2019年08月07日

表現の自由 続き

色々な思いがあり、昨日のブログの続きを書いてみたいと思います。

芸術監督の津田さんがその後

これはジャーナリストとしてのエゴだったかもしれない

とおっしゃっています。

私はその発言を複雑な思いで聞きました。

やはりそうかと思う一方で

心の奥には

もっと深い決意もあったのかもしれないと感じました。

言い訳や防衛的な言葉ではない言葉が

出てきたことでその決意の強さを感じます。



私はたくさんの人が不快になるものを

表現の芸術として出すことに抵抗があります。

でも、自分の考えを押し通すために

暴言や脅迫をするこの流れはあってはならないものだし

こうした言ったものがちの社会もなんとかしなくてはいけないとも感じます。

また

「すべての表現は自由に保障される」という表見の自由と

「誰かが強く不快に感じる」というものは

同じベクトルの上で議論してはいけないものなのかもしれない。

私はアーティストではありませんが

表現する仕事をしているものとして

よく考えていきたいと思います。


私はゲーム関係の仕事をしていたときは

ゲーム情報誌の編集をしていました。

お店にその情報誌を置いたところ

店長からこんな話をされました。

ある日、ゲーム情報誌を手にした男性がお店に飛び込んできて

「子供が自由に見る情報誌に、こんな画像を見せていいのか」

とあるゲームのゲームシーンが載っている部分を持ってきたそうです。

それはゾンビを倒す人気ゲームで主人公がチェンソーで

ゾンビに首を切られようとするシーンの画像でした。

店長はそのことを本部の SV(スーパーバイザー)に言ったそうです。

すると SVは表現の自由でそんなことをクレームを気にすることはない。

とのこと。

「私はおかしいと思ったのですが、間違っているのは私ですか」と

相談を受けました。

「いえ、私は間違っているのは SVのほうです」といい

当時、下っ端だった私は上司に掛け合って次から気をつけようと

いう話になりました。 SVにも話をしましたが

上司も SVもあまりピント来ていなかったようです。

そしてしばらくして私が編集長になると

ホラーはそうしたあぶない部分が魅力なのですが

ここは気をつけていこうとみんなに話をしたことを思い出します。

特に多感な子供の影響はメーカーの公式リリースだから

他の情報誌もやっているからではなく

繊細に考えていこうと思いました。

また

私が1冊目の本を書いたときに

悲劇の象徴として白血病を取り上げたことがあります。

すると読者の方からお手紙をいただき

最近の物語は白血病を題材にしたものが多く

商業的に利用されている家族の身にもなってみろという

内容でした。

私は世の中に病気の辛さや病気のことを知ってもらうために

そうした表現はありだろうけど

ただ不幸の例として書き不快に感じる人を生んだことの

自分の浅はかさを恥じて

猛省しました。

誰もが全く不快に感じないものなどないかもしれない。

でも、その奥にもっと苦しんでいる人を救おうとか

実際に「今」苦しんでいる人に寄り添えないのは最低だと思いました。


なんとも難しい問題を秘めてはいると思いますが

表現の自由、表現により苦しむ人がいる

そんなことを意識しながら

表現を続けていきたいと思います。



2019年08月06日

表現の自由とは

トリアンナーレで炎上、撤去から

表現の自由について考えている。

色々と賛否があるだろうから

書くことを躊躇していたけど、自分の意見として言っておきたい。

「表現の自由」は法や誰かを強烈に不快にするものの

上位にあるものではないということ。

なんでも許されるわけではない。

極論を言えば人を殴っている動画を撮って

表現の自由だと言うのは通用しない。


そして炎上し撤去されたことを

「表現の自由が後退とした」と監督が被害者的に

言うのも違和感がある。

私は開催前の監督のインタビューを見た。

そこには表現の自由に真摯に向き合う姿勢ではなく

おごりや傲慢に見えた。

表現の自由を後退させたのはあなたかもしれない。

2019年08月04日

ディープインパクトよ安らかに

1986年、アメリカで1頭の競争馬が生まれる。

体格は華奢で脚が曲がり、誰からも期待されない黒い青鹿毛の馬だった。

秋にはウィル性の腸炎を起こして生死を彷徨い、なんとか一命を取り止める。

気性も荒く見栄えも悪かったその馬は

セリに出されたものの安い値段しか付かずに結局、牧場が買い戻した。

セリからの帰り道、馬を運んでいたトラックのドライバーが

心臓発作になり、トラックは横転、

運搬中の馬は何頭も無くなったが

その馬だけは奇跡的に助かった。

その馬、サンデーサイレンスはアメリカの三冠レースのうちに

2冠を制して、年度代表馬になる。

レース中に隣を走る馬を噛み付くほど気性の荒い馬だったという。

引退後、日本に種馬として輸入され

ものすごい走る馬を出し続け

サンデーサイレンスは伝説になった。


そして2002年、サンデーサイレンスを父にもち

日本競馬界に衝撃をもたらした

伝説の名馬、ディープインパクトが誕生した。



ディープインパクトも多々と同じように

最初は期待されていたわけではなかった。

日本最大のセリであるセレクトセールにおいて

ディープインパクトはサンデーサイレンス産駒のうちに

14頭中9番目の値段だったという。

オーナーは

強い衝撃を与える馬になって欲しいという思いから

「ディープインパクト」と名付けた。

デビューに向けて厩舎という馬を調教する場所があり

調教師に預けられたディープは

馬を世話する厩務員を脅かすほどの能力を見せつける。

調教師の指示よりもはるかに速いタイムで販路を駆け上がってきて

息も一つ切らさなかった。

調教師、厩務員、デビュー前に乗った武豊騎手を驚かせた。

デビュー戦は4馬身の差をつけて圧勝した。

ファンを驚かせたのは2戦目の若駒ステークス。

出遅れて最終コーナー先頭よりも圧倒的に後ろで誰もが届かないと思ったが

あっさりと突き抜けて

なんと5馬身の差で勝ってしまった。

ディープと同じように出遅れて

最後にものすごい脚で勝ってしまい大きなレースに向かう馬はたまにいる。

しかし、そのどの馬とも次元の違う走りに見えた。

一瞬の切れ味を見せる馬もたまにいる。

しかしスパートをこんなに長時間維持できる

馬というのはいないと思う。

無敗で三冠馬になり、引退後は

父サンデーサイレンスの衝撃をも超える

無敵の種馬となった。

その功績からディープの種付料は他の馬と

値段も抜けた金額になる。

サンデーサイレンスとディープインパクトが

日本の競馬界に刻んだ功績は

もうなんとも言えない驚愕のレベルだ。

血は繋がっていき

次の世代の名馬たちに受け継がれる。


ディープインパクトありがとう。


2019年08月03日

韓国が心配

韓国は私にとって、とても良い国だと思うんです。

魅力的なコンテンツも多いし

キムチも好きだし

友人や後輩に韓国人もいて

勉強家で尊敬するし

人としても好きなんですよね。

個人的には仲間だと思っています。


しかし日本を敵対することで

票を集めようとする大統領の戦略はどうかとは思います。

ゲーム理論で考えると

今の現状を想像していないのはちょっと戦略的にどうかとは思っています。

あまり感情的にならないで

仲良くして欲しいのが本音です。

でも私が心配してるのは

この対立の中であまり報道されていませんが

ウォン安による韓国経済の破綻です。

あまり話題になっていませんが

結構深刻になってきていて

大丈夫かなと感じています。

シナリオ的には

大統領はこの経済破綻も日本のせいにしてくると思うのですが

最終的には大統領の責任を問われる話になるんじゃないかと思います。

そこで

新しい政権によっては日本と韓国の対立構造が改善する可能性もありますし

現政権のままこじれると

韓国経済がかなり心配になってきます。

心配しています。

2019年07月31日

人との出会い

ポーポーは何年前でしょうか。

筑波大学で講演をした際に

先生たちからツイッターでの発信を勧められて

ツイッターを開始しました。

地味に数年やっていたところで

不正ななんとかで凍結されてしまい

解除ができなくなって

ツイッター社に相談したのですが

マニュアル通りの対応を繰り返されるばかりで

もうやめようかなと思っていたのですが

その時にあるフォロワーさんがなぜか気になり

なんか違和感というかとなんというか…

その人のとの繋がりのためにも

やり続けようかなと別アカウントを作って再開しました。


しばらくして

その方が不知の病であることが発覚して

衝撃を受けました。

電車の中で呟かれた内容を見て

私は号泣してしまいました。


たぶん若い方なのです。

そんな方がそんな病気になるなんて。

自分は違和感を持ってい他のに

何もできず

ただただ落ち込む日々。

たまに SOSの DMが届くようになり

2度ほど電話で話をさせていただきました。

苦しかっただろうなと

思います。

私は何かできたのだろうか…

こういう問題に直面すると

過剰にじぶんができなかったことを責めたり

まるで自分が主人公のような錯覚を持ち

自分を責めたりする人がいます。

私はそんな心理も知っているので

あまり思いに囚われないようにしてはいますが

たぶんもっとできたのだろうと思います。

今、ポーポーはたくさんの人と繋がれていますが

それもその人がいたおかげなのです。


帰らぬ人になったことを聞き

とことん泣いて

でも次に進むべく

同じことがあったらもう繰り返さないように

嫌われてもいいので人の違和感には敏感に接していこうと

思います。



ありがとう。

本当にありがとう。

2019年07月24日

イケメンを考える

さて何の話をしようかと考えます。

選挙の総括を心理学の視点で語っても良いですし

吉本の会見の話を心理学的に突っ込んだり

業界の裏話でもいいかもと思ったのですが

二つともみなさんもうおなかいっぱい気味じゃないかと思いまして

別の話をしようと思います。

「世界で最もハンサムな顔ランキング」

というものが毎年開催されているのですが

2019年のランキング1位から30位までのハンサムさんたちを眺めて

気づいたことをつらつらと書こうと思います。

その前にどんな基準で選んでいるのかというと

アメリカの映画評論家の独断と偏見らしいです。

「好みかよ!」

と軽く突っ込んでおきまして

ただそれなりにバリエーションを持っているので

主催者側が幅広く選出したいと考えている傾向は見て取れます。

またアジアから日本人は選出されないのですが

韓国からは何人も選ばれています。

2位に選ばれた防弾少年団のジョングクに代表されるように

非常に綺麗な顔立ちをしている人と

1位はアメリカの俳優ジェイソン・モモアに代表されるように

セクシーで少しワイルドな要素がある人に

二分している感じがしました。

30人共通なのは顔の輪郭が

頭の上からまっすぐ降りてきて

アゴまでの輪郭が綺麗にシャープに出ていること、

それから眉毛が割としっかりあって

綺麗に整っていることを感じました。

目は大きい人も選ばれていますが

上下の大きさよりも

左右に大きい人が選ばれている気がします。

女性は「アーモンドアイ」という形がよく

美人の象徴として使われますが

男性はもう少し横広がりの目の人が選ばれていました。

美男美女の定義というのは心理学的には

平均顔と言われていて

確かに韓国系の整っている顔の人たちは

そうした平均顔に近い。

平均顔からわずかにどこかに特徴を出している顔が

選ばれているそんな感じがしました。


独断と偏見のリストなので意味があるかは不明ですが

眉ぐらいはちゃんと整えたほうがいいんだろうなと

感じました。



2019年07月18日

アマゾン「プライムデー」に退会検索増加について

オンライン小売り最大手

アマゾンのプライム会員向けセール「プライムデー」

初日である15日、インターネット上で

「アマゾン・プライムの退会」という検索が

前日の18倍に急増したらしいです。

これが示唆するのは、買い物客はアマゾンに長期間コミットするんじゃなくて、

割安な商品を手に入れたいと考えていると分析されています。

人には「現状維持バイアス」という、

新しい事よりも現状維持をしようとする思考の偏りがあります。

携帯は他社のが安いとわかっても乗り換えに慎重になるのはそのせいです。

つまりバイアスを破る人が増えてきたという評価をしています。

確かにこのバイアスの影響を受けにくく

乗り換え乗り換えで買っている人も多くなっているのかもしれませんね。

でも初日に増えたというところから

私は「不安感」を見ます。

単純に会員費用を払う不安とか

30日間の無料体験で辞めないとという強い思いがあるのでしょう。

すると人の損失回避性が強く働いていそうと

感じます。

年々、人の損失回避性は高まっています。

2019年07月15日

「日本人客はお断り」

沖縄県石垣市内にあるラーメン店が

地元客を含む日本人客の入店をお断りしている。

SNSでも話題になっていますし、

ネットニュースにもなっています。

席はカウンターのみの全8席。

1人に付き1杯を提供しないともうけが出ないらしく

約3年前から入り口の扉や券売機に

「1人1杯」のお願いや

乳幼児がいる家族連れの入店を断る張り紙をしたらしいです。

日本人団体客の中に注文しない人がいたり、

納得いかず悪態をついたり

アルバイトさんにクレームを言ったりして

アルバイトは接客を苦にしてやめたとのこと。


私が知る限り沖縄地方の人たちは穏やかで

観光客のこうした態度は余計に辛く感じると思います。

地元の人も若者を中心に

自由に振る舞う人が増えてきたんでしょうね。

私はお店はお客様のものではなく

店主のものなので店主が法令の中で

自由に決めたら良いと思います。

溜まりに溜まって「もう我慢ならなーい」という

色々と思うところもあったのでしょう。

私たちは「やりすぎだよ」と感じるかもしれませんが

上記の理由で余計に人間関係を辛く感じる部分はあると思いますし

実際に「お客様は神だろ」とわがままな

人は増えているのは間違いありません。

世界の中でマナーが良いとされている日本人ですが

そっちのほうがごま一部で

こうした姿が日本人の本当の一面だと思います。

すこなくてもこのままでは店は潰れてしまうので

店舗をたたむか、別のルールを導入するしかないとは思います。

私はこの問題を「店の暴挙」とは考えておらず

店側ももう少し工夫ややりかたはあるのかもしれませんが

いいんじゃないかなと思います。



「1人1杯」のような表現はちょっとよくないかも。

「乳児お断り」はやめたいです。

ここでカチンとくる日本人は多いからです。

あと国籍で入店のNGを出すのは

理解を得られにくいかなと感じます。

差別と誤解ににつながりかねません。

観光客が取り分ける。

色々と石垣の味を知りたいということでしたら

逆に商店街でお試しパスみたいなものを作ったらどうでしょう。

入店を拒否するより利益は出るでしょう。

ただ悪いのは明らかにお客さんのほうですから

悪質なお客さんを選ぶことはあっても良いという基本はあります。


2019年07月13日

かんぽ生命保険の闇

日本郵政グループの「かんぽ生命」が

高齢者などに不利益な保険の契約を行っていた問題。

トップはノルマ重視を見直すと言っていますが

デジャブー?

と思えるような光景です。

前にもこんな景色を見たことがあるような。

明らかに不適切販売が常態化していたわけで

郵便局員が好き好んでやるわけもなく

組織ぐるみと言われても

いや組織ぐるみでしょう。

と思います。

正確には偉い人の誰かが指示していたんでしょうね。

具体的な指示がなくても

その下の忖度か。

被害にあったお客様が一次被害者で

現場の局員たちも二次被害者なんじゃないかなと

思います。

実際、仕事という弱みを握られていて

上に意見できるのは限界があるでしょう。


芸能人が反社会組織と交流があったというニュースが

未だ尾を引いていますが

オレオレ詐偽か保険詐偽かの違いで

日本郵政は反社会組織と言われても不思議ではないです。

もちろん真面目にやっていらっしゃる社員の人が圧倒的で

さらに改善しようとし戦っている人もいるわけで

そんな人も含めてそんなことを言うのはどうかと思います。

なので局員さんたちに文句を言っても仕方なく

偉い人が「改善します」と言っても

これ治らないでしょうね。

誰かがクビになっても大して変わらないと思います。

もともと郵政グループは田舎などでも

公平なサービスが受けられるなんて建前で

民間の営利活動をしたらしわ寄せがくるの当たり前ですよ。

公共のサービスはサービスとして

営利は営利としてわけないと

この歪んだ形のままでずっとこれからも

繰り返されるのではないかなと思いました。

これ誰得なの ?

2019年07月10日

いじめの責任


昨日、 SNSを見ていて

「いじめはいじめられる方も悪い」という

文章を見て、なんともずっと心に残っているので

つらつら思いをブログに書いてみる。

書いた人も「いじめる方が悪い」という大前提の上で

いじめられる方も助けを求めたり

反応しないのも悪いのではないかという内容でした。

そのでそこを過剰に避難するつもりはないです。

色々な考え方もあるし

私もいじめの中には、助けを誰かに求めることで

回避できた、回避できるものもあるとは思います。

またその方はいじめられるのは

そうした反応によっても引き起こされるのではと

指摘していました。

それもそうな部分はあるのですが

基本的にいじめの構造を理解すると

「いじめに理由なんてない」ということ

あってもそんなのないに等しいことばかり。

私はそう認識しています。

いじめた人間に「なぜいじめた」と聞くと

・暗い

・反応がない

・態度が悪い

そんな理由がいくつも出てくるのですが

彼らの心を見てみるとほとんどそんなものは

「後付けの理由」であり

いじめのきっかけなどなんでもいいのです。

きっかけなどはどうでもよく

いじめるという行為が

自分がえらく感じたり、人より優位な状況にあると錯覚し

強い快楽を生んでしまうのです。

この快楽を求めるために人は理由を探すのです。

だから

暗いとか反応がないとかあるとかは

どうでもいいのです。

合理的な理由を自分に作る保身的な思考なのです。

暴力は新しい暴力を助長して

エスカレートしていきます。

いじめられる方も悪いという理屈は

ゼロとは言いませんし、そんなケースもあるのかもしれないけど

そこを認めてはいけません。

いじめる側も傍観者もそんなところに

答えを無理やり落とそうとしてしまうこともあります。

むしろいじめられる人の責任を問うよりは

学校なら教師や周りの目が

見て見ぬ振りをしていなかったか

その態度がいじめを助長していないか

そんなことに目を配るべきだと思います。

いじめを止めるのには教師と周りの目が非常に重要で

それも早期な対応が必要。そんな研究もされています。

この世の中から

こうした考えが減って

いじめがなくなることを切に願います。

棚みに私は小学校低学年の時に

ジャイアンみたいな子にいつもいじめられて

泣かされていました。

陰湿なものではありませんでしたが。

検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
ポーポー・ポロダクションさんの画像
ポーポー・ポロダクション
ポーポー・ポロダクションという遊び心ある企画を考える仕事をしています/色彩心理/心理学/行動経済学/キャラクターデザイン/企業の問題を心理学を用いて解決する心理学研究者/よく地下鉄のドアに挟まれる/代表書籍「マンガでわかる色のおもしろ心理学」「デザインを科学する」「マンガでわかるゲーム理論」「マンガでわかる行動経済学」「パンダ先生の心理学図鑑」
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ポーポー・ポロダクションのHP
▼いろいろなコンテンツがあるので見てください
http://paw-p.com

【ポーポー・ポロダクションの書籍です】
idea.jpg
『アイデアの科学』 (SBクリエイティブ/定価1,080円(税込)) アイデアの作り方を経験則ではなく心理学と脳科学の知見から科学的に解説した本。アイデアを論理的に「作り」「魅せて」「伝える」技術が満載です
panda.jpg
『パンダ先生の心理学図鑑』 (PHP研究所/定価1,296円(税込)) 心理学の達人パンダ先生が心理効果を解説してくれる楽しい図鑑。個人差、男女差や使える裏技も紹介。簡単に読めて深い知識が得られます。

【広告PR】

丸善・ジュンク堂さんと連動した信頼の大手書店(紙の本・電子書籍)
国内最大級のhonto電子書籍ストア!



ポーポーの書籍もマンガも揃う!無料サンプルもある
【DMM.com 電子書籍】



真面目な人は覗かないでください。すべてのコミックが立ち読み無料!(SBクリエティブ)
◆ハーレクイン ライブラリ◆



マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】



19-1.jpg


◆楽天マガジン◆
・380円で人気雑誌が200誌読める
・31日間無料でお試しできる

◆トリッブアドバイザー◆
・ホテルの最安値が簡単検索
・最新の口コミが豊富で的確

▼ポチッとしていただけるとうれしいです
人気ブログランキング