広告

posted by fanblog

2018年06月21日

日本の色が生まれた背景


前回のブログに引き続き

日本の伝統的な色の話をしようと思います。

今日は日本の色が生まれた背景を少し説明します。

多くの国では、

まず明るさを「白」で、

暗さを「黒」で表現し、

寒色や暖色の色が加わっていったというのが

一般的な色が生まれて派生していった経緯です。


ところが

日本が歩んだ色名の歴史はちょっと違います。

原始日本には

「赤」「黒」「青」「白」という4色が生まれました。

「赤」は「明ける」「明るい」から生まれた色、

「黒」は「暮れる」「暗い」から生まれた色です。


古代の日本人は「黒」の反対色は

「白」ではなく「赤」なのです。

「白」は「知る」「印」「顕」などが語源といわれ、

はっきりと現れるものを意味しました。

「青」は「淡い」や「漠」を語源で

広い範囲の中間色を表す言葉なのです。

英語の「blue」の原義は、

古フランス語の「bleu」(輝く)です。

日本とはだいぶ由来が違いますね。


2.jpg




青はこんな良質のイメージもあることから

世界でもっとも多くの人に

好まれる色といえるでしょう

世界に飛躍する日本代表には

「輝く」青になってもらいたいです。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7804440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
▼いろいろなコンテンツがあるので見てください
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆楽天マガジン◆
・380円で人気雑誌が200誌読める
・31日間無料でお試しできる

◆トリッブアドバイザー◆
・ホテルの最安値が簡単検索
・最新の口コミが豊富で的確

▼ポチッとしていただけるとうれしいです
人気ブログランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。