コンタクトレンズ消失事件


夕方、保育園に子供たちを迎えに行ったとき、
ふと、横を向いたとたん、
コンタクトレンズが、ずれました。


ぼろぼろ流れる涙をハンカチで押さえながら
鏡を見つつ、レンズを直そうとしたら、


跳んだ!


慌てて床を探すものの、ちっとも見つからない。
床の上にひざをついて、先生方も
探し始めてくれました。


懐中電灯で照らしたら光るかも!
取ってきます。


僕も探す!


コンタクト落としたみたいよ。
そっち行っちゃダメ!


ハードですよね!青だって。


ざわざわざわ。


ああ、この空気は。やばい。
かなり恥ずかしい。


数人が真剣に探す、平面の床だってのに、光るレンズはなく。


あの、いいです、明日買いに行きますので。
と、ふと手元に目を落とすと。


ハンカチの上に、ぴかりと光るレンズ。


・・・あった。


えっ?ありました?


あったって!


沸き起こる温かい拍手。
あたたかなほほえみ。


そんな、優しい拍手。


イラナイ。

この記事『コンタクトレンズ消失事件』

ココロデザイン総合サイトに移転しました

お越しいただき、ありがとうございます♪

このブログはココロデザイン総合サイト内、
『パート派遣主婦のぐーたら子育て生活』に引っ越しました。

こちらの記事(コメント・トラックバック)は、大変お手数ですが、
移転先でお楽しみくださいませ。

  http://fanblogs.jp/parthaken/archive/xxx/0
   ⇒
  http://www.cocorodesign.net/parthaken/archive/xxx/0

ココロデザイン総合サイト