2018年01月11日

貴乃花親方の席も悪かったんじゃないか

貴乃花親方の理事解任が決まってから

しばらく時間がたちますが

まだなかなか沈静化することなく連日

テレビで取り上げられています。

暴行問題、八百長疑惑といった話ではなく

貴乃花親方と相撲協会の対立構造のほうが大きく

とりあげられているところに違和感をおぼえます。

人はこうした対立構造が好きです。

問題となっている貴乃花親方と相撲協会の対立は

複合する問題によって悪化していったと感じます。

「礼」に対する感覚的な問題もあり

どうもすっきりしません。

双方の反応を見ていると

感情的な問題も根深く横たわっている気もします。

そんな中、感情的な問題として

理事会での席もまた悪かったなと思います。

3f2_s.jpg

アメリカの心理学者スティンザーは

会議における発言者の心理と座る場所についての

研究をしてデータを集めました。

すると

@対立することが多い相手とは向かい合わせに座る。

Aある意見に対する反論はその意見の直後に出やすい

Bリーダーシップが弱い議長だと向かい合った席との私語が多くなり、

リーダーシップが強すぎると隣の席の人と私語が多くなる。

 これをスティンザー効果、もしくはスティンザーの三原則といいます。

理事会での席は決まっていると思いますが

貴乃花親方の前方に理事長という空気が

余計に感情的な閉鎖感覚を作るでしょう。

反対意見が出そうな相手とは横に座ることで反対意見を

出にくくすることができます。

仕方ないとはいえ、様々な問題に加え

理事会の席の場所も悪かったな〜

と感じます。

一見合理的な判断をしてるように見せ批判をかわそうとする

協会側の意図も見えますし

貴乃花親方のこだわりというか美学というか

応援している人もたくさんいるので

もう少しうまくやったらいいのにと思うところもあり

協会の気持ちも親方の気持ちもなんかわかりますので

なかなかモヤモヤする話です。


ただ相撲の迫力と面白さに陶酔できる

日が来ることを願ってやみません。

64.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7185164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆楽天マガジン◆
・100%オーガニックでリラックス
・380円で人気雑誌が200誌読める
・31日間無料でお試しできる