UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年04月29日

Wheelsandmore フェラーリ488 スパイダー

Wheelsandmoreの最新のチューニングカーはこのフェラーリ488 スパイダーで3段階のアップグレードが用意されています。

Ferrari-488-Spider-by-Wheelsandmore-5.jpg
Ferrari-488-Spider-by-Wheelsandmore-3.jpg
Ferrari-488-Spider-by-Wheelsandmore-1.jpg
Ferrari-488-Spider-by-Wheelsandmore-6.jpg


このアップグレードはノーマルの3.9リッターツインターボV8エンジンで670馬力、760 Nmのトルクですが、用意されたステージ3のアップグレードをすることにより、100馬力アップの777馬力、895Nmのトルクを発生します。これはフェラーリのカタログ上最強のF12よりもパワフルになります。

そして、エクステリアにも手が入れられて、21インチのホイールに変更されており、リアタイヤは22インチも選択可能担っているようです。

走行10キロ 1993 ポルシェ 911 RSR RM サザビーズサザビーズオークションへ

近年空冷時代のポルシェ964の価格が上昇してきており、車によっては10年前から2倍にも3倍にもなっている車もあり、新車価格以上になっているモデルもあります。

来月開かれるRMサザビーズオークションに1993年製のポルシェ 911 RSRが出品されることがわかりました。この964型ポルシェ 911 RSRは51台しか生産されなかったモデルでより稀少製が高いモデルになっており、中でも今回出品されるモデルは生産から24年間たった今でも10キロしか走っていない状態です。

ve17-r134-016-1.jpg
ve17-r134-015-1.jpg
ve17-r134-002-1.jpg
ve17-r134-005-1.jpg
ve17-r134-022-1.jpg
ve17-r134-007-1.jpg
ve17-r134-008-1.jpg
ve17-r134-003-1.jpg
ve17-r134-023-1.jpg
ve17-r134-024-1.jpg
ve17-r134-004-1.jpg


この911RSRはレースモデルのため、ロールケージやターボモデルのようなワイドボディをまとい、エンジンは自然吸気の3.8リッター水平対向水平対向エンジン6気筒エンジンでこのRSR専用チューンされたエンジンになります。スペックは350馬力、 28.4キロのトルクを発生し、静止状態から100キロまでの加速は3.7秒となっています。

内装は赤で統一されており、ハンドル、シートなどを見ても使用感は見られません。

オークション主催者のサザビーズによれば、走る状態にするには整備が必要になるとのことですが、走行距離が10kmという状態を考慮すると最終的な予想落札価格は2億2千万円から2億4千万円になるとのことです。
このRSRの功績はスパ24時間、鈴鹿1000km、インテルラゴス24時間そしてルマンでクラス優勝を上げていることなどを見れば自ずとこの車の価値がわかります。



posted by Parka at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

走行10キロ 1993 ポルシェ 911 RSR RM サザビーズサザビーズオークションへ

近年空冷時代のポルシェ964の価格が上昇してきており、車によっては10年前から2倍にも3倍にもなっている車もあり、新車価格以上になっているモデルもあります。

来月開かれるRMサザビーズオークションに1993年製のポルシェ 911 RSRが出品されることがわかりました。この964型ポルシェ 911 RSRは51台しか生産されなかったモデルでより稀少製が高いモデルになっており、中でも今回出品されるモデルは生産から24年間たった今でも10キロしか走っていない状態です。

ve17-r134-016-1.jpg
ve17-r134-015-1.jpg
ve17-r134-002-1.jpg
ve17-r134-005-1.jpg
ve17-r134-022-1.jpg
ve17-r134-007-1.jpg
ve17-r134-008-1.jpg
ve17-r134-003-1.jpg
ve17-r134-023-1.jpg
ve17-r134-024-1.jpg
ve17-r134-004-1.jpg


この911RSRはレースモデルのため、ロールケージやターボモデルのようなワイドボディをまとい、エンジンは自然吸気の3.8リッター水平対向水平対向エンジン6気筒エンジンでこのRSR専用チューンされたエンジンになります。スペックは350馬力、 28.4キロのトルクを発生し、静止状態から100キロまでの加速は3.7秒となっています。

内装は赤で統一されており、ハンドル、シートなどを見ても使用感は見られません。

オークション主催者のサザビーズによれば、走る状態にするには整備が必要になるとのことですが、走行距離が10kmという状態を考慮すると最終的な予想落札価格は2億2千万円から2億4千万円になるとのことです。
このRSRの功績はスパ24時間、鈴鹿1000km、インテルラゴス24時間そしてルマンでクラス優勝を上げていることなどを見れば自ずとこの車の価値がわかります。
posted by Parka at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月28日

G-Power BMW M4

先日BMWのチューニングで有名なG-PowerがM4のチューニングアップグレードを発表しました。

G-Power-BMW-M4-13.jpg
G-Power-BMW-M4-4.jpg
G-Power-BMW-M4-2.jpg
G-Power-BMW-M4-3.jpg
G-Power-BMW-M4-7.jpg


このG-Power BMW M4に搭載されるエンジンはノーマルのM4と共通で3リッター直列6気筒ツインターボエンジンでノーマル時は431馬力、550 Nm のトルクを発生しますが、今回発表されたアップグレードでは680馬力、 740Nmのトルクまで引き上げられていて、G-Powerのチューニング車同様に恐ろしいまでにパワーアップされています。

このアップグレードにおける大きな変更点は車のソフトウエアになり、そのほかターボなどにも手が加えられています。その他は、排気系の見直しをはかり吸気と排気の温度をコントロールすることができ、ホイールやサスペンションなどにも手が加えられています。

そして、気になるパフォーマンスは、0 ー100 km/hの加速は3.5秒で、最高速度は330 km/h以上となっています。 エギゾーストも軽量なチタン製に変更されているので、より一層素晴らしい音になっているそうです。



タグ:G-Power BMW M4
posted by Parka at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

レンジローバー ヴェラールSVR

先日のジュネーブモーターショーでお披露目をされたレンジローバー ヴェラールですが、ジャガーランドローバーグループのSVO部門はヴェラールSVRの開発をすでに進めているところを捉えられました。

Range-Rover-Velar-SVR-013.jpg
Range-Rover-Velar-SVR-011.jpg
Range-Rover-Velar-SVR-019.jpg
Range-Rover-Velar-SVR-016.jpg

この開発されているヴェラールSVRはレンジローバースポーツSVRやジャガーF-タイプSVRに積まれているエンジンと同様に5リッターV8スーパーチャージドエンジンになるようで、最高出力は550馬力程度になる見込みです。

同様にF-PaceにもSVRが用意されるようで今開発が行われています。



posted by Parka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月27日

2019 BMW X7 スパイショット

今開発をされていて2019に発売予定の BMW X7をニュルブルクリングで捉えました。


BMW-X7-003.jpg
BMW-X7-007.jpg
BMW-X7-005.jpg


この開発中のX7のコードネームはG07になり、このBMWのフラグシップSUVはBMW7シリーズと同じCLAR構造のプラットフォームを使用しており、このプラットフォームは今開発中のロールスロイスと共通シャーシになります。

X7は後輪駆動とxDriveの四輪駆動の2種類の駆動方法が用意される見込みで、エンジンも直列6気筒から現在のX5で用意されているV8ハイブリッドエンジンそして、7シリーズの760iに搭載されている6リッターV12エンジンまで幅広く用意されるようです。

このX7は7シリーズと同じような価格帯になる見込みで、ライバルはレンジローバー、ベントレーベンテイガなどになる見込みです。
タグ:BMW X7 SUV
posted by Parka at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

Wheelsandmore アストンマーティン DB11 GT-RS

発売されたばかりのアストンマーティンDB11ですが、WheelsandmoreがすでにDB11のチューニングにかかっていることがわかりました。このDB11はDB11 GT-RSと呼ばれるそうです。


Wheelsandmore-Aston-Martin-DB11-2.jpg
Wheelsandmore-Aston-Martin-DB11-1.jpg
Wheelsandmore-Aston-Martin-DB11-5.jpg
Wheelsandmore-Aston-Martin-DB11-4.jpg

エクステリアはすでに洗練されエアロダイナミックるに優れているので、あまり手を加えられていませんが、ローダウンされたサスペンションと22インチのホイールに変更されているようです。

搭載されるエンジンは5.2リッターV12ツインターボはノーマル時で608馬力、700 Nmのトルクを発生しますが、最低でも700馬力、 820 Nmのトルクまで引き上げられる見込みで、エグゾーストも手を加えられているようでバルブが備え付けられているようです。

まだ珍しいDB11ですが、これからチューニングメーカーもチューニングカーを出してくるでしょう。
posted by Parka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月26日

次期 ベントレー コンチネンタル GT

ベントレーの人気モデルであるコンチネンタルGTの次期モデルがテストされているところをカメラが捉えました。このテスト車はカモフラージュがあまりされていないことなどからほぼ市販車に近いことがわかります。

Bentley-Continental-GT-003.jpg
Bentley-Continental-GT-001.jpg
Bentley-Continental-GT-006.jpg
Bentley-Continental-GT-007.jpg
Bentley-Continental-GT-010.jpg

次期ベントレーコンチネンタルGTはVWグループのポルシェが開発をしたMSBプラットフォームを使用していて、この車がその新しいプラットフォームを使った一号車になるようです。

このテスト車は以前から噂をされていた2015年のジュネーヴモーターショーで発表されたベントレーEVP 10 Speed 6コンセプトと見られていましたが、前後のオーバーハングやホイールベースなどを見るとそのコンセプトのデザインを次期のコンチネンタルGTに反映させられているようです。

次期コンチネンタルGTは自社のSUVのベンティーガ同様にアルミが主に使われるボディになるようで現行のモデルより軽くなる見込みで、2375キロになると言われて言われています。

搭載されるエンジンは新しいW12と改良されたV8エンジンの2種類が用意される見込みで4リッターのV8ディーゼルエンジンも登場する見込みです。
posted by Parka at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

ランボルギーニ ウラカン パフォーマンテ ロードスター

先日のジュネーブモーターショーで公開されたランボルギーニ ウラカン パフォーマンテですが、オープンバージョンのロードスターもテストされているところを目撃されました。このウラカン パフォーマンテはニュルブルクリングで市販車最速のタイムを出したことでも注目を浴びています。

Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-2.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-9.jpg
Lamborghini-Huracan-Performante-Spyder-6.jpg


前身のガヤルドやアヴェンタドールのオープンモデルがロードスターと呼ばれていることもあり、ウラカン パフォーマンテ ロードスターという名前になりそうです。

このウラカン パフォーマンテ ロードスターはV10エンジンが搭載され、640馬力、600Nmのトルクを発生すると言われており、0-100 km/hの加速は 2.9秒、0 - 200 km/h の加速は8.9秒で100-0 km/hのブレーキングは 31 mと驚異的なものになっています。そして最高速度は325 km/hとなっています。.

このモデルも限定生産になる見込みですでに受注を受けているととの情報もありますので、正式に発表される際には売り切れになっている見込みが高いです。
posted by Parka at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

G-Power BMW M6 カブリオレ

BMWのチューニングで有名なG-Powerが手がけるBMW M6 カブリオレの詳細がリークされました。このM6カブリオレは最速のBMW社のオープンカーとなる見込みです。

G-Power-BMW-M6-F12-1.jpg
G-Power-BMW-M6-F12-8.jpg
G-Power-BMW-M6-F12-2.jpg
G-Power-BMW-M6-F12-5.jpg
G-Power-BMW-M6-F12-7.jpg

G-Power は 35年以上の経験と技術を車のパフォーマンスに反映させています。G-Power BMW M6 カブリオレは今市販されているの中で最速の4オープンシーターとなる見込みで、ノーマルのM6カブリオレから240馬力、370Nmのトルクを上乗せしています。

搭載されるエンジンはノーマルのM6と共通になり、4.4リッターツインターボV8を搭載しています。しかし、新しいターボチャージャー、排気系統の見直しが図られ最高出力は800馬力、1,050Nmのトルクを発生します。
最高速度は330kmとなっており、0-200kmの加速は9.8秒となっています。

エンジンに手を入れられると同時にサスペンションもG-PowerのGM6-RS に変更されており、21インチのフォージアッドホイールが装着されています。

V10エンジンの頃のM6もチューニングしていたG-Powerですが、今回はより一層過激なものになっています。

外見だけでは見かけがあまり見分けがつきませんが、オーナーだけが知っている喜びとして満足感は十分になると思います。
タグ:BMW M6 G power
posted by Parka at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。