UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月02日

トヨタ ハイラックス ドリフトマシン

hilux.jpg

この2001年式のトヨタ ハイラックスはオーストラリアのドリフターのNigel Petrie氏が作り上げたマシンで、一からドリフトマシンとして作り上げられました。





一から作り上げられたということもあり、エンジンには日産シルビアなどに搭載されていた直列6気筒のSR20DETが搭載され、6速のシーケンシャルトランスミッションを組み合わせています。そして足回りは全てワンオフで、最低地上高が70mmというローダウン担っています。エンジンは360馬力にまでパワーアップされていてドリフトに必要な馬力とトルクを併せ持ったチューニングになっています。

2018年04月24日

Pogea Racing The FPlus Corsa フェラーリ 488 GTB

ferrari-488-gtb-pogea-racing-2.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-3.jpg

ドイツのチューナーのPogea Racingがフェラーリの488GTBのチューニングカーの FPlus Corsaを発表しました。ボディキットはカーボンファイバー製で、主な変更点はリップスポイラーや、リヤディフューザー、サイドウィング、サイドスカート、そして、大型リヤウィングをでよりダウンフォースを強めています。そして、このカーボンファイバー製のボディキットにより48kgの軽量化を実現しています。


ferrari-488-gtb-pogea-racing-7.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-6.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-8.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-10.jpg

搭載されるエンジンは排気量3.9リッターV型8気筒ツインターボエンジンで、主なチューニング内容はエンジンチューニングで主に専用のエキゾーストシステムを合わせ、最高出力は820ps、最大トルクは900Nmへとパワーアップしています。その結果、0-100km/hの加速は2.8秒、最高時速345km/hにまで上がっています。


ferrari-488-gtb-pogea-racing-11.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-17.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-14.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-15.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-19.jpg
ferrari-488-gtb-pogea-racing-18.jpg

専用チューンのサスペンションを装着し、専用のホイールは21インチの鍛造アルミホイールを装着です。
FPlus Corsaパッケージは限定20セットのみで、4セットは欧州市場、8セットは北米市場、残り8セットはアジア市場向けになっています。日本価格は発表されていませんが、欧州価格は€35,000となっており、460万円前後担っています。

2018年03月15日

マンソリーポルシェ パナメーラ スポーツリスモ

マンソリーはポルシェパナメーラスポーツリスモをジュネーブモーターショーに出展しました。このパナメーラもマンソリーの他のチューニングカー同様にカーボンファイバーがふんだんに使われていて、フロントリップスポイラーらかインテーク、ボンネットのエアダクトや、サイドベント、サイドスカート、ルーフスポイラー、ディフューザーなどで、よりダウンフォースを稼げるようになっています。

mansory_panamerasportturismo_01.jpg
mansory_panamerasportturismo_03.jpg
mansory_panamerasportturismo_02.jpg
mansory_panamerasportturismo_04.jpg



mansory_panamerasportturismo_08.jpg

インテリアは最高級のレザーとカーボンファイバーにより統一されていて、特別な顧客の要望にも答えられるようなインテリアになっています。

mansory_panamerasportturismo_05.jpg
mansory_panamerasportturismo_06.jpg
mansory_panamerasportturismo_07.jpg

エンジンにも手が加えられていて、標準のパナメーラターボから35馬力、40Nmのトルクアップになっているのと同時に、エキゾーストシステムも一新されています。ホイールは軽量な22インチのホイールに変更されています。

2018年03月13日

マンソリー Cyrus アストンマーティンDB11

マンソリーは以前Cyrusと呼ばれるフルカーボンボディのアストンマーティンを作成しましたが、今回のジュネーブモーターショーに新しいCyrusを持ち込みました。ベースになったモデルはアストンマーティンDB11で、今回も同様にカーボンボディに変更されるにあたりエアロダイナミックスにも手が加えられています。まず、フロントバンパーはリップスポイラーが追加されよりダウンフォースが強められていて、大きくなったフロントダクトとボンネットに設けられたベントによって熱をより効率的に冷却できるようになっています。サイドには新しいスカートや、リアの大きなディフューザーによりより強いダウンフォースを生みます。

mansory_cyrus_db11_01.jpg
mansory_cyrus_db11_03.jpg
mansory_cyrus_db11_02.jpg

エンジンにも手が加えられていて、新しいエキゾーストやエアフィルターなどによりV12ツインターボエンジンは700馬力、850 Nmのトルクにまでパワーアップされています。 0-100km/hの加速は3.6秒、最高速度は330 km/hにまで上がっています。

mansory_cyrus_db11_04.jpg
mansory_cyrus_db11_05.jpg
mansory_cyrus_db11_06.jpg
mansory_cyrus_db11_07.jpg

35mmロワリングされたサスペンションやワンピースの22インチの超軽量の鍛造ホイールが装着されていてより走行性能を高めています。



マンソリー マクラーレン720S

あまりチューニングのベースとしてしようされないマクラーレン720Sですが、マンソリーが手を加え、ジュネーブモーターショーでお披露目されました。

mansory_mclaren720s_01.jpg

マンソリーはエアロダイナミックスやカーボンファイバーの品質、そしてシャーシバランスなどが全て高水準にある720Sをもう一段階高いレベルにするためにエアロダイナミックスを見直したり、シャーシバランスやそしてエンジンパワーをより一層高めました。フロントエンドのデザインを見直すことによってダウンフォースを高めたり、サイドスカートを使い綺麗に風を流していきリアの大きなディフューザーつなげてダウンフォースにつなげていくデザインになっています。そして、新しく設計されたリアウイングもより強いダウンフォースを生みます。

mansory_mclaren720s_03.jpg
mansory_mclaren720s_02.jpg



mansory_mclaren720s_06.jpg



強くなったダウンフォースに負けないようにエンジンにも手が加えられていて、専用のエキゾーストや、ECUなどにより、755馬力を7,300 rpmで、780 Nmのトルクを5,600 rpmで発生させます。 0-100km/hの加速は、2.8秒、 最高速度は345 km/hと伸びています。サスペンションにはローダウンされたハイパフォーマンススプリングが装着され、ホイールは超軽量の鍛造ホイールで、フロントは20インチ、リアは21インチになっています。

mansory_mclaren720s_04.jpg
mansory_mclaren720s_05.jpg


インテリアは新しいハンドルや、標準の720Sと比べると高級な素材が使割れていて、高速走行でも快適でいられるような装備になっています。

2018年03月12日

ジュネーブモーターショー 注目チューニングカー8台

ジュネーブモーターショーでは自動車メーカーのみならず、チューニングメーカーも数多く新型モデルを発表しています。中でも注目を集めているモデルを抜粋してお伝えします。

マンソリー ブガッティ ベイロン Vivere
row09921.jpg

マンソリーは車のチューニング以外にもラグジュアリーな物作りをしていて、カーボンファイバーでできた椅子にオーストリッチを金で塗った椅子や、£50,000(730万円)のゴルフバックなどを作っています。そして、このベイロンはMarble Collageと呼ばれるマンソリー特製のカーボンファイバーを身にまとってモーターショーの注目を集めています。


リバティーウォーク アベンタドール
row09645.jpg

オーバーフェンダーで有名な日本のリバティーウォークはランボルギーニアベンタドールの新型のボディキットをモーターショーに持ち込みました



カーンデザイン Flying Huntsman 6X6 Civilian Carrier
row09535.jpg

高級車のカスタムやチューニングを得意とするカーンデザインはランドローバー ディフェンダー 110をベースに6輪に仕上げました。席は9席あります。


Top Car Stinger
row09601.jpg

チューニングメーカーのTop Carはポルシェ 911 ターボ Sカブリオレを全身カーボンボディに変えたモデルをモーターショーに持ち込みました。このボディは24枚のカーボンパネルによってできています。



ブラバス Rocket 900
row09897_0.jpg

ブラバスがモーターショーに持ち込んだのはRocketと呼ばれるSクラスです。その名の通り、このSクラスはS65をベースにチューニングされ、900馬力にまでパワーアップされていて、ロケットのように加速していきます。



ジャガー ‘Greatest Hits’ XJ
row09935.jpg

イギリス・ロンドン出身のヘヴィメタルバンド、アイアン・メイデンのドラマーのニコ・マクブレイン氏が自身の1984年製のXJ6 シリーズ 3をレストアすると同時に手を加えたモデルです。3,500時間以上かけて作成されたこのXJ6は4.2リッターのエンジンに手が加えられているのと同時に、エキゾーストや、サスペンション、ホイールなど全てに手が入れられています。


Ruf SCR
row09575.jpg

Rufは今年、オリジナルのSCRの生誕40年を記念して現代バージョンとしてこのSCRを作成しました。カーボンモノコックのボディは1325kgと軽量で、現行の911GT3に搭載されている4リッターエンジンを搭載しています。





ブラバス Adventure 4x4 squared
row09902_0.jpg

ブラバスは昨年受注生産されたG500 4x4 をよりオフロード仕様に仕上げました。4リッターV8ツインターボエンジンは420馬力から500馬力にパワーアップされ、インテークをルーフに移したり、ウインチを搭載するなどどこにでもいけるような仕様になっています。

2018年03月11日

マンソリー フェラーリ 812 スーパーファースト STALLONE

ジュネーブモーターショーで色々なモデルを初公開したマンソリーはフェラーリのフラグシップの812 スーパーファーストのチューニングカーをお披露目しました。マンソリーはフェラーリ599からフェラーリフラグシップ車のチューニングを続けていて、F12に続くモデルとして公開されました。STALLONEと名付けられたこのモデルは、全身カーボンファイバーボディになったこの812は、リアの速度によって作動するダブルディフューザーまでもカーボンになっています。そして、新しいエキゾーストや、エンジンチューニングの結果、30馬力アップの830馬力にまでパワーアップしています。

mansory_stallone_812_01.jpg
mansory_stallone_812_02.jpg
mansory_stallone_812_05.jpg
mansory_stallone_812_04.jpg
mansory_stallone_812_03.jpg
mansory_stallone_812_06.jpg
mansory_stallone_812_07.jpg
mansory_stallone_812_09.jpg
mansory_stallone_812_08.jpg

サスペンションはローダウンされ、フロントに21インチ、リアに22インチの超軽量の1ピースの鍛造ホイールを装着しています。

mansory_stallone_812_11.jpg
mansory_stallone_812_12.jpg


インテリアは、より高級なレザーを使ったインテリアになっていてカーボンファイバーもふんだんに使われた豪華な内装になっています。



2018年03月09日

マンソリー ロールスロイス ファントム Bushukan エディション

昔から中国で幸せや長寿の象徴とされている柑橘系の果物の仏手柑(Bushukan)からインスピレーションを受けてデザインされたモデルをマンソリーがロールスロイス ファントムにBushukan エディションとしてラインナップに加え、ジュネーブモーターショーでお披露目されました。

mansory_phantom_01.jpg
mansory_phantom_03.jpg
mansory_phantom_02.jpg
mansory_phantom_04.jpg
mansory_phantom_05.jpg
mansory_phantom_06.jpg
mansory_phantom_07.jpg


搭載されているV12ターボエンジンはよりスポーティな味付けが施されていて、610馬力、 950Nmのトルクにまでパワーアップされています。そして鍛造の1ピース24インチ、10Jのホイールに変えられていることでより安定性やハンドリングが向上しています。





オリジナルのファントムが持つ上品さを壊さないようにボディキットはデザインされていて、なおかつマンソリーらしさも出したぜザインになっています。販売価格は公表されていませんが、洗剤のBlack Bisonエディション同様にファントムに見合った価格になる見込みです。

Startech アストンマーティン DB11 V8 SP610

Startechは高級車を専門に扱うチューニングメーカーで、今回チューニングをしたのは新しくラインナップに並んだアストンマーティンDB11 V8でジュネーブモーターショーに出展しました。このDB11 V8 SP610と名付けられたモデルはV12を積むDB11よりパワフルに仕上がっています。

st18aa063.jpg
st18aa065.jpg
st18aa062.jpg
st18aa064.jpg
st18aa047.jpg

ボンネットの下には業務提携をしたメルセデスAMGのM177型のV8ツインターボが収められていて、Startechはブラバスと共同でイグニションやインジェクションシステム、ターボ、そしてブースト圧などを高めるチューニングを施しました。
その結果、V12エンジンのDB11の608馬力をわずかに上回る610馬力にまでパワーアップを実現していた、標準のV8エンジンから約100馬力のパワーアップをしています。0-100km/hの加速は 3.8 secondsで0.2秒の短縮で、このタイムはV12エンジン搭載モデルより0.1秒早いタイムになっています。最高速も310km/hと10km/hほど伸びています。


st18aa050.jpg
st18aa052.jpg
st18aa054.jpg
st18aa058.jpg
st18aa048.jpg


エクステリアにはよりアグレッシブなカーボンファイバー性のボディキットが装着され、フロントにはF1のテクノロジーからヒントを得たフロントスプリッターが高速域でのダウンフォースを生み、その風をリアにまで流しています。そしてビラーや、サイドベント、などは銅によるフィニッシュになっていて、装着されるホイールは21インチになっています。



2018年03月08日

ABT アウディ RS4-R アバント

ABTは先日、アウディRS5をチューニングしてRS5-Rを発表したばかりですが、今度は同じようなチューニングをアウディRS4アバントに施しました

03_abt_rs4-r_front.jpg
01_abt_rs4-r_front.jpg



04_abt_rs4-r_rear.jpg
06_abt_rs4-r_rear.jpg


今回のRS4-RはRS4アバントモデルをベースにチューニングされていて、チューニング内容は新しくマッピングされたECU、スポーツエキゾースト、サスペンション、ボディキット、そして21インチのABTのホイールです。その結果、525馬力、 509lbのトルクにまでパワーアップされていてこれは先日のRS5-Rと同様のチューニングです。 0-100km/hの加速は3.6秒と発表されています。しかし、RS5-Rの方がRS4-Rより軽量であることから0-100km/hの加速は少しですがRS5-Rに軍配が上がります。





14_abt_rs4-r_exterior.jpg
08_abt_rs4-r_interior.jpg
12_abt_rs4-r_exterior.jpg
09_abt_rs4-r_interior.jpg


ABTは最近立て続けにアウディのRSモデルをベースにチューニングしていて、中でもRS6やこのRS4はアバントでしたので、最速のステーションワゴンをさらに速く仕上げています。


ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。