UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年04月18日

デベル シックスティーン 走行動画

去年のドバイモーターショーでデビューしたハイパーカーのデベルシックスティーンが実際に走行している動画が公開されました。


devel-sixteen.jpg


デベルシックスティーンはダウンサイジングが流行の中、12.3リッターのV16クアッドターボエンジンを搭載するハイパーカーで量産車最高馬力のの5000馬力を発揮すると発表されています。今回ドバイでテストされた車両は、低ブーストモード(20%)に抑えられた走行モードで走行しています。

www.instagram.com



フルパワー時の加速は0-100km/hを1.8秒、最高速度は560km/hと発表されています。

ロールス・ロイス カリナン ナショナル・ジオグラフィックドキュメンタリー

ロールス・ロイスは新型SUVであるカリナンのテスト風景をナショナル・ジオグラフィック・チャンネルを通じて放送すると発表しました。これまで北欧、中東、そして米国で3年間に渡ってテストが続けられてきた模様をThe Final Challengeと呼ばれるテストのドキュメンタリーをナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで放送するにあたりその一部がYoutubeで公開されました。


wqead3qda3qdawqe.jpg


今年後半に発表予定のカリナンはロールス・ロイスらしい超高級車でありながらオフロードでの性能も持ち合わせています。カリナンには新しいサスペンションシステムや、新しい4輪駆動システム、そして新型ファントムと同じ新しいアルミニウム構造のアーキテクチャー・オブ・ラグジュアリープラットフォームが採用されていて、エンジンもファントムと同じ6.75リッターのV12エンジンが搭載されています。そして、ロールス・ロイス シリーズ伝統のコーチドアがカリナンにも採用される事が決まっています。

rr-cullinan_180404_04.jpg





このカリナンの名前は1905年に南アフリカで発見された史上最大のダイヤモンド原石で、3106カラットのカリナン・ダイヤモンドから来ており、ダイヤは9つに切り分けられましたが、そのうちの大きな2つが英国の帝冠と王笏に使われています。ロールス・ロイスのボスであるトルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏によれば、カリナンの名はありふれた風景の名前に潜むこの新型車にぴったりだと話しています。

ファン
検索
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。