UA-113853910-1,

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年01月23日

キャデラック CT5

キャデラックの新型4ドアセダンCT5をテストしているところを、目撃されました。全身カモフラージュがかかっていますが、新しいデザインなのを見て取れます。

59362.jpg
59360.jpg


キャデラックのCEOは現在のセダンラインアップを整理したいと考えているそうで、CT5は、現行モデルのATSとCTSにとって代わる次世代4ドアサルーンとなる見込みです。

ATS
59363.jpg

CTS
59364.jpg

プラットフォームにはGMグループのAlphaアーキテクチャを採用し、FRと4WDを選択できるようになり、パワーユニットは、2リッター直列4気筒エンジン、3.6リッターV型6気筒エンジン、そしてVモデルのハイエンドには6.2リッターV型8気筒エンジンを搭載する予定です。また直列4気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドモデルもテストされているようで、選択可能になる予定です。

フロントマスクは、CT6のデザインを継承し現在自動車メーカーで主流の似たデザインで統一される見込みがありますが、まだカモフラージュで隠されているためわかりません。

CT6
59365.jpg

ワールドプレミアは2018年秋以降と見られ、GMの米ミシガンのランシング・グランドリバー工場で2019年後半から生産され、同年終わりには販売開始を予定しているとのことです。



posted by Parka at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月22日

ケーニグゼグ クラッシュテスト

ケーニグゼグは2017の年末に最高時速の公式世界記録を樹立しました。 世界記録を記録したモデルはアゲーラRSで277mph(445km/h)で世界最速の車を製造するメーカーになりました。




そして、その記録樹立に合わせ2018年モデルの安全保証でもあるクラッシュテストの模様を公開しました。このクラッシュテストはアメリカの保安基準を満たすためになりますが、全身カーボンファイバーのケーニグゼグの車にとってクラッシュテストによってよりカーボンファイバーが強いことを証明した形になりました。



posted by Parka at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

マクラーレン セナ

マクラーレンが発表した特別車のセナが新しく建設されたマクラーレンの工場内で正式にお披露目されました。発表時、マクラーレンはアイルトン・セナ選手がドライブをしたF1マシンと共に発表しました。



このマクラーレンセナは500台限定のサーキット走行を主に作成されたモデルで800馬力を誇り、ガソリンエンジンのみのモデルではマクラーレン歴代のモデルの中で一番パワフルなモデルになります。発表時かつてのF1マシンの周りをドリフト走行するようにお披露目されました。
そして、先日このセナはアイルトンセナ基金のチャリティーに出品され約3億円で落札されました。この全額はセナ基金に寄付されブラジルの貧困の子供などなどに役立てられる見込みです。

生産台数の500台はすでに完売しており、販売価格は1億円でしたが、チャリティーで3億円で落札されたことにもわかるようにすでにプレミアがついています。






posted by Parka at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月18日

ランドローバー ディフェンダー 70周年モデル 400馬力


lr_classic_defender_worksv8_170118_19.jpg

ランドローバーは特別モデルのディフェンダーを発表しました。このディフェンダーは従来のディフェンダー同様にV8エンジンを搭載していますが、この特別モデルは400馬力のハイパフォーマンスのV8エンジンです。

lr_classic_defender_worksv8_170118_04.jpg
lr_classic_defender_worksv8_170118_01.jpg
lr_classic_defender_worksv8_170118_03.jpg

このディフェンダーは従来のモデルに搭載されているエンジンの120馬力のエンジンではなく、5リッターV8エンジンを搭載しており、最高出力は400馬力を発生し、0-100km/hの加速は5.6秒、最高時速は170km/hと大幅に変わっています。

lr_classic_defender_worksv8_170118_05.jpg
lr_classic_defender_worksv8_170118_07.jpg

トランスミッションは8速のZF製のオートマチックトランスミッションを搭載し、スポーツモードも備えています。そしてパワーに合うように足回りも強化されています。

lr_classic_defender_worksv8_170118_12.jpg
lr_classic_defender_worksv8_170118_17.jpg




posted by Parka at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月17日

TVR グリフィス

TVRは破綻以降、復活するために色々なところで資金集めをしてきましたが、最終的にウェールズ政府が時価が£17 million時にTVR社の3%を£500,000で買い、それと同時に£2 millionのローンを借り入れ、2016年に新しい工場の建設に当てました。

img_2413-edit.jpg

TVRの新しい工場はイギリスの新興企業や技術系のグローバル企業が密集する地域に位置しており、1500人の雇用を実現させました。

この新しい工場ではスチールとカーボンファイバー合わせた素材を生成できるマシンなど最新のマシンが並んでおり、この工場で新型のグリフィスのボディなどを組み立てることができます。

img_2399-edit.jpg
img_2386.jpg
img_2298-edit.jpg
img_2313-edit.jpg

TVRは工場の完成を2019年内に掲げており、新しいグリフィンは工場が完成すると同時に生産する見込みです。新しいグリフィンの価格は£90,000で480馬力を発生する見込みで、売り上げ台数は年間500台を目標にし、2019年内に納車見込みです。

TVRの倒産前の最後のモデルはTVRサガリスで2004年でした。そして倒産後、2013年に資産家のLes Edgar氏に買い取られました。

> Click here for our last drive of the TVR Sagaris
dsc_3126.jpg
img_2322-edit.jpg
img_2355.jpg


TVRは新しいグリフィスの車重を1,250kg以下、 全長4314mm、全幅1850mm、全高1239mmと発表しておりこのサイズは現行のポルシェ718 ケイマンが全長4379mm,全幅1801mmそして全高1205mmととてもコンパクトなモデルになります。そしてそのコンパクトで軽量なボディに480馬力を発生するエンジンを搭載しており、0-100km/hは4秒以下、最高速度は320km/h以上と発表されています。




posted by Parka at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月16日

メルセデスAMG 53シリーズ

メルセデスベンツはデトロイトオートショー2018で3種のAMGを発表しました。AMGのEQ Boostマイルドハイブリッドシステムを搭載した最初のモデルになります。
今回発表されたのは、「AMG CLS 53」、「AMG E53クーペ」、「AMG E53カブリオレ」の3台です。

AMG CLS 53
17c830_086.jpg
17c830_087.jpg
17c830_091.jpg
17c891_03.jpg

AMG E53クーペ
17c891_15.jpg
17c891_13.jpg
17c891_43.jpg

AMG E53カブリオレ
17c909_14.jpg
17c909_08.jpg
17c909_27.jpg
17c891_43.jpg


全て同じエンジンの3.0リッター直6気筒ツインターボエンジンに電動コンプレッサーが搭載され435馬力/520Nmを発生し、トランスミッションはAMGスピードシフトの9速トランスミッションです。


走行モードは「エコ」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディヴィジュアル」の5つがあります。
CLS53は0-100km/hを4.5秒でこなし、最高速度は270km/h(リミッター)です。
AMG53シリーズではマイルドハイブリッドを採用しており、21馬力/250Nmのパワーアップを実現し、燃料消費量と排出ガスを削減に貢献した環境に優しいハイパフォーマンスモデルになっています。


EクラスカブリオレにAMGモデルが加わったのはこれが初になり、AMG E53では396馬力で、E43より馬力アップしています。
AMG 53モデルはすべて、4Matic +の全輪駆動システムが標準装備になります。

17c830_046.jpg

17c909_03.jpg

このAMG53シリーズはこの3モデルを皮切りにほかのモデルにも広がっていく模様で、現在43モデルがないモデルにも反映されていく見込みです。
そして、AMGプロジェクトONEもそうですが、ハイブリッドシステムを効率よくパフォーマンスに反映していくことが主流になっており、ガソリンエンジン単独でのV8モデルやV12エンジンのモデルはとても限られたモデルのみになる可能性があります。

価格やパワーはAMG63モデルとAMG43モデルの間になるようで、63モデルのパワーが必要ではないと感じる方や、43モデルでは満足できない方でAMGに乗りたいという方にはちょうどいいモデルになっています。



posted by Parka at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月15日

2018 フォード マスタング ブリット

フォードは往年の伝説的なモデルのマスタング ブリットを限定車として復活させました。

2019-mustang-bullitt-3.jpg

このマスタングブリットはスティーブ マックイーンの映画である「ブリット」で活躍した車両で一番有名なマスタングとして有名です。モデルになったのは1968年式のマスタングGT390で、誕生から50周年を記念して作成されました。

映画「ブリット」では、マックイーンが操るマスタングGT390と、ダッジチャージャーとの間で、カーチェイスが展開されました。

2019-mustang-bullitt-5.jpg
2019-mustang-bullitt-4.jpg
2019-mustang-bullitt-2.jpg

デトロイトモーターショーで初公開されたマスタング・ブリットは、ボディカラーに映画と同イメージのダークグリーンメタリックを設定し、フロントグリルには、マスタングを象徴する馬のエンブレムを取り除いており、これは、作品中のマスタングGT390と同じ演出になっています。そして、マニュアルトランスミッションのシフトノブも、映画と同じホワイトの球形デザインになり、ホイールも当時のデザインなどを採用しています。

そして、車内のスクリーンにはエンジン始動時にBullittと出て出迎えてくれます。

2019-mustang-bullitt-7.jpg
2019-mustang-bullitt-6.jpg

パワートレインは、5.0リッターV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、専用チューンの結果、最大出力は475馬力、最大トルク58.1kgmを発生しています。最高速は262km/hで、これはベース車両のマスタングGTに対して、13km/hの上乗せとなります。

50-years-of-history-original-bullitt.jpg

設定されているオプションは3つになり、スピーカーや、電動シート、ナビゲーション、ブラインドスポット情報などの電子機器のアップグレードと、乗りごごちを優先した半自動のサスペンションと、レカロシートの黒革です。

稀少性が高いモデルになり今後プレミアがついていくことが予想されます。




posted by Parka at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) |

ベントレー ベンテイガ V8エンジンモデル

ベントレーはベンテイガにエンジンオプションを加えることを発表しました。
新しいエンジンは親会社のVWグループで広く使われている4リッターのV8ツインターボエンジンになり、このエンジンは自社のコンチネンタルGTやフライングスパなどにも使われているエンジンです。

bentayga-v8-1.jpg
bentayga-v8-2.jpg

このV8エンジンモデルはVWグループのポルシェカイエンターボと酷似したスペックになり、550馬力でW12エンジンと比較すると0-100km/hの加速は4.4秒と発表されており、これは0.4秒遅い記録になっています。そのほかのドライブトレインはW12エンジンモデルと共通になります。

bentayga-v8-4.jpg

このV8エンジンにより、総重量は116kg軽くなった2395kgとなっています。

bentayga-v8-3.jpg

このV8エンジンの投入はアジア市場やヨーロッパ事情での排気量に対する税金による問題を軽減する見込みがあります。ヨーロッパでの納車は今年の3月ごろを見込んでいます。





posted by Parka at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月12日

2018 アウディ Q8

兼ねてから噂をされていたアウディのフラグシップのSUVになるQ8がカモフラージュなしで最終テストをしているところを目撃されました。噂では今年中に発表そして発売される見込みです。

このQ8は去年のデトロイドモーターショーでコンセプトカーとしてお披露目され、コンセプトカーのコンセプトを受け継ぐ形で開発やデザインをされています。現在アウディのフラグシップSUVのQ7とシャーシは共通で直接的なライバルはメルセデスベンツGLE、BMW X6、になりフルサイズSUVになります。

audi-q8-001.jpg
audi-q8-002.jpg
audi-q8-003.jpg
audi-q8-004.jpg
audi-q8-005.jpg
audi-q8-006.jpg

Q8はセダンのフラグシップのA8のSUV版になり自社のフラグシップとして豊かな装備になっています。例えば、
A8に採用されているツインスクリーンのMIMIシステムや内装を備えており、ベントレーベンテイガやランボルギーニウルスと共通の48Vの電子システムや電子アンチロールシステムなどを装備しています。

rsq8_004.jpg
rsq8_003.jpg
rsq8_022.jpg

Q8コンセプトはハイブリッド車で443馬力を誇っていましたが、実際に販売されるモデルはQ7と共通になるようです。そして、RSモデルも出てくるのではないかと噂をされており、スペックはランボルギーニウルスと共通のV8ツインターボになり、少しデチューンされ600馬力前後になるのではないかと予想されています。



posted by Parka at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月10日

BMW M5 ドリフト世界記録樹立

BMWは以前からドリフトの世界記録樹立へ向けて挑戦し続けていました。今までの世界記録保持メーカーはトヨタでした。




この記録が樹立されたのは去年の2017年12月11日で、BMWはドリフト車として用意したのは新型の600馬力のM5でドライバーはインストラクターのJohan Schwartz氏です。撮影された場所はアメリカにあるBMW Performance Centre内のスキッドです。



結果として232.5マイル、374kmもドリフトをして世界記録を樹立しました。以前の記録は143マイルで、230kmでしたので大幅な記録更新となりました。この記録更新にかかった時間は8時間ですが、給油のために止まることができないので走行しながら給油をする曲芸も何度も成功させています。




posted by Parka at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) |
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。