UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年03月31日

メルセデス-AMG GT R クラブスポーツ モデル


ニュルブルクリンクで目撃されていた謎のメルセデス-AMG GT R のプロトタイプですが、AMGのTobias Moers氏がクラブスポーツ・パッケージのための開発だと発表し、正式に新たなグレードが加わることを発表しました。この クラブスポーツ・パッケージは発表を待たれているブラックシリーズよりもサーキット走行を重視したパッケージになるようで、911GT3RSに新たに追加されたヴァイザッハ・パッケージのような位置付けになるそうです。

mercedes-amg-gt-r-facelift-002.jpg
mercedes-amg-gt-r-facelift-001.jpg

Tobias Moers氏は「GT R クラブスポーツ・パッケージを911 GT3 と911 GT3 RSの間ぐらいの価格にする」と話していて、「これまでのサーキットでの比較開発テストは順調に進んでいて、GT Rのサーキット重視でより軽量なモデルについても開発していて、このモデルはGT3でもGT4でも無く、クラブスポーツになります。」と話しています。





mercedes-amg-gt-r-facelift-003.jpg
mercedes-amg-gt-r-facelift-005.jpg

このクラブスポーツはまだ正式な発表がされておらず、Moers氏が話した開発中のモデルがクラブスポーツモデルだということしかわかりませんが、 メルセデスはノーコメントを貫いています。目撃されたテスト車両とGT Rの大きな違いは、フロントバンパーが新しくなっていることや、より大きなリアウイングなどでより大きなダウンフォースを産むようになっているデザインになっています。



mercedes-amg-gt-r-facelift-006.jpg
mercedes-amg-gt-r-facelift-008.jpg


AMG GT Rに搭載されているエンジンはM178型で4リッターV8ツインターボエンジンで、580馬力を発生しますが、 ジュネーブモーターショーでGT63 S 4ドアにも同じエンジンが搭載されていますが、55馬力劣っています。しかし、AMGはGT Rブラックシリーズやこのクラブスポーツ用にチューニングを施す見込みで、600馬力を超えてくる見込みです。このクラブスポーツモデルはGT史上もっとも過激なモデルではないと見られ、ブラックシリーズがトップレンジに君臨すると見られています。クラブスポーツとブラックシリーズは2020年後半にワールドプレミアされる見込みです。

2018年03月30日

謎のフェラーリ488GTB テスト

フェラーリの本社があるマラネロのフィオラノサーキットで全く音がしない謎のフェラーリ488がテストしている所目撃されました。フェラーリのセルジオ・マルキオンネCEOは来年からハイブリッドモデルの導入を正式に発表していて、次期フラグシップのV12自然吸気エンジンモデルは電気モーターを付けたハイブリッドモデルになることを発表していますので、812スーパーファストは最後のガソリンエンジンのみのV12モデルになります。








今回目撃された488GTBのテストではハイブリッドシステムのテストなのか、それ以上のEVモデルのためのテストなのかはわかりませんが、ラ・フェラーリの開発テストは458で行われていましたので、このテストが次期V8モデルのテストなのかV12モデルのテストなのかはわかりませんが、本格的に電気モーターによるテストを始めたことは間違いないです。


posted by Parka at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェラーリ

2018年03月29日

ポルシェ 911GT3 RS ヴァイザッハ・パック

ポルシェは、911GT3 RSのライトウェイトバージョンのヴァイザッハ・パックをニューヨーク・モーターショーで発表しました。

porsche-normal-1.jpg


911GT3 RSヴァイザッハ・パックは、カーボンファイバー製ルーフや、マグネシウムホイール(オプション設定)を採用していて、フルパックをオーダーすることにより、29kgの軽量化を実現することができ、そのさいの車重は1476kgになります。

porsche-normal.jpg

新型911(992)が9月に発表される見込みですので、この991モデルの911は最後の991ベースのモデルとなる可能性が高いです。ポルシェ911 GT3 RS新型は、3月28日から日本発売されていて、日本発売は価格は2692万円からとなっています。

posted by Parka at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ

マセラッティ レバンテ V8モデル追加へ

14314-newyorkinternationalmotorshow2018teasertwo.jpg


マセラッティは自社のSUV モデルに新しいトップレンジに君臨するモデルについて言及しました。レバンテはマセラッティ初のSUVですでに発売から2年ほど経っており、その間にライバルになるSUVのパワー競争に劣っていましたが、ようやく対抗できるハイパフォーマンスのモデルが追加されるようです。



14313-newyorkinternationalmotorshow2018teaserone.jpg


目撃されているカモフラージュが施されたモデルは従来のレバンテとは違い4本のエキゾーストエンドなどからV8モデルと推測されていてGTSを名乗ると見られていて、今週開催のニューヨークモーターショーでお披露目される見込みです。





公開されている2枚のテイザーイメージからは詳細を得られませんが、ハイパフォーマンスモデルになることは間違い無く、大きく開いたインテークを持つフロントバンパーや、 LEDヘッドライトなど改良点を確認することができます。

maserati-levante-gts-003.jpg
maserati-levante-gts-007.jpg
maserati-levante-gts-009.jpg



搭載を予想されているV8エンジンは、フェラーリ製の3.8リッターツインターボエンジンになる見込みで、クアトロポルテGTSに搭載されている530馬力を発生するエンジンと共通になる見込みです。V8レバンテの直接的なライバルになるのは、ポルシェカイエンターボや、メルセデスベンツAMG GLE63 S、 BMW X5 M、そして レンジローバー スポーツSVRになる見込みです。

数時間後のニューヨークモーターショーで詳細が明らかになると見られています。

EV クラシック ミニクーパー コンセプト

今週開催されるニューヨークモーターショーにオリジナルのクラシックミニクーパーのEVモデルのコンセプトが出展されることがわかりました。

p90298498-highres.jpg

このミニクーパーはオリジナルのミニクーパーをベースにEV化されていて、BMWのテクノロジーが盛り込まれたモデルになります。


p90298500-highres.jpg
p90298507-highres.jpg




BMWによれば、トップスピードは120km/hで105kmの航続距離を持った30個のリチウム電池を搭載していて、4時間の充電で充電は完了するそうです。このミニは現代のEV車が競っているスピードや航続距離ではなく、ちょっとした買い物など日々の生活に溶け込むようにと作られたコンセプトカーです。EVミニの製造過程では、後期型のミニクーパーを選び、レストアしたのちに車体のパワーユニットをEV化されていて、総重量は770kgとなっています。





p90298513-highres.jpg
p90298509-highres.jpg
p90298489-highres.jpg


以前お伝えした新型のミニのEVモデルが来年にも発表されると見込まれている中で、このミニクーパーは新しく色々な車のクラシックモデルを蘇らせて普段使いできるようにとの希望が盛り込まれています。
posted by Parka at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ

2018年03月28日

ロールスロイス レイス ルミナリー・コレクション

ロールスロイス レイスは、登場以来最高級クーペとして独自の地位を確立していますが、ロールスロイスは新しく太陽などの天体からインスピレーションを得たルミナリー・コレクションを追加し、より高級な仕上がりになっています。

p90298574-highres.jpg



このレイス ルミナリー・コレクションは手作業で55台製作される見込みで、天体などから得たインスピレーションに合うように新しい素材を使い星や流れ星などを再現しています。 ボディにはSunburst Greyと呼ばれる新しい色で塗装されていて、太陽に映える色になっています。そして、手作業によるSunburst モチーフ のコーチラインのピンストライプがボディの側面やボンネットに施されています。



p90298573-highres.jpg
p90298579-highres.jpg

インテリアはSaddlery Tanと呼ばれる色でフロントの2座のシートが統一されていますが、リアシートはブラックで統一されています。そして、手織りによるステンレススチール素材がセンターコンソールや、内側のドアノブに使われています。チューダーオークは特別な加工がされた仕上がりになっていて、ルミナリー・コレクション専用になっています。 そしてロールスロイスは初めて176個のLEDを使って木材のチューダーオークを照らすことに成功していて、個別に光らせることも可能で流れ星を再現しています。



p90298576-highres.jpg
p90298575-highres.jpg
p90298580-highres.jpg
p90298577-highres.jpg
p90298578-highres.jpg
p90298572-highres.jpg

基本的に、この技法のおかげでドアも屋根のヘッドライナーのように星を再現することができます。手織りのステンレススチール素材は1,340にも及ぶ手織りのステンレススチールを組み合わせて形にしていて、2kmにも及ぶ長さのケーブルからできています。このLEDを使った技法はファントムの後部座席のヘッドライナーよりも優れていますので、長距離のドライブなどの際にエンターテイメントの一部として楽しむことができます。

p90298581-highres.jpg




ジャガー F-ペース SVR

発売以来、世界中で人気のSUVのジャガー F-ペースですが、ジャガーは最強バージョンのSVRを F-ペースに追加し発売を開始しました。

j_f-pace_svr_19my_280318_001_glhd_ext_pr.jpg
j_f-pace_svr_19my_280318_005_glhd_pr.jpg




F-ペースはジャガー初のSUVで、XEおよびXFと共通のアルミのシャーシが使われていて、敏捷性を損なう事なく効率性も実現されていると同時に同じ傘下のランドローバーのオフロード技術も入っているモデルです。今回発表されたF-ペースSVRは、ジャガーランドローバーグループのSVO部門が手がけたモデルで、 他のSVRにも搭載されている5リッターV8スーパーチャージャーエンジンを搭載し、550馬力を発揮します。0-100km/hの加速は 4.1 秒で、最高速度は283kmと発表されています。またパワーに合うようにブレーキも大型になっていて、フロントに395mm、リアに396mmの2ピストンのブレーキを装備しています。

j_f_pace_svr_19my_280318_01.jpg
j_f_pace_svr_19my_280318_02.jpg
j_f_pace_svr_19my_280318_03.jpg
j_f_pace_svr_19my_280318_04.jpg
j_f_pace_svr_19my_280318_05.jpg


またエアロダイナミックスも改善されていて、大型のフロントインテークや、サイドベントがフロントタイヤ周りの空気抵抗を軽減させると同時に整流し、リアに風を流します。そして、大きく開いたフロントインテークはブレーキやエンジンの冷却にも一役買っており、エンジンの熱はボンネットのベントから抜けるように設計されていて、スポーツ走行や高速走行にも耐えられるようになっています。


j_f-pace_svr_19my_280318_027_glhd.jpg
j_f-pace_svr_19my_280318_012_glhd_copy.jpg
j_f-pace_svr_19my_280318_018_glhd.jpg



新設計の軽量の鍛造ホイールは22インチで、標準のF-ペースと比べて、フロントで2.4kg、リアで1.7kgの軽量に成功しています。サスペンションはフロントが30%、リアが10%引き締められていて、アンチロースバーも装着されていて5%ロールを抑えています。





エキゾーストもSVR専用のものに変えられていて6.6kgの軽量化を実現していて他のSVR同様に音量も上がっていますが、可変バルブ付きのエキゾーストシステムになっているので、バルブを閉じた場合標準のF-ペースのように運転することができます。そして、F-ペースとしては初めて電子アクティブデフやアクティブサスペンション、電動式パワーステアリング、トルクベタリング、そしてSVRドライブモードコンフィギュレーターを搭載していてます。

j_f-pace_svr_19my_280318_046_glhd_copy.jpg

オプションでは4色のインテリアや、4G WiFiのホットスポット、などが選ぶことができます。


posted by Parka at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャガー

2018年03月27日

フェラーリ歴代 フィオラノ ラップタイム

フェラーリは歴代発売するモデルを自社のサーキットでもあるフィオラノでラップタイムを測り、そのタイムを発表し新しいモデルのたびに以前のモデルとの比較をしてきました。今現在フェラーリのフラグシップの812スーパーファーストは800馬力を発生させるV12エンジンを搭載していて、0-100km/hの加速が2.9秒、最高速そは340km以上と発表されていますが、まだフィオラノのラップタイムは公表されていません。

今回は歴代のフェラーリモデルのラップタイムを並べて見ました。

テスタロッサ: 1分40秒6

8DE164F2-E995-4C79-8000-5EE9D28D3375.jpg


348 TB: 1分39秒3

25F46B63-FA57-4915-8F3D-96162CBCF660.jpg



288 GTO: 1分36秒

25F03A80-704F-4D46-B021-30F754A9C9CE.jpg



456 GT: 1分35秒

DD7B8D74-F4DC-4987-B462-FB61A7D6316E.jpg



512 TR: 1分35秒

D1988038-5835-4EF6-BA6E-049CBBA1A5E7.jpg



F355: 1分34秒

CE57E0A5-C4B0-47BD-AE72-147BC43FE065.jpg



550 マラネロ: 1分32秒53

6F42CA3E-62FF-4A4E-9A6D-CFEA214A6A39.jpg



575 マラネロ: 1分31秒51
B024C860-D693-4E29-AD62-18F60BA739B3.jpg




360モデナ: 1分31秒

AB6FA762-5086-4631-BF1B-A07D5072242F.jpg



612 スカリエッティi: 1分30秒5
9F6AFB32-7E8D-46E7-9BF9-1013CDD8487D.jpg



F40: 1分29秒6
27C16416-F51E-498E-9B1E-3298FE619E1D.jpg



F430 スパイダー: 1分27秒

AB794F80-2E51-46E1-A976-B6B103889BFC.jpg



F430: 1分27秒

7C8AE13D-AB86-414C-B11C-B95CB38278D8.jpg

F50: 1分27秒

1ED2E160-B9D2-43F8-A983-4D428818B385.jpg



360 チャレンジ ストラーダレ: 1分26秒5

3AD6231E-F1F3-45B8-BD13-4A96763C29C1.jpg


599 GTBフィオラノ: 1分26秒5

270D3B43-6D60-4CA5-B9D4-2309A620F643.jpg



599 GTB フィオラノ HGTE: 1分25秒9

6B9937DB-F286-45B3-9F8C-78FACB186C42.jpg



458イタリア: 1分25秒

FE5CCA13-4C19-49EC-B9D3-0C611C183400.jpg


ENZO: 1分24秒9

3B319A67-4D7B-4D25-A12D-0A18F7C2E9B7.jpg





599 GTO: 1分24秒


CFEF7DA2-9CBD-4185-A2BC-DCC08D5F4011.jpg


458 スペチアーレ A: 1分23秒5

large_image_13_31.jpg



458 スペチアーレ : 1分23秒5

eaee063e-8601-4976-938e-4becd1dc93b8.jpg



F12 ベルリネッタ: 1分23秒
F7D9A507-C869-4D7A-A384-2449ABE8FE7E.jpg



488 GTB: 1分23秒


_u6a1613488_0.jpg



488 ピスタ 1分21秒5

ferrari_488_pista_2.jpg




F12tdf: 1分21秒

03_036_50mb_0_0.jpg



ラ・フェラーリ: 1分19秒7

buyers_guide_-_laf_-_side_0.jpg
posted by Parka at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フェラーリ

2018年03月26日

ブラバムBT62 走行動画

かつてのF1の名門チームのブラバムが26年ぶりに新車を発表し、このモデルは自社初の市販車となるブラバムBT62を発表したブラバムがサーキット走行を行ってるBT62の動画を初公開しました。





搭載されるエンジンはエンジン音からV8エンジンと推測されていましたが、今回V8エンジンが採用される事が発表されました。



一瞬ですので、なんとも言えませんが、カラーリングはブラバム伝統の青白のカラーリングにリアウィングが付いているのが分かります。F1の技術も入るとの事ですが、まだ詳細はわかっていません。噂では設計者はマクラーレンF1を設計したゴードン・マレー氏が担当していると言われています。搭載されるV8エンジンは700馬力以を発揮するとみられています。





ブラバムBT62は2018年5月2日正式に発表されます。
posted by Parka at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラバム

ピレリ フェラーリ250GTO専用タイヤ ステルヴィオコルサ 開発

F1のタイヤメーカーで、スーパーカーのタイヤを手がけているピレリが最も価値のある車のフェラーリ250GTO専用タイヤのステルヴィオ コルサ を開発しました。元々ピレリはビンテージカー用に60年代70年代に使われていたタイヤを受注生産で現在も作っていましたが、ステルヴィオコルサはフェラーリ250GTO専用のタイヤになります。

20180324201344d5d.jpg

このタイヤは1962年に発売された250GTOのタイヤのデザインそのままに現代の技術が入ったスペシャルタイヤになり、サイズは前215/70 R15 98W、後225/70 R15 100Wのみのサイズのみの生産になります。




201803242013465ae.jpg


この新設計のタイヤは当時のデザインそのままにグリップを向上させ、安全性と信頼性を高めた新開発のタイヤになります。価格は公表されてはいませんが、フェラーリ250GTO自体が30億以上もする世界で最も価値のある車ですので、タイヤもその価格にあった価格になるとみられます。
ファン
検索
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。