UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年02月16日

新型ランボルギーニ 4ドアモデル開発

ランボルギーニにとってフロントエンジンそして、4ドア4シーターというのは2008年にコンセプトカーとして発表されたエストーケコンセプトとしてのレイアウトで開発が勧められていましたが、リーマンショックなどで世界は景気後退しエストーケコンセプトの計画は中止となり、ランボルギーニはVWグループのMLBプラットフォームを使い、堅調なSUVカテゴリーに向けて違うモデルのウルスの開発に力を入れてきました。

lamborghini-estoque-2.jpg
22689_1222928699791.jpg
lamborghini-estoque-concept-img_5.jpg


しかし、2021年を目途に発表を予定している新型ランボルギーニに向けて4ドアモデルの開発が再開されました。


ランボルギーニはウラカン、アヴェンタドール、ウルスに続く、第4のモデルラインとして4ドアを選んだのはVWグループのプラットフォームを利用できるという点や、そのプラットフォームを使ったポルシェパナメーラや、ベントレーフライングスパの前例があり労力とお金を抑えられるといった見込みもあるようです。



2018年02月01日

スバル VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト

スバルは、東京オートサロン2018にモータースポーツ統括会社であるSTI スバルテクニカインターナショナルと共同で安心と愉しさを追求し続ける スバルとSTIの将来ビジョンを具現化したコンセプトカーのVIZIVパフォーマンスSTIコンセプトをお披露目しました。

60485.jpg
60484.jpg
60491.jpg
60489.jpg
60487.jpg
60492.jpg
60486.jpg


2017年の東京モーターショーに出品したVIZIVパフォーマンス・コンセプトをベースに、STIの最新技術を入れてアップグレードさせてあります。

このモデルは、専用のフロントバンパー、サイドシルスポイラー、トランクスポイラーなどSTIのコンプリートカーとしてふさわしいハイパフォーマンスを演出しているだけでなく、エアロダイナミックスが格段に向上していることで、高いレベルでの安心と愉しさの実現を目指しています。

まだコンセプトカーの段階ですが、一部情報によると市販をする可能性があるということで今後が楽しみです。



2018年01月25日

次期ランドローバー レジローバー イヴォーク ハイブリッド搭載へ

世界で爆発的な人気を博しているランドローバーのレンジローバー イヴォークが次期プロトタイプを極寒のスウェーデンで寒冷気候テストをしているところを目撃されました。今回のテストは通常1台でのテストではなく、複数台の開発車両を持ち込んで何か新しいシステムをテストしているようです。

59546.jpg
59534.jpg


ランドローバーの歴史上、大ヒットモデルになったレンジローバー イヴォークは、2011年の発売から6年が経った現在でも、SUVのエントリーモデルとして人気を博し、新しいセグメントの先駆けになっただけでなく、年間販売台数が10万台を下回ることのない大人気のモデルに成長し、次期モデルは大きなプレシャーがのしかかります。

今回テストしているプロトタイプは、ボディに全て生産型パーツを装着し、ほぼ量産型と見られ、フロントマスクは完全にカモフラージュされてはいますが、現行モデルより厚みのあるラジエーターグリルやスポーティなベンチレーションを装備し、よりレンジローバーやレンジローバーヴ ェラールのようなデザインになるようです。またテールライトも薄型のヴェラールのデザインに近いものになりますです。

59546.jpg
59537.jpg
59535.jpg
59542.jpg
59551.jpg
59540.jpg
59553.jpg

プラットフォームは、現行のD8アーキテクチャの最新バージョンが用いられ、全長は変わらずにホイールベースが30mm程度延長される見込みで、改良されたプラットフォームにより、乗り心地と快適性を工場させており、よりレンジローバーの名前にあったモデルになる見込みです。

パワーユニットには、新設計の1.5リッターの直列3気筒エンジンに電気モーターの48Vハイブリッドシステムを組み合わせたハイブリッドモデルの他、最高出力1237psを発揮する2リッターの直列4気筒ディーゼルターボエンジン、最高出力296psを発揮する2リッター直列4気筒ガソリンエンジンなどがラインアップに並ぶ予定です。そして販売初期にはローンチモデルも用意される可能性もあります。

ワールドプレミアは、2018年秋以降を予定しており、それまでに各地でテストをしている様子が目撃されるでしょう。




2018年01月23日

ランドローバー レンジローバー 2ドアモデル レンジローバーSVクーペ

発売以来世界的な人気を博しているランドローバーのフラッグシップSUVのレンジローバーが新型車を極秘開発しているところをカメラが捉えました。詳細は不明ですが、この新しいモデルはフルサイズレンジローバーの2ドアモデルになり、レンジローバー史上最高級価格のモデルになることがわかっています。

そして、ランドローバーは1月24日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、レンジローバーSVクーペを初公開すると発表しました。

1266843.jpg


レンジローバーは初代レンジローバースポーツの販売を開始した際に、2ドアモデルのレンジストーマーをコンセプトカーとして2004年のデトロイドモーターショーに出展しましたが、今回テストをしていたモデルはレンジローバーSVクーペという名前になり、ジャガーランドローバーグループの高性能部門のSVOが設計開発を進める2ドアクーペになります。


レンジローバーシリーズのイヴォークには2ドアを選択できるモデルはありますが、現在そのほかには2ドアの設定はなく、新しいモデルになります。トップモデルのレンジローバーは、1970年の初代のモデルに限定生産ではありましたが、1000台限定で2ドアが発売されました。しかし、量産モデルとしては実に50年振りとなる歴史的モデルの誕生になります。そしてこの特別なモデルは、世界限定999台を生産する計画で、ランドローバーによると、レンジローバーSVクーペは初代レンジローバーをオマージュしたモデルとなり、クーペデザインが採用されるようです。


1266841.jpg
1266846.jpg
1266847.jpg
1266850.jpg
1266849.jpg

ジャガーランドローバーグループのレンジローバーデザイナーのジェリー・マクガヴァン氏は、「大型2ドア・クロスオーバーSUV市場の規模は小さいが、可能性は秘めている」と語っており、量産モデルとして実現するようです。そして、ジャガー・ランドローバーの特別モデル開発部門のSVOが手がけることにより、スポーツ性を兼ね備えたモデルになることは確実で、ベントレーのベンテイガや、メルセデスベンツのAMG、BMWのM、そしてアウディのRSに対抗できようなパフォーマンスモデルになる見込みです。そして生産もSVO部門が担当し、1台1台、ハンドメイドで組み立てられるようです。

カメラが捉えた開発車両は4ドアに見えますが、リアドア部分は極端に短くなっており、スタンダードのレンジローバーと比べると不自然な短さになっており、2ドアをカモフラージュしているようです。
正面から見るとノーマルのレンジローバーですが、ルーフはコンセプトカーのレンジストーマーのように低く傾斜しており、また市販型と思われるテールライトは、最新のレンジローバーとは全く異なるデザインが採用されているようです。

なお、ランドローバーは、レンジローバーSVクーペの内装の画像を1点公開。世界初のフルサイズラグジュアリーSUVクーペになる、としている。

1267184.jpg

ワールドプレミアは2020年頃と予想されています。そして、販売価格はレンジローバー史上最高額になる見込みです。



2018年01月17日

BMW i8 スーパースポーツ

BMWは自社のi8をスーパースポーツバージョンのモデルを制作を始めるとBMWのi部門のトップが明かしました。

近年のスーパースポーツ市場が加熱していることもあり、BMWとしては初めての自社でのスーパースポーツを現行のi8をベースとして考えているようです。

p90285406_highres.jpg


BMWがi8をベースとしてスーパースポーツの制作を考えているのは、近年V12やV8エンジンのみを搭載しているモデルが少なくなり、ハイブリッドシステムを搭載したモデルが主流になっているためや、BMW i部門の代名詞でもある未来的なシステムのハイブリッドシステムを盛り込むようです。



タグ:BMW i8

2018年01月15日

トヨタ GAZOO Racing GRスーパースポーツ コンセプト テストカー 1000PS新コンセプトカー

トヨタのレース部門のGAZOO Racingは、2018年1月12日から14日の3日間、幕張メッセで開催されたカスタマイズカーイベントの東京オートサロン 2018にGRスーパースポーツ コンセプトを出展し、その一部概要を発表した。

001.jpg

GAZOO Racingは、モータースポーツ活動を通じてクルマを鍛え、人を鍛える「もっといいクルマづくり」をモットーにクリマ作りに取り組んでおり、世界ラリー選手権(WRC)や世界耐久選手権(WEC)などのトップカテゴリーをはじめ、国内ラリーやレースにも参戦して結果を残しています。
それらの活動で得た技術や知見を生かし、新たな市販車に繋げており、9月にはスポーツカー専門のGRシリーズを発売し、モータースポーツ活動から商品づくりまでを一貫して取り組んでいる。

今回出展された車両は、ヤリスWRC、TS050 HYBRIDなどのモータースポーツ参戦車両に加えて、モータースポーツ活動で培われた技術のフィードバックの一つの形として、WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー(GRスーパースポーツコンセプト)を展示しました。
そして、市販車として86GRや国内150台限定販売の『ヴィッツGRMN』も出展されました。

20180112_01_02.jpg
20180112_01_01.jpg
20180112_01_05.jpg
20180112_01_04.jpg
20180112_01_03.jpg

GRスーパースポーツコンセプトは、ハイパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカー。パワーユニットはWEC(FIA世界耐久選手権)に参戦中のTS050 HYBRIDで使用されているV型6気筒2.4リッターツインターボチャージャーエンジンを核とした、THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)を搭載し、最高出力は1000馬力となっています。
また最高速度などは開発中のため非公開となっている。

20180112_01_6.jpg
20180112_01_08.jpg

このコンセプトカーは従来のハイパースポーツとは逆の方法で作られています。従来は公道を走るモデルを完成させてからレーシングカーに応用していきますが、このGRスーパースポーツはレーシングカーをものに一般公道ができるように設計されています。
同じようなコンセプトは最近発表され話題を産んだ、メルセデスAMG Project Oneが同じようにレーシングカーからのモデルになります。

まだコンセプトカーの段階で快適性などをクリアーする必要がありますが、近年のスーパースポーツが盛り上がっていることやトヨタ自身レクサスLFA以降スーパースポーツを出していないので実現する見込みは高くなっていくことでしょう。




2017年08月16日

レクサス LS AMG対抗モデル投入か

南ヨーロッパで、レクサスLSのAMG対抗モデルのプロトタイプを捕らえました。

この開発テスト車両に関する情報は一切なく外見の変更点である捉えた試作車の情報は何も無く、全くの謎となっていますが、このテスト車両はAMGのような迫力のあるエキゾーストノートを出していたことを考えると高性能モデルになるようです。

Lexus-LS-3-20170814131143-800x503.jpg
Lexus-LS-10-20170814131149-800x505.jpg


今現在、レクサスには正式にメルセデスAMGやBMW Mに対抗できるモデルはなく、LS500 FスポーツがLSのラインナップで最高のスポーツモデルとなっています。

このスポーツモデルはメルセデスAMGやBMW M同様に最高出力は600psクラスのハイパフォーマンスモデルとなる可能性があります。

9月のフランクフルトモーターショーへの出展告知はまだ発表はありませんが何かしら発表があるかと思います。



2017年08月10日

ビジョン メルセデス マイバッハ 6 カブリオレ

去年のペブルビーチでビジョン メルセデス マイバッハ 6が出展されコンセプトカーとしてのお披露目でしたが、今年のペブルビーチでビジョン メルセデス マイバッハ 6のオーブンモデルのカブリオレが出展されることが決まりました。

Vision-Mercedes-Maybach-6-211.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-1.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-7.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-2.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-6.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-3.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-5.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-4.jpg
Vision-Mercedes-Maybach-6-22.jpg


このビジョン メルセデス マイバッハ 6は元々ゲームのグランツーリスモと共同でデザインされたコンセプトモデルでメルセデスベンツのデザイン部門のトップのGorden Wagener氏がインテリアなどをさいデザインしたことで現在するモデルになりました。

ビジョン メルセデス マイバッハ 6クーペは750馬力を発生するモーターを4つ搭載した電気自動車で4シータークーペになっていました。純距離は500kmとなっており、5分の急速チャージをすることで100kmの走行を可能にしています。

ビジョン メルセデス マイバッハ 6 カブリオレも基本的には同じ構造になり、年内にはプロダクションモデルになる見込みです。




2017年08月09日

新型メルセデスベンツ CLS

新型のメルセデスベンツCLSの開発風景を捉えました。メルセデスベンツは次期CLSのAMGモデルはハイブリッドになると発表されていますので、現行のCLS63に変わるモデルになりそうです。

images.jpeg
mercedes-cls-spy-photos-01.jpg


ハイブリッドのAMGモデルはAMGにとって新しいチャレンジとなりよりダウンサイジングをしてもより安定してパワーをあげるための処置と環境基準に合わせることが狙いのようです。搭載されるモーターは100馬力前後を発生するようで現行のCLS63Sよりもパワフルになる見込みです。

正式公開は今年11月に開催されるロサンゼルスロサンゼルスモーターショーになる見込みです。



2017年08月07日

新型ロールス・ロイス ファントム クーぺ/ドロップヘッド

先日ロンドンでお披露目をされた8世代目のロールス・ロイス ファントムですが、新型が登場したことによりpファントムクーぺとドロップヘッドクーぺも新しくなる見込みでそのデザインがリークされました。

20545265_326641674446666_2769765990820444380_o.jpg
20626926_327286227715544_1952339874692946440_o.jpg
20369016_325525204558313_2438292952118376780_o.jpg


ファントム クーぺ/ドロップヘッドは4ドアのファントムと同じエンジンを搭載する見込みで、6.75リッターV12ツインターボエンジンになり570馬力となりますが、クーぺとドロップヘッドは最高出力が若干高められる見込みです。

またゴーストもフルモデルチェンジを控えておりファントムを同様にゴーストの新型が登場してからそのデザインがレイスやドーンに引き継ぐ形になります。

そして現在開発中のSUVのカナリンにも新型ファントムのデザインが継承される見込みです。




ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。