2018年09月26日

貴乃花親方の引退について思うこと


貴乃花親方の会見を見ました。

協会の会見も見ました。

貴乃花親方は平成の大横綱ですし

相撲協会を改革してくれる期待がたったので

非常に残念です。


双方の表情と行動を見ていると

協会側の

「貴乃花がいるとなんか面倒だよね」

「もう少しうまくやってくれないものか」

という意志があるのはわかります。

一方、貴乃花親方の

積極的に理解し合わないような姿勢と

弟子を思う愛情が空回りしている感じは否めません。

少しかっこつけたいという気持ちと

たぶんコミュニケーションや何かに

コンプレックスがあってそれを積極的にしたくない

という気持ち

わりと自分ひとりで思いこんで決めてしまう

そんな性格が見えます。

私は貴乃花がすごく好きですが

このまま協会に登り詰めて

理事長になっても

協会はうまくいかないでしょうね。

だかにこの自滅はとても惜しい

惜しいけど仕方なかったと思います。


そんな貴乃花親方をうまくのせて

広告塔にするぐらい

協会に器の大きさがあれば

変わったのになと

とても残念です。


相撲協会の体質の古さ

貴乃花親方の性格

それがうまく交わらなかった

なんか苦しさが見える話でした





撤回してくれないかな








2018年09月24日

1秒で相手を見抜く・自分を変える「色と性格の心理学」特徴紹介


本日はポーポーの新刊を項目ごとに

少し詳しく紹介させていただきたいと思います。


21-1.jpg


[タイトル/概要]

1秒で相手を見抜く・自分を変える
「色と性格の心理学」


色の好みと性格の間には相関関係が

あることがわかっていて

世界中で研究されています。

本書は色の好みと性格の研究をしている

国内外の研究者のデータに

ポーポーが長年、色彩心理の現場や

性格診断の前線で集めたデータを

反映したもっとも信頼できる

色と性格について記述した書籍になります。


青が好きな人はこんな性格と

そして色と性格の関係を記述しただけでなく

色を使って自分の性格を変えたり

相手を無意識に動かしてしまう秘術をたくさん

掲載しています。

色を使うと「無意識に変えられ

そして「瞬時に」わかったり

動かすことも可能です。


[掲載色]

色と好みのと性格の関係について掲載色は

・赤

・ピンク

・橙

・黄色

・黄緑

・緑

・青緑

・青

・水色

・紫

・赤紫

・藤色(薄紫)

・赤

・茶色

・白

・黒

・グレイ

・金色

の18色です。

ここまで細かく出ている書籍はないと思います。


[性格診断の内容]

単にこんな性格です。ということだけでなく

・基本性格

・人間関係

・恋愛

・健康

・仕事/向いている職業

・強みと弱み(どうするとさらに良くなるのか)

などを細かく分析しています。

もちろん改善へのアドバイスもあります。


心の中には色神(シキガミ)いて人をコントロールしている

というサイドストーリーがあり

色ごとに1体もしくは2体の色神を紹介しており

全部で23体の色神を紹介しています。

色神のキャラクターを見れば

端的にどんな性格かがわかります。


[応用]

色と性格の関係を知るだけでなく

色を使って自分の性格を変えたり

相手をコントロールしたりという心理術を紹介しています。

心理学+色彩心理による

強力な心理術になるので

みなさん悪用しないでください。


さらにこの話は主人公を通した

物語があり巻頭と巻末にストーリー展開があり

本の世界観をよりおもしろく高めてくれています。


ぜひみなさん

予約して読んでみてください。



あなたの生活が


色で


あふれます







2018年09月21日

頭の良さを考える


人を評価するときに

よく「頭が良い」と言いますが

私はこの評価にどうも違和感を覚えていました。


6dacd1_s.jpg



「頭の良さ」と言っても


・回転が速い(情報処理能力)

・何でも覚えている(記憶力)

・持っている情報が多い(知識量)

・アイデアがすごい(発想力)

・問題解決力が高い(分析力)

・コミュニケーション能力が高い

・環境適応能力が高い(適応力)

などいろいろあって

これは脳の中でも動いているところが違うので

これをまとめて同一に評価するのはどうなんでしょう

と思うのです。

例えば

頭の回転がはやいからといって

記憶力が高いとは限らない

分析力が高い人が

コミュニケーション能力が高いとはいえない。


確かに複数の能力に長けている人もいますが

必ず複数の能力が高いとは言えない。


なので

分類して評価すべきなのではないかなと思うのです。




みなさんは自分はどれが優れていて

どれが苦手で

どの能力を高めたいと思いますか?


私は

オールマイティー能力はいらないので

仕事柄「発想力」が欲しいなー

あと環境適応能力も乏しいので

これもほしい。

もともと「知的」というのは

知識量ではなく

環境適応能力だと思っています。


いや

今の私に一番必要なのは…


大勢の人の中から








1番偉い人を見極める能力かもしれない…



2018年09月19日

樹木希林さんの思い出


樹木希林さんが亡くなって数日

連日、希林さんのニュースが

流れており、その偉大さを改めて知ります。


私が樹木希林さんを初めてみたのは

遥か昔、小さかったので

「寺内貫太郎一家」や「ムー」は

全く記憶がないのですが

「ムー」の続編である「ムー一族」の記憶は

はっきりと残っています。

私は樹木希林さんを思い出すと

最近の作品ではなくこのドラマを思い出します。


老舗の足袋屋を舞台に

家族のコミカルな話が繰り広げられれ

唐突に色々なものが始まり

物語があってないような

ドラマのようなコントのような

不思議なドラマでした。

私はたぶん小学生、それも低学年ぐらいでは

なかったかと思いますが

毎週毎週楽しみにして見ていました。

樹木希林さんは謎のお手伝いさん役で

浪人生の郷ひろみさんと漫才のような掛け合いを披露していました。

たぶんその中で

歌を歌うシーンもあり

「林檎殺人事件」が出て来て

なんかすごくヒットしていた記憶があります。

たしか生放送の話もあったような記憶があり

なんかドタバタだったような気もします。


それからドラマでも映画でも

ちょいちょい見かけるようになり

なんとも味のある俳優さんだったな〜

と感じます。

松田優作さんの伝説のドラマ「探偵物語」では

誘拐犯一味のボスの役なんかもやっていたんですね

見てみたいな〜



そして私は未だに樹木希林さんが亡くなったということが

どうも理解できません。

なんか今でもご家族の後ろとか

撮影現場の後ろからなんかぼそっと

声をかけているような気がしてならないのです。



2018年09月18日

マックが調子悪い


どうもマックが調子が悪く

困っています。

メニューの改変や家族層の取り込みで

少し調子は上げてきましたが

まだまだて…




って


違います。

ポーボーが使っている

PCのMACの話でした。

とても不安定になってしまいまして

いつ活動限界を向えるかあやしい。

だいたい欲張ってギリギリまでと考えると

失敗することも多いのです。


長年使っていてお気に入りでしたが

あー

新しいMAC買わないとダメかな〜

あー

分割かな〜

いやーでももったいない。


うちのばあちゃんは言った

「道具をケチるといいことない」




いっそ

これを機会にウインドウズに

なんて勇気は私にはなく

心の窓は開きそうもないかな。


よし

消費税が8%のうちに

MACを買おう…








長い


2018年09月15日

あぁモスが…


なんとなくお別れの予感があるお店があります。

それは

モスバーガーです。


運営会社であるモスフードサービスの

2017年4〜9月期連結決算は、

売上高が前年同期比0.4%増の359億円、

営業利益は大幅に減少している。

店舗も減っているみたいですし

勢いがないところに

食中毒の話。

それも店舗ではなく本部から送られた

食材が疑わしいというのは致命的な

問題と思います。


人の心理を考えると

どこか遠くの店舗で食中毒が起きても

地元の店舗は大丈夫だろうという

気持ちを持つ人もいると思います。

でも、本部が絡んでいるとすると

地元の店舗はヤバイかもしない

わざわざ今行くこともない

マックに行こうとなるでしょう。


飲食店において食中毒は致命的な問題に

発展します。

以前、ガストを運営するすかいらーくグループは

ビュッフェスタイルの店舗を

数店舗出していました。

ガストに出てくるメニューが食べ放題のイメージで

連日、子どもたちや主婦たちで大混雑していました。

ところがある日、そのお店が食中毒を出してしまい

あんなに混雑していた店なのに

閉店に追い込まれ、チェーン化の動きは

頓挫してしまいました。


食中毒は命に関わる問題に発展することも

少なくなく、飲食店のアキレス腱ともいける

問題です。


モスは伸び悩む売上の中、この食中毒による

客離れで致命的なダメージを受けると

思います。

さらに他のチェーンと比較すると

若干高い値段なのがこの問題を

かなり厳しいものへと落すでしょう。

高いけど → 安心

高いけど → おいしい

といった気持ちの落しどころがなくなってしまいます


地元野菜がたくさんのバーガーや

地域性のある期間限定バーガーなど

よかったのになー

と残念な気持ちです。

ロースカツバーガー

好きだったのになー


もしモスが立て直しをするとすると

方法は

最初に

・安全、安心なシステムを再構築しその宣伝キャンペーンを

しつこいぐらいやる

次に

・新生モスのイメージを作る。カラーを変える、メニューを変える

価格を変える、イメージを変える


・各地の復興とからめた地産池消型のキャンペーンを

大々的にやる


他にもあれもこれもいろいろとやるべきことはあります。


莫大な費用と時間はかかると思います。

たぶんそのままだとそのまま小さくなってしまうでしょうね。


モスは色々なことを挑戦しているから

新しいことをいろいろできる企業だという印象が

あるかもしれませんが

私は細かいところに保守的な部分を垣間見ますから

会社の組織は案外ふるい体質ではないかと

思っています。

時代の変化に対応できなかった企業なので

たぶん難しいかなと思っていて

なのでお別れの予感がしています。


いやいや

どうかがんばって復活してほしいです。

モスファンのひとりとしてそう願います。

2018年09月13日

ポーポーの新刊紹介


ポーポー・ポロダクションの新刊が出来上がりました。

21-1.jpg


「色と性格の心理学」


好きな色と性格の関係を知り、

どんな人なのか、どんなことが向いているのか

を知りましょう

という話です。

ただそれで留まらず、色を使って自分の性格改善をしたり

相手をコントロールする方法を解説しています。


9割は論理的に科学的な根拠をベースにしています。

海外、国内の性格と色の好みの関係のデータに加え

長年ポーポーが集めてきたデータも加味した

ものです。

残りの1割はちょっとファンタジー要素をいれて

楽しく読んでもらえるような内容になっています。

本の周りに並んでいるキャラクターは

「色神(シキガミ)」と呼ばれる神サマの使いです。

陰陽道では「式神」とも呼ばれていました。

色神が繰り広げる不思議な性格と色の本になります。

ポーポー・ポロダクションの書籍らしく

よみやすくわかりやすいけど内容をぎっしり詰めて

論理的に科学的に解説しつつ

世界観や遊び心を大事と思って書きました。


10月11日日本文芸社より発売予定です。









2018年09月12日

頭の良い人とは


私たちはよく「あの人頭いいよね」と

人を評価することがあります。

でもいつも何か違和感があって

よくよく考えてみると

頭が良い人っていっても

・頭の回転が速い人(情報処理能力)

・なんでも覚えている人(記憶力)

・持っている情報が多い人(知識量)

・アイデアがすごい人(発想力)

・問題解決力が高い(分析力)

・コミュニケーション能力が高い

などなどいろいろなタイプの人がいて、

これって脳が活動している部位も違いそう。

もちろん複数優れている人もいめけど

このバラバラなものをひとつにして

「頭が良い」と言っていまうのはちょっと変だよと

思うのです。



ちょっとお馬鹿な私としましたら

興味あるので

晩ご飯食べてお風呂に入って

寝る前の30分ぐらい

毎日、ちょっと研究してみようかななんて

思っています。

そして賢くなりたい




2018年09月11日

なぜ協会の問題が続くのか?


今日は教会の話をしようと思います。

2aed14_s.jpg


うちの家は仏教で、まあ仏教といっても

お葬式ぐらいでもう無神論者に近いような感じでした。

私もあまり信仰については興味がないのですが

2回ぐらい友人にさそわれて朝の教会に行ったことがあります。

なんか面白い場所で…







って違う


今日は協会の話をするんでした。




ボクシング協会、体操協会と

トップのパワハラが続けて問題になりました。

この問題はこのふたつの協会だけでなく

スポーツ協会全体が抱えている問題と言えるでしょうね。

もちろん、氷山の一角で

水の下にはたくさんの問題協会があると思われます。

少し前から

「やべーぞ、俺たちもバレるかな」

「今から関係者に口止めしとこうぜ」

みたいな感じになっていて

首元が涼しい関係者はたくさんいると思われます。


その根拠となるのが

大きくふたつあります。


ひとつは日本における協会組織の構造。

トップの人に権力が集中し

鶴の一声でものが決まる。

合議制ではなくなり

反対意見の人は排除され

この形がどんどんエスカレートしてしまいます。

トップは自分が偉いと錯覚し

どんどんエスカレートする。

周りの人間は保身のために意見がいえない。

あれ?

これって学校や企業のいじめの構造に似ていますね。

そうなんです、これいじめの構造に似ているのです。

協会の上にあるお上の組織はまさに教師で

見てみないフリ。

いじめっこが協会トップで

周りの理事的な人は傍観者。

だからこの構造を抜け出すには

お上の責任と傍観者の責任も多いんですよ。


さてもうひとつは

トップに行くまでの人が辿った経緯が

人をおかしくするということ。

ひとつのアカンルートは

叩き上げのように自分も上から

暴力や精神攻めを受けて

絶えて絶えてトップになる人。

圧力を受けながら最初は「この形はいけない」と

思っていても

自分がトップになると結局同じことをしてしまう。

人間には悲しい因果があるのです。

虐待を受けた人が大人になると自分も虐待してしまう

そんな心理と少し似ています。

この心理を作っているのは複雑な複数の心理があり

「これが原因」と言えないのですが

不幸な回路が出来てしまうとそこから抜け出すのは

実はとてもとても大変なのです。

脳の構造的な問題も大きいと考えられます。


そしてもうひとつは

ちやほやされてエリートの道を進んできた人。

最初からずっと特別扱いされるので

自分は特別と勘違いしてしまうため

無謀なことを弱い人に求め

その権力を誇示してたり

自分はこんなことも出来ると自己満足するのです。

この根底には低い自尊感情があります。

スポーツの実績と上に立つ人の心とは

全く別なものであることがわかります。


特にスポーツ協会は

縦割りの形が長く続いた構造を通ってくるので

こうした問題が強くでるのでしょうね。

こうした構造を作りやすい環境だからこそ

トップになる人はこの甘い誘惑をやぶれる人でなくては

なりません。

スポーツをやっていた人は甘い誘惑に陥りやすいですが

真のスポーツマンならこの構造をやぶれるはずです。

初心に戻りましょう。



2018年09月10日

感度を上げる


今日は「感度」の話をしようと思います。

感度と言ってもエロい話ではありません。

いやたまにはエロい話をしてもいいのですが

タイミングが不謹慎ですし

いや、もう自分の存在自体が不謹慎なので

いまさら何を取り繕うときな感じもしますが

今日は感度といっても

感受性

の話をしたいと思います。


人の心を扱う仕事や企画の仕事をしている以上

感情性はとても大事にしないといけないものだと

思います。


心理の仕事で大事なのは

観察力、そして変化を察知する感覚です。

人の心がどう動くのか考えることも大事です。

企画も人の心を動かしてなんぼなので

自分の感受性が豊かでないと

これはもういい企画は作れません。


ところが最近残念なことに

自分の感度が落ちているなと

感じることがたびたびあるように思いました。


昔はこういうことでよくワクワクしたなと感じたものが

あまりワクワクしなくなってきました。

とてもアカンです。


この感受性のことを思い出すと

いつも思い出すのは

少し前に行った舞台のことです。

舞台に出演する吉本の芸人さん

たちの取材、インタビューをして記事にした

ことがきっかけで主催者が舞台を招待してくれました。


吉本の芸人さんが出演しただけあって

コメディ要素があるのですが

そんなに面白いと感じなく

見ていたのですが

私のすぐ横にいた人は大爆笑。

よく見ると宮本亜門さんで

腹を抱えて笑っていらっしゃいました。

えー

えーなんでそんなに笑うとこ?

えー

と驚きました。

たぶん宮本さんと私では見ているものが違う。

敏感さも準備もベースも違う。

むしろ宮本さんのほうが

笑いには厳しいと思ったのに…


宮本さんの感受性…

素晴らしい。

すごく感動したものです。


私はいつも感受性の話になると

この話を思い出すのですが

やはり感度を上げていかないといけないと思うのです。

特に笑いは

「笑う準備」が大事で

「よし笑うぞ」という気持ちで行くと

出演者が出てくるだけで笑ってしまうものです。


私は鈍くなったこの感度にびくびくしながら生きていて

ふっと電車の中で

鉄拳さんのパラパラマンガを見てみました。

すると

なんかもう嗚咽するぐらい

泣ける感情が湧いてきて

さらに「俺まだ泣ける感度はある」なんて

気持ちが拍車をかけたりして

なんかもう電車の中で泣いてしまいました。















あぶない人です






検索
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
▼いろいろなコンテンツがあるので見てください
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆楽天マガジン◆
・380円で人気雑誌が200誌読める
・31日間無料でお試しできる

◆トリッブアドバイザー◆
・ホテルの最安値が簡単検索
・最新の口コミが豊富で的確

▼ポチッとしていただけるとうれしいです
人気ブログランキング