UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年07月20日

メルセデスベンツ X クラス

以前テスト風景を目撃されていたメルセデスベンツのXクラスですが正式に公開し生産を発表しました。メルセデスベンツXクラスはメルセデス初のピックアップトラックになります。

Mercedes-Benz-X-Class-5.jpg
Mercedes-Benz-X-Class-6.jpg
Mercedes-Benz-X-Class-7.jpg
Mercedes-Benz-X-Class-1.jpg
Mercedes-Benz-X-Class-8.jpg
Mercedes-Benz-X-Class-10.jpg
Mercedes-Benz-X-Class-9.jpg





メルセデスベンツXクラスのワールドプレミアは南アフリカのケープタウンで行われました。

Xクラスは3種類酔いされる見込みで顧客の要望に応じて選択することが可能になります。写真のモデルは基本のモデルになり、エントリーモデルになります。牽引のセッティングによっては1.1トンから3.5トンまで牽引することが可能です。

用意されているエンジンはX220dのディーゼルターボエンジンで163馬力、X250dのツインターボディーゼルエンジンで190馬力、そしてV6ツインターボディーゼルエンジンが用意され258馬力を発生するエンジンが用意されています。そして6速のトランスミッションと7速のトランスミッションを介して駆動力を伝えられます。

2018年の中旬にデリバリー予定です。



posted by Parka at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年07月19日

ACシュニッツァー BMW i8

BMWのチューニングで有名なACシュニッツァーはBMW i8のチューニングカーを発表しました。

dsc_7148.jpg
dsc_7180.jpg
dsc_7196.jpg
dsc_7244.jpg
dsc_7309.jpg
dsc_7314.jpg
dsc_7366.jpg
dsc_7304.jpg
dsc_7414.jpg
dsc_7385.jpg
dsc_7372.jpg
dsc_7411.jpg


エンジンや駆動系のアップグレードこそありませんが、カーボンファイバーを使ったボディキットのアップグレードやホイールが発表されています。

まずカーボンファイバー製のボディキットですが、フロントリップスポイラーやリアディフューザー、リアウイングなどより高速域での安定性を重視したエアロダイナミックス担っています。

そしてサスペンションにも手が加えられており、20-25mmのローダウンが可能になっています。そして装着されるホイールはAC1鍛造ホイールです。このホイールにより、4.4キロの軽量を実現しています。

価格は、コンプリートキットとして3万5千ポンド(約500万円)になっています。



Novitec テスラ モデル X

ドイツの高級車チューナーのNovitecは発売されたばかりのテスラ モデル Xのコンプリートカーを発表しました。Novitecが電気自動車をチューニングするのは初めてのことです。このテスラ モデル Xのチューニング内容はエアロダイナミックスの向上やハイスペックな鍛造ホイールやセラミックカーボンブレーキなどです。

Tesla-Model-X-1.jpg
Tesla-Model-X-2.jpg
Tesla-Model-X-3.jpg
Tesla-Model-X-9.jpg
Tesla-Model-X-8.jpg
Tesla-Model-X-6.jpg

このNovitecのボディキットで一番に目につく箇所は、フロントのカーボンスポイラーリップが顕著に変わった箇所になり、高速域でよりしっかりとダウンフォースを産むようになっています。そして、22インチにサイズアップされたホイールがより際立っています。



2017年07月18日

シリコンバレー ベンチャー企業 Lucid Motors 初の電気自動車

シリコンバレー初の自動車メーカーの Lucid Motorsは自社初の生産車となるLucid Air Electric Sedanの開発状況を発表しました。



このLucid Air Electric Sedanはスピード制限のかかっているソフトウエアを取り除きプロトタイプをオーバルコースに持ち込み速度テストしました。その結果235 mph (378 km/h)を記録することができました。

Lucidの開発チームはこのプロトタイプの記録に満足しているようで、よりよくするために改善をしていくようです。

まだ正式発表やスペックの詳細等は公表されていませんが、電気自動車のパワー競争がより激しくなっていくことが予想されます。



2017年07月15日

ジャガー E-Pace

ジャガーはF-Paceの大成功を収め、次なるSUVであるE-Paceを生産すると正式に発表しました。E-Paceの発表にあたりジャガーはレンジローバーイボークや、ポルシェマカんのサイズを参考にしたとみられています。

Jaguar-E-Pace-2.jpg
Jaguar-E-Pace-1.jpg
Jaguar-E-Pace-3.jpg
Jaguar-E-Pace-17.jpg
Jaguar-E-Pace-4.jpg
Jaguar-E-Pace-5.jpg
Jaguar-E-Pace-16.jpg
Jaguar-E-Pace-6.jpg
Jaguar-E-Pace-15.jpg


この新しいE-PaceはF-Paceのデザインを継承させていますので、F-Paceのコンパクトバージョンになっています。

このE-Paceには10インチのタッチスクリーンや、USB、そしてWi-Fiスポットなどのオプションを備えていると発表していますので、より長距離の移動を視野に入れたモデルになっています。



posted by Parka at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年07月14日

ブラバス メルセデス AMG A 45

メルセデスAMG A 45は数あるハイパワーホットハッチバックとしてこのクラスで最速の称号を得ていますが、ブラバスはよりパワーアップさせるアップデートを発表しました。

brabus-merc-amg-a45-upgrade-2.jpg
brabus-merc-amg-a45-upgrade-3.jpg
brabus-merc-amg-a45-upgrade-4.jpg
brabus-merc-amg-a45-upgrade-6.jpg


このアップデートによりすでに十分にパワフルなノーマル時の376馬力から395馬力にまでターボブーストを引き上げるB45 PowerXtra モジュールをブラバスから発表されました。

そしてこのパワーアップによりそのパワーを受け止めるためにリアディフューザーや19インチのホイールが同時に発表されました。

このブラバス メルセデス AMG A 45の直接的なライバルはアウディRS3になり、0-100km/hのタイムが4.2秒とRS3の方が0.1秒早いタイムになりこのアップデートで同等もしくは早いタイムになるようですので、このクラスも他のクラスと同じようにパワー合戦になります。



posted by Parka at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

Novitec ランボルギーニ アベンタドール SV ロードスター

スーパーカーのチューニングで有名なドイツのチューナーのNovitecがランボルギーニ アベンタドール SV ロードスターにさらなるチューニングアップデートを用意したと発表しました。

novitec-torado-aventador-sv-3.jpg
novitec-torado-aventador-sv-2.jpg
novitec-torado-aventador-sv-8.jpg
novitec-torado-aventador-sv-4.jpg
novitec-torado-aventador-sv-7.jpg
novitec-torado-aventador-sv-9.jpg
novitec-torado-aventador-sv-6.jpg


このアップデートはスーパーチャージャーになり、最高出力が750馬力から970馬力にまで引き上げることが可能です。





2017年07月13日

マンソリー ベントレー ミュルザンヌ

マンソリーがベントレー ミュルザンヌのコンプリートカーを発表しました。

mansory-mulsanne-1.jpg
mansory-mulsanne-2.jpg
mansory-mulsanne-3.jpg
mansory-mulsanne-4.jpg
mansory-mulsanne-5.jpg


このコンプリートカーはカーボンファイバーがふんだんに使われたボディキットを装着しており、より高速走行で安定するようにエアロダイナミックスが強められていて、22インチのホイールが装備されております。

エンジンにも手が加えられており、ノーマルの505馬力から585馬力にまで引き上げられており、最高速も305km/hまで引き上げられています。

ベントレー ミュルザンヌのボディキットやコンプリートカーは珍しいです。




2017年07月12日

アストンマーティン ヴァルキュリー

先日アストンマーティンのCEOがSNSで転売用の顧客を取り除くと言って話題になったアストンマーティンのスーパーカーであるヴァルキュリーですが、レッドブルレーシングと共同で開発し正式に公開されました。

aston-martin-valkyrie_07.jpg
aston-martin-valkyrie_01.jpg
aston-martin-valkyrie_03.jpg
aston-martin-valkyrie_02.jpg
aston-martin-valkyrie_05.jpg
aston-martin-valkyrie_17.jpg
aston-martin-valkyrie_18.jpg
aston-martin-valkyrie_14.jpg
aston-martin-valkyrie_13.jpg
aston-martin-valkyrie_09.jpg
aston-martin-valkyrie_10.jpg


このモデルはレッドブルF1をデザインしているAdrian Newey氏と共同でデザインをしたことが正式に発表されたことでF1で培ったテクノロジーを盛り込んでいるようです。

このモデルはラ・フェラーリのようなシートポジションになり、ハンドルとアクセルベダルが動くようになり、重量配分を固定し、運動性能を統一する見込みがあります。そして、ハンドルはF1マシンのようなハンドルになり、ハンドル上で全てをコントロールするようになるようです。

搭載されるエンジンは、コスワースによってチューニングされた6.5リッターの自然吸気V12エンジンになるようでF1のハイブリッドシステムであるKERSシステムのようなハイブリッドシステムが搭載されるようで、7速のトランスミッションを介して駆動力を路面に伝えるようです。

タイヤは専用のものになり、ミシュランパイロットスポーツ カップ 2が装備される見込みで、フロントには265/35 R20、リアには325/30 R21のサイズのタイヤが装着されます。

総重量は1000kg前後とみられています。価格は3〜4億円になると予定されてて99台の限定になり、内24台はサーキット走行専用車になる見込みです。




フェラーリ SUV F16X

SUV市場に様々なメーカーが参入し競争が激しくなっていますが、今までSUVに市場への参入を否定していたフェラーリですが、密かにSUV/クロスオーバーの開発が進んでいることがわかりました。

M_ferrari-ff-crossover-rendering-shows-what-could-have-been-creator-fears-for-his-life-96361_1-e1499502827443.jpg


この動きはポルシェやマセラッティ、ベントレーなどの高級SUVが大きく成功していることや、4シーターで4輪駆動ののFFと新型のGT4ルッソの売り上げが好調なことがあり、計画が再度持ち上がり進行しているようです。

このF16Xと呼ばれているフェラーリのSUV/クロスオーバーですが、ラ・フェラーリのようなハイブリッドモデルになる見込みでGT4ルッソと同じV12エンジンを搭載するとみられています。

正式な発表は2020年とみられています。



ファン
検索
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。