です。

そしてお父さんからレシートをもらうことを考えます。

するとそのデータは

本来、同時に何を買うのかという付加価値が減ったり

ゆがんでしまいます。

日常買うものが分割されて伝わったり

高校生がスポーツ新聞を買っていたりと

違うデータになります。

これは買う企業としても魅力が弱くなります。

運営会社はそれに条件という変化を付けていくでしょう。

また運営会社は利益確保のために

データを広告など別の目的で使い始めます。

当初の目的と変化させて使います。

そのときにデータは別のセキュリティの甘い会社に

委託され、データが流れる。

そんなこわさも感じます。

これは一例で

もっといろいろなことがあると見ています。



高校生がおもしろいことに着目して

新しいビジネスを展開していくことは

日本全体のためにも

良いと思うので

良い方に向ってほしいと思います

ホント日本はこういう新しい

血が入っていかないと

アカンです。

検索
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
▼いろいろなコンテンツがあるので見てください
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆楽天マガジン◆
・380円で人気雑誌が200誌読める
・31日間無料でお試しできる

◆トリバゴ◆
・料金を比較して最安値を探せる
・ホテルの検索が簡単

◆トリッブアドバイザー◆
・ホテルの最安値が簡単検索
・最新の口コミが豊富で的確

▼ポチッとしていただけるとうれしいです
人気ブログランキング