UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月09日

ロータス エスプリ 2020年復活へ

ロータスは2020年に自社のスポーツカーのエスプリを復活させると発表しました。ロータスは8年前に一度、エスプリコンセプトをモーターショーで発表していて、完成度の高さから当時はいつ市販されてもおかしくないデザインと言われていましたが、度重なるロータスの資金難のせいか生産に移ることはありませんでした。そして、経営難に苦しみ、中国の吉利汽車に買収され限定商法で近年業績を伸ばし復活の兆しを見せています。

2018050820215929a.jpg
2018050820220330f.jpg

ロータスはすでに吉利汽車の傘下にあるボルボと共通のプラットフォームをもつSUVを2022年以降発売する事を発表していますが、SUVの前にエスプリを復活させるようです。エスプリの立ち位置としてはロータスの最上位モデルになるようで、エヴォーラの上位モデルになる見込みです。


20180508202200240.jpg
20180508202202265.jpg

まだ詳細は発表されていませんが、2020年ということもあり電気自動車またはハイブリッドが濃厚とみられています。

posted by Parka at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータス

2018年03月23日

ロータス SUVモデル開発へ

ロータスからSUVモデルを4年以内に登場することをジーン・マーク・ゲールズCEOが発表しました。ロータスと言えば深刻な経営難から中国の自動車メーカーの吉利汽車に買収されましたが、ついにSUVにも参入するようです。

lotus-geneva-12-7.jpg



ロータスは新しいSUV について「まだ最終的なデザインは決まっておらず、スポーツカーと同じデザイン言語を使うことはできないが、それがロータスであることを認識することができるデザインにする予定です」と話していて、「SUVセグメントとしては類がないほどのコーナリング性能を目指します。それをミスすると、プロジェクト自体も失敗に終わってしまいますから」と話しています。

20180321101350e9a-1.jpg


ロータスは、親会社の吉利汽車が持つプラットフォーム群から、2t未満のSUVを製造するのにちょうど良いものを選ぶようで、なかでも吉利汽車傘下のボルボのXC90やXC60のプラットフォームが採用される可能性は高く、使用するSPAプラットフォームならば、高張力鋼を使っているために比較的軽量なSUVが生まれる見込みです。ボルボXC90のようにツインエンジンのハイブリッドシステムを搭載すれば400馬力を超えることも可能ですが、ロータスは独自の技術を使いよりパワーフルなモデルにする見込みです。ライバルとされるのはポルシェマカンやカイエンになるとみられ、ハイブリッドシステムを搭載したモデルになる見込みです。





さらに、ボルボのインテリアのエレクトリックアーキテクチャーや大型タッチスクリーンも採用される見込みです。ロータスは、今後2カ月以内にSUVモデルのスタイリング開発を完了させる見込みです。


posted by Parka at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータス
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。