広告

posted by fanblog

分厚い130万扶養枠の壁


サラリーマンの妻ならば、扶養枠に抑えたい。
どうしてなんでしょう?

私も長年、扶養枠と戦ってきましたが、壁を越えられずにいます。


今の制度では、夫の会社で扶養手当がないのであれば、
年間103万円(交通費抜き)の枠は、あまり気にしなくていいと思います。


すごく大きいのが、130万の壁


月々の収入(交通費込)が108,333円を
おおよそ3か月連続で超えると(自治体、組合等による)、
年間収入が130万を超えるとみなされ、今まで夫のおかげで払わずにいた
年金・健康保険料を自分で納めることになります。


勤務先の社会保険に入れるなら、保険料も割り引かれるし、
将来受け取る年金も増えるので、130万を超えて働くのもよい選択です。


ですが、社会保険に加入できるのは、会社にもよりますが
たいてい、週30時間以上働く場合
週5日なら、1日6時間(たとえば10時〜17時)。
子供が小さい場合、職場が近くじゃないと厳しい条件ではないですか?


週30時間未満で働き、かつ130万を超えて働くときは、
自分で国民年金と、国民健康保険に加入することになります。


国民年金は、H23年度で月々15,020円。
プラス、国民健康保険料は、前年度の収入と自治体によるのですが、
前年度収入が100万円だったとすると、
月々おおよそ6000円〜10,000円位になるようです。
また、夫の所得税も上がってしまいます。


すると、頑張って勤務時間を増やし、月収が10万円から12万5千円にあがっても、
実質の収入はほとんど増えないことになり、逆転することも。
130万から150万円が働き損ゾーンと言われるのはそのためです。


パートで月収3万円増やすのは、相当な努力が必要です。
ものすごく時給が高い仕事があるなら別ですけど。


週30時間以上働かないなら、扶養枠に抑えた方が、家庭にも無理が出ない
というのが、今の私の結論です。


そんなわけで、越えられない130万の壁。
保険料の負担もせず、時給も低く設定したい企業と、長時間働きたくない主婦、
需要と供給があって無くなりずらい制度かもしれません。


でも、目の上のたんこぶのようで、
勤務時間ではなく、収入が多ければ社会保険に加入できるように
なってほしいなぁ、と私はずっと思ってます。


結婚後のパート・派遣のお仕事 ビー・スタイル


この記事『分厚い130万扶養枠の壁』

ココロデザイン総合サイトに移転しました

お越しいただき、ありがとうございます♪

このブログはココロデザイン総合サイト内、
『パート派遣主婦のぐーたら子育て生活』に引っ越しました。

こちらの記事(コメント・トラックバック)は、大変お手数ですが、
移転先でお楽しみくださいませ。

  http://fanblogs.jp/parthaken/archive/xxx/0
   ⇒
  http://www.cocorodesign.net/parthaken/archive/xxx/0

ココロデザイン総合サイト

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。